本ページはプロモーションが含まれています。

ベルロイ「Hide & Seek」は現金も収納可能なミニ財布!地方在住者の理想!

完全キャッシュレス化できない地方都市では理想の財布! ホビー
完全キャッシュレス化できない地方都市では理想の財布!

最近は「現金」を使う機会がめっきり減り、都心部に住んでいれば完全キャッシュレス化も可能になりました。

クレカやスマホさえ持ち歩けば買い物で困ることもないでしょう。

キャッシュレスのイメージ
現金ではなくカードやスマホ決済がメインに!

その結果、みなさんの財布も小さく、薄く、そしてシンプルなものに移行しつつあるかと思います。

ミニマリストの方はカードケースを財布替わりに使っていたりしますよね。

カードケース
完全キャッシュレス化できるならカードさえ入ればOK!

しかし地方都市に住んでいると少しばかり事情が異なります。

キャッシュレス化は進んでいるものの、生活圏内にはまだまだ現金オンリーの店があるのが現実です。

カードが使えない店もあるから、念のため現金も持ち歩いてるんです。

財布を小さくしたいけど、今はまだ難しいかな・・

お住まいの地域や生活環境によってキャッシュレス事情が異なります。

「理想の財布」も人それぞれちがうでしょう。

今回は「財布を極力ミニマム化したい」けど「現金も持ち歩きたい」という人に向けて、「ベルロイ(bellroy)」の財布を紹介したいと思います。

地方都市にお住まいの人にとってこの財布は「理想の財布」になるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

財布に何を求めるか?

今回の財布選びでは次のような条件で考えてみました。

  • カードを5枚ほど収納したい。
    (クレジットカード2枚、キャッシュカード1枚、運転免許証、保険証)
  • 現金が必要となる機会を想定し、紙幣ポケットが備わっているもの。
  • 流行にあわせてミニマルかつコンパクトなデザインのもの。
  • 仕事でもプライベートでも使えるもの。
検索する人

これにピッタリ当てはまったのが ベルロイ(bellroy)がリリースする「Hide & Seek」という財布です。

ベルロイはオーストラリアのブランドで、レザー製の財布だけでなく 機能性に優れたバッグや各種アクセサリーなども作っています。

ベルロイ | 考えられたキャリーグッズ: 財布、バッグ、フォンケースなど
ベルロイは、よりシンプルに、そして簡単に持ち運ぶ方法を提案するため、デザインに多くの時間を費やし心を込めて製作しています。ストレスフリーのライフスタイルを目指し、すべてのベルロイ製品はあらゆるアイデアを絞り出し細かく考慮して作られています。
スポンサーリンク

ベルロイ「Hide & Seek」の特徴

さっそくベルロイ「Hide & Seek」の特徴を見ていきましょう。

シンプルでスリムなデザイン

写真は「Hide & Seek」のブラウンカラーモデルです。

シンプルかつ上品なデザインですのでプライベート用にも仕事用にも使えると思います。

ベルロイ「Hide & Seek」
ベルロイ「Hide & Seek」

大きさは「115mm x 95mm」であり、極端に小さいわけでもありません。

ただし厚みはかなり薄い部類に入るでしょう。

カードや紙幣を入れてもさほど分厚くならないのが特徴で、手に持つと意外とコンパクトに感じるはずです。

ベルロイ「Hide & Seek」の厚み
ベルロイ「Hide & Seek」の厚み

ちなみに右下にある「ふくろう」はベルロイ(bellroy)のキャラクターです。

シンプルデザインの中にあって良いアクセントになってますよね。

ベルロイ(bellroy)のマーク
ベルロイ(bellroy)のマーク

豊富な収納力

こちらの財布は2つ折りタイプになります。

ベルロイ「Hide & Seek」を開いたところ
ベルロイ「Hide & Seek」を開いたところ

左側にはカードポケットがあります。

ベルロイ「Hide & Seek」の左ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の左ポケット

その上にもスリットがありますが、こちらは隠しカードポケットなってます。

複数のカードをすっぽり収納できますので、使用頻度の低いカードや周りに見られたくないカード(運転免許証保険証など)を入れておくとよいでしょう。

ベルロイ「Hide & Seek」の左の隠しポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の左の隠しポケット

財布の右側にもカードポケットが3箇所あり、日常的に使うカードを入れておくのに最適です。

ベルロイ「Hide & Seek」の右ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の右ポケット

上部には紙幣用ポケットがあります。

間口が広く、収納力にも余裕がありますので何枚でも入りますよ。(笑)

ベルロイ「Hide & Seek」の紙幣ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の紙幣ポケット

紙幣用ポケットのさらに奥には隠し紙幣ポケットが存在します。

ここには緊急時用の現金を常備しておくとよいかもしれません。

ベルロイ「Hide & Seek」の隠し紙幣ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の隠し紙幣ポケット

上の隠し紙幣ポケットの内部には隠しカードポケットが備わっています。

この場所は交通系ICカードを入れておくのに最適かもしれません。

ベルロイ「Hide & Seek」の隠しカードポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の隠しカードポケット

コンパクトな割にポケットがいっぱいですね!

RFID保護機能を搭載

紙幣用ポケットの開口部には「RFID PROTECTED」の刻印が入ってます。

RFIDマーク
RFIDマーク

「RFID」とは電波を用いてカード情報を非接触で読み取る技術のことです。

ただ・・この技術を悪用してカード情報を盗む犯罪者がいまして・・(怖)

カード情報をスキミング
カード情報をスキミング

刻印からも分かるように、この財布にはRFIDから保護する機能が備わっています。

こんな時代だからこそ財布にもセキュリティが重要というわけですね。

小銭用ポケットはない

ここまでご覧になって気づいたかもしれませんが、この財布には小銭用ポケットはありません

小銭を入れないことで財布の厚みを薄くしているわけです。

どうしても小銭を持ち歩きたい場合や、(紙幣で支払った)おつりを入れる必要があるときだけ、小さなコインケースを併用するとよいでしょう。

ベルロイ「Hide & Seek」とコインケース
ベルロイ「Hide & Seek」とコインケース

コインケースを別に分けたほうが何かと便利だったりしますよ。

必要なければ家に置いておけばいいですし。

スポンサーリンク

まとめ

今回はベルロイ(bellroy)のレザーウォレット「Hide & Seek」をご紹介しました。

シンプルながらもポケットが多く、紙幣も収納できるのが特徴で、お住まいの生活環境(キャッシュレス事情)にもよってはかなり便利に使えることでしょう。

「理想の財布」をお探しの方にとって何かしらのヒントになれば幸いです。