【ベルロイ】まだ完全キャッシュレスにできない人の理想の財布「Hide & Seek」

ミニマルでありながらポケットいっぱいの地方都市型財布カードや財布
ミニマルでありながらポケットいっぱいの地方都市型財布

キャッシュレスの決済手段が増えたことで、現金を使う機会がかなり減りましたよね。

キャッシュレスのイメージ
現金ではなく電子決済がメイン

ポイントもたまるし、超便利!

それに伴って 財布を買い換える人が増えています。

クレジットカードの収納がメインになったことで、みなさん小さくて薄くシンプルな財布を求めているのです。

限りなくカードケースに近づいているようなイメージですね。

カードケース
カードケースが理想の財布?

ただ 都心部にお住まいの方ならともかく、地方都市部に住んでいると"完全キャッシュレス"というわけにはいきません。

まだまだ現金が必要な場面に遭遇するはずです。

やっぱり現金も入れておかなきゃ不便だな。

さすがにカードケースでは無理あるわ。

人それぞれ生活環境によって理想の財布は異なりますからね。

財布選びってホント難しいです。

そこで本記事では 「ある程度はキャッシュレス化したが、まだ現金を持ち歩きたい」という人に向けて、「ベルロイ(bellroy)」の財布を紹介します。

理想の財布探しの参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

財布に求めた条件とベルロイ(bellroy)

今回の財布探しで求めた条件は次のとおりです。

  • カードを5枚ほど収納したい。
    (クレジットカード2枚、キャッシュカード1枚、運転免許証、保険証)
  • まだまだ現金を使う機会もあるため、紙幣もしっかり収納したい。
  • できるだけコンパクトなものを希望。
  • 仕事でも使えるようレザー製シンプルなデザインの財布を希望。
検索する人

この条件にピッタリ当てはまったのが「Hide & Seek」という財布でした。

こちらはオーストラリアのベルロイ(bellroy)というブランドの製品です。

ベルロイといえばレザー製の財布で有名ですが、機能性に優れたバッグや各種アクセサリーなどもリリースしてるんですよ。

ベルロイ | 考えられたキャリーグッズ: 財布、バッグ、フォンケースなど
ベルロイは、よりシンプルに、そして簡単に持ち運ぶ方法を提案するため、デザインに多くの時間を費やし心を込めて製作しています。ストレスフリーのライフスタイルを目指し、すべてのベルロイ製品はあらゆるアイデアを絞り出し細かく考慮して作られています。
スポンサーリンク

ベルロイ「Hide & Seek」の特徴

ベルロイ「Hide & Seek」の特徴を写真とともに見ていきましょう。

シンプルかつスリムなデザイン

カラーバリエーションはいくつかありますが、こちらはブラウンカラーのモデルです。

シンプルかつ上品なデザインの財布で、プライベート用にも仕事用にも使えるでしょう。

ベルロイ「Hide & Seek」
ベルロイ「Hide & Seek」

サイズは「115mm x 95mm」であり、そこまで小さいわけではありません。

ただし厚みはかなり薄い方ですね。

カードや紙幣を入れてもさほど"分厚く"ならないのが特徴で、手に持つとコンパクトに感じると思います。

ベルロイ「Hide & Seek」の厚み
ベルロイ「Hide & Seek」の厚み

ちなみに右下の「ふくろう」はベルロイ(bellroy)のキャラクターです。

これがデザイン上のアクセントになってますね。

ベルロイ(bellroy)のマーク
ベルロイ(bellroy)のマーク

豊富な収納力

こちらの「Hide & Seek」は二つ折りタイプの財布です。

ベルロイ「Hide & Seek」を開いたところ
ベルロイ「Hide & Seek」を開いたところ

左側にはカードポケットが(パッと見では)1箇所あります。

ベルロイ「Hide & Seek」の左ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の左ポケット

よく見るとその上にスリットがあり、ここは"隠し"カードポケットなってます。

複数枚を収納できる余裕がありますので、使用頻度の低いカードや周りに見られたくないカード(運転免許証や保険証など)を入れておくとよいでしょう。

ベルロイ「Hide & Seek」の左の隠しポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の左の隠しポケット

財布の右側にはカードポケットが3箇所あり、日常的に使うカードを入れるのに最適です。

ベルロイ「Hide & Seek」の右ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の右ポケット

上部は紙幣用のポケットです。

間口も広く、収納にも余裕がありますのでナン万円でも入りますよ。(笑)

よく見るとこのポケット内側にはカード用のポケットも付いています。

ベルロイ「Hide & Seek」の紙幣ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の紙幣ポケット

紙幣用ポケットの奥には"隠し"ポケットが存在します。

ここにいくらか隠しておくと緊急時にも焦らないでしょうね。

ベルロイ「Hide & Seek」の隠し紙幣ポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の隠し紙幣ポケット

上の"隠し"ポケットのさらに奥には、これまた"隠し"のカードポケットが用意されています。

交通系ICカードを入れておくのに最適な場所かもしれません。

ベルロイ「Hide & Seek」の隠しカードポケット
ベルロイ「Hide & Seek」の隠しカードポケット

ここに小銭を入れておくこともできそうですが、使いにくいと思われるのであまりオススメできません。

RFID保護機能を搭載

紙幣用ポケットをよく見ると「RFID PROTECTED」の刻印が入ってます。

RFIDマーク
RFIDマーク

「RFID」とは電波を用いてカード情報を非接触でスキミングする技術のことです。

この技術を悪用してカード情報を盗む犯罪者がいるようでして・・(汗)

カード情報をスキミング
カード情報をスキミング

この財布にはRFIDから保護する機能が備わっているのが特徴です。

こんな時代だからこそ財布にもセキュリティは大切というわけですね。

小銭用ポケットはない

既に気づいた方もいるかもしれませんが、この財布には小銭用ポケットがありません

小銭を入れないことで財布の厚みをここまで薄くできています。

カードやスマホ決済ができるお店も多く、小銭を受け取る機会も少ないため、それほどデメリットとは感じないでしょう。

スマホ決済する人
スマホ決済

私の場合、どうしても小銭を持ち歩く必要があるときは、小さなコインケースを併用することで解決しています。

ベルロイ「Hide & Seek」とコインケース
ベルロイ「Hide & Seek」とコインケース
スポンサーリンク

まとめ

今回はベルロイ(bellroy)のレザーウォレット「Hide & Seek」をご紹介しました。

シンプルかつ豊富な収納力が特徴で、お住まいの生活環境(キャッシュレス事情)にもよっては"理想の"財布になるかもしれません。

よかったら次の財布の候補に入れてみてください。