【チプカシ沼】まるで5600系なモデルをNATOベルトで夏仕様にカスタム!

5600系?チプカシ男の趣味

「チプカシ沼」とはうまく言ったもので、私もその沼に足を踏み入れてしまったようです。

最初に手に入れたチプカシは「A-158WEA-9JF」という定番モデルで、革ベルトに交換し、よりカジュアルにカスタムして使ってました。

チプカシ A-158WEA-9JF(改)
チプカシ A-158WEA-9JF(改)

しかしご存知のように、チプカシには他にも魅力的なモデルがたくさんあるんですよね。

価格も手頃だし、もう1本買っちゃおうかな・・

いったんこの沼に入ると、魔力に誘われて次へ次へ・・と進んでしまいます。(笑)

次はこんなモデルを手に入れました!

チプカシ F-108WHC
チプカシ F-108WHC

真っ白なG-SHOCK?

見た目は似てますが G-SHOCKではありません。

コレ、れっきとしたチプカシなんですよ。

この記事では"まるでG-SHOCKのような"チプカシを紹介するとともに、さっそくカスタムした姿をお見せしたいと思います。

チプカシに興味のある方はぜひご覧いただき、一緒に「沼」を楽しみましょう♪(笑)

G-SHOCK似のチプカシとそのカスタム例をご紹介!

スポンサーリンク

チプカシ「F-108WHC」について

外観レビュー

今回紹介するチプカシは「F-108WHC」という型番の真っ白なモデルです。

チプカシ(F-108WHC)
チプカシ(F-108WHC)

パッと見はこのG-SHOCKに似ていると思いませんか?

しかしそこはやっぱり「チプカシ」クオリティであり、質感はなかなかチープですわ。(笑)

文字盤もこんなにシンプル!

「WATER RESIST」とか「WR」と防水性能を強調していますが、実際にはG-SHOCKとちがって「日常生活防水」レベルです。

チプカシ(F-108WHC)の文字盤
チプカシ(F-108WHC)の文字盤

本体左側にはボタンが2つあり、「モード変更」用と「スタート/ストップ」用のものです。

チプカシ(F-108WHC)の左サイド
チプカシ(F-108WHC)の左サイド

右側には「LEDライト点灯」用のボタンが1つあります。

チプカシ(F-108WHC)の右サイド
チプカシ(F-108WHC)の右サイド

ベルトはウレタン・ラバー系のものですが、G-SHOCKのような"しっかりした"作りではなく、ペラペラな感じですね。

さらにこの手の素材は(今は真っ白ですが)経年劣化で色が変色していくような気がします。

チプカシ(F-108WHC)のベルト
チプカシ(F-108WHC)のベルト

裏蓋はプラス・ドライバーで開けられそうなので、きっと電池交換は自分でできるでしょう。

チプカシ(F-108WHC)の裏蓋
チプカシ(F-108WHC)の裏蓋

ここまで質感の低さばかり伝わっているかもしれませんが、チプカシにとってそれは「褒め言葉」だと思ってください。(笑)

チープさこそがチプカシの魅力であり、質感を求めて価格が上がっては意味がありません。

価格について

このチプカシの価格ですが、アマゾンだと2,000円ちょっとで買えてしまいます。

えーっ、安っ!

こんな楽しい時計がこんなにも安く買えるのですから、チプカシにハマるのも分かるでしょ!?

「壊れたらまた買えばいい」と思えばハードに使えますし、ある意味"最強"の腕時計かもしれません。

スポンサーリンク

NATOベルトでカスタム

今回も買ってすぐにカスタムしました。

この「F-108WHC」の場合、せっかくの夏っぽいルックスを崩したくはありません。

そこでボンドカラーNATOベルトを装着してみました。

チプカシ(F-108WHC)+NATOベルト
チプカシ(F-108WHC)+NATOベルト

白+黒+グレーのコントラストがおもしろいでしょ?

より"おもちゃ感"が強調された気がします。

これなら水に濡れても平気ですし(時計は日常生活防水ですが・・)、海や山でガンガン使えそうです。

チプカシ(F-108WHC)+NATOベルトのリストショット
チプカシ(F-108WHC)+NATOベルトのリストショット

ベルトの幅は18mmのものがピッタリ合います。

スポンサーリンク

まとめ

1本目のチプカシを買った時点でこうなることは予想してましたが(笑)新たなモデルを仲間に加えました。

前回はカジュアル感を出したので、今回はアウトドア風に仕上げたつもりです。

手頃な価格だからこそ、こうして気楽に楽しめるのがチプカシの魅力ですよね。

この分だといずれ3本目に手を出してしまうかもしれません・・

やっぱり「沼」ですわ。