地方都市に住む私がベルロイ(bellroy)の財布をおすすめする理由

bellroy(ベルロイ)カードや財布

普段の支払いはほとんどクレジットカードかスマホで決済♪

現金を使う機会はたまにしかない。

キャッシュレスのイメージ

キャッシュレスがすすんだ今、このような人が増えてるのではないでしょうか?

小銭を持たなくていいから超便利!

それに伴い、あなたが財布に求める機能も変わってきてるはずです。

  • カードの収納がメイン
  • ポイントカードはスマホアプリに移行すればいいので、大量のカードを入れる必要もない。
  • 緊急時用の現金(紙幣)が少しだけ入ると尚よし。
  • 釣り銭を受け取ることもないので小銭ポケットも不要かも・・
クレジットカードケースのイメージ

機能をシンプル化し、見た目的にも"小さく・薄く・軽く・・"とスリムなものを追い求めていった結果、財布選びが難しくなっていませんか?

理想の財布がなかなか見つからなくって・・

その人の好みはもちろん、生活環境によっても重要視するポイントは変わってきますよね。

難しいのは当然です。

さて、これから「ベルロイ(bellroy)」というブランドの財布を1つ紹介します。

この財布を一言で言うなら・・

「ある程度キャッシュレス化したが、まだ完全"現金レス"にはできない」

そん人にとっては理想の財布

といった感じでしょうか。

実際に私がそうですが、地方都市にお住まいの方でしたらこの財布はかなり重宝するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

ベルロイ(bellroy)のウォレットを選んだ経緯

ベルロイ(bellroy)はオーストラリアのメルボルンでスタートしたブランドです。

レザー製の財布が有名ですが、機能性に優れたバッグや各種アクセサリーなどもリリースしています。

ベルロイ(bellroy)オーストラリア

これまで私は次の4つのポイントを重視し、理想の財布を探してきました。

  • カードを5枚ほど収納したい。(クレジットカード2枚、キャッシュカード1枚、運転免許証、保険証)
  • 私の住む地域では現金を使う機会がまだあるため、紙幣も収納したい。(紙幣は細かく折り曲げたくない)
  • 小銭用ポケットは必要ないので、その分コンパクトに(小さく、薄く、軽く)したい。
  • オン/オフともに使えるよう、レザー製のシンプルデザインの財布を希望。
検索する人

その過程でベルロイ(bellroy)というブランドを見つけ、中でも「Hide & Seek」という名のレザーウォレットが理想にピッタリだったのです。

コレ、すごく良さそう!

スポンサーリンク

ベルロイ「Hide & Seek」の特徴

ベルロイ「Hide & Seek」の特徴を写真とともに見ていきましょう。

シンプルかつスリムなデザイン

私が購入したモデルはブラウンカラーのレザーウォレットです。

シンプルで上品なデザインなので、スーツ姿にも合いそうでしょ!?

ベルロイ(bellroy)のレザーウォレット

サイズは「115mm x 95mm」なので、そこまで小さいわけではありません。

ただし厚みはかなり薄いです。

カードや紙幣を入れてもさほど"分厚く"ならないのが特徴で、手に持つとコンパクトに感じると思います。

ベルロイ(bellroy)の厚み

ちなみに右下の「ふくろう」はベルロイ(bellroy)のキャラクターです。

これがデザイン上のアクセントになってますね。

ベルロイ(bellroy)のマーク

豊富な収納力

この「Hide & Seek」は二つ折りタイプの財布です。

では中の各ポケットを見ていきましょう。

ベルロイ(bellroy)のウォレットをオープン

左側にはカードポケットが(パッと見では)1箇所あります。

ベルロイ(bellroy)の左カードポケット

その上にもスリットが見えるかと思いますが、実はここは"隠しの"カードポケットなってます。

複数枚を収納できる余裕がありますので、使用頻度の低いカードや周りに見られたくないカード(運転免許証や保険証など)を入れておくとよいかもしれません。

ベルロイ(bellroy)の左の隠しカードポケット

財布の右側にはカードポケットが3箇所あります。

日常的に使うカードを入れておくとよいでしょう。

ベルロイ(bellroy)の右カードポケット

上部は紙幣用のポケットです。

間口も広く、余裕たっぷりで、ナン万円でも入りますよ。(笑)

ポケット内側(手前側)にはもう1枚 カードを収納するポケットも存在します。

ベルロイ(bellroy)のお札ポケット

紙幣用ポケットの奥にも"隠し"ポケットがあります。

ここに現金をいくらか隠しておけば、緊急時にも焦らないかもしれませんね。

ベルロイ(bellroy)の隠しお札ポケット

上の"隠し"ポケットのさらに奥には、さらに"隠し"のカードポケットがあります。

ここに交通系ICカードを入れておけばなにかと便利かもしれません。

ベルロイ(bellroy)の隠しカードポケット

ここを「小銭入れ」として使うことも可能ですが、使いにくそうなので個人的にはおすすめしません。

RFID保護機能を搭載

紙幣用ポケットの部分を見ると、「RFID PROTECTED」の刻印が入ってます。

ベルロイ(bellroy)のRFIDマーク

「RFID」とは電波を用いてカード情報を非接触でスキミングする技術のことです。

この技術を悪用してカード情報を盗む犯罪者がいるようでして・・。(怖っ)

スキミングする人

この財布にはそのRFIDから保護する機能が備わっています。

今の時代、財布にもセキュリティは大切というわけですね。

小銭用ポケットはない

この財布には小銭用ポケットがありません。

これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは人それぞれでしょう。

個人的には「ない方が理想」でした。

この機能を削ったおかげで財布の厚みをここまで薄くできたと思ってます。

実際のところ、カードやスマホ決済ができるお店も多く、小銭を持つ機会が減りましたからね。

スマホ決済する人

どうしても小銭を持ち歩く必要があるときは、小さなコインケースを併用することで解決しています。

ベルロイ(bellroy)とコインケース
スポンサーリンク

まとめ

今回はベルロイ(bellroy)のレザーウォレット「Hide & Seek」をご紹介しました。

シンプルかつ豊富な収納力が特徴で、お住まいの生活環境(キャッシュレス事情)にもよりますが、一部の方には"理想の"財布になり得るかもしれません。

あなたのお財布選びの参考にしていただけたら幸いです。