多くのクレカが海外旅行保険を「利用付帯」に改悪する中、超オススメなカード2選!

海外旅行傷害保険が「自動付帯」するクレジットカードを紹介カードや財布
海外旅行傷害保険が「自動付帯」するクレジットカードを紹介

海外旅行しづらい世の中がつづいてますが、ここ最近はハードルが少しずつ下がってきたような気がします。

この夏、久しぶりに海外に出かけた人もいるのではないでしょうか?

海外旅行
海外旅行

一時期に比べたらマシですが、今でも現地で病気になるリスクはありますし、思わぬケガをすることだってあるかもしれません。

もし入院することにでもなったら医療費が高額な海外では大変なことになるでしょう。

そんなときに頼りになるのが「海外旅行傷害保険」です。

クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯するものがあります。

上手に活用してますか?

たしか私のクレカにも海外旅行傷害保険が付帯してるはず。

だから安心です。

最近多くのクレジットカード会社が保険の適用条件を改定しているのをご存知ですか?

場合によっては補償されないこともあるので注意してください!

えっ、そうなんですか!?

詳しく教えてください。

本記事ではクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険に焦点を当て、ここ最近よく見られる「改悪例」を紹介するとともに、そんな今だからこそオススメできるカードについて解説します。

海外旅行を検討されている方はぜひご覧ください。

適用条件の改定例

ここ1〜2年、海外旅行傷害保険の適用条件を改定しているクレジットカードが増えています。

改めてチェックしましょう。

セゾンカード

みなさんの中にはセゾンカード(の提携カード)をお持ちの方も多いでしょう。

その中には海外旅行傷害保険が付帯するカードもありますが、2021年7月1日以降に出発の旅行からは「自動付帯」から「利用付帯」に変更されたものがありますので注意してください。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

三井住友カード

三井住友カードはコンビニや特定の飲食店での還元率が高く、とても人気のあるカードですよね。

こちらのカードに付帯する海外旅行傷害保険に関しても、2022年4月16日以降に出発の旅行からは「自動付帯」から「利用付帯」に変更されています。

三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)

オリコカード

オリコカードに関しても同様の改定がアナウンスされています。

「Orico Gold Card」など一部のカードに関して、2022年12月1日以降に出発の旅行からは「利用付帯」に変更される予定です。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

海外旅行傷害保険の適用条件変更について|オリコカード・オリコローン
このページでは海外旅行傷害保険の適用条件変更についてご紹介しております。クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。

上記のように各カード会社が相次いで適用条件を改定しています。

この流れは他のカード会社にも広がっていくかもしれませんね。

「自動付帯」と「利用付帯」

ところで「自動付帯」から「利用付帯」になると何が変わるの?

「自動付帯」「利用付帯」では海外旅行傷害保険の適用条件が大きく異なるため、十分注意する必要があります。

「自動付帯」とは

対象のクレジットカードをただ単に持っているだけで海外旅行傷害保険が適用されます。

「利用付帯」とは

ただ持っているだけでは適用されません。

旅行代金や飛行機等の交通費などをそのカードで決済してはじめて海外旅行傷害保険が適用されます。

利用付帯の条件についても各カード会社ごとに細かく異なります。

「そのカードで何を決済する必要があるのか?」をあらかじめ調べておきましょう。

適用条件をまちがうと保険がいっさいもらえないんですね。

気をつけなきゃ・・

海外旅行傷害保険が今でも「自動付帯」されるカードは?

多くのクレジットカード会社が相次いで海外旅行傷害保険を利用付帯に改定している中、今なお自動付帯しているカードも存在します。

しかもカードの年会費が無料だとしたらスゴくないですか!?

無料を喜ぶ人
年会費が無料!

ここではそんなオススメのカード2枚を紹介します。

エポスカード

まず1枚目は大人気のポスカード」です。

こちらの一般カードは年会費無料ですし、ゴールドカードについても条件を満たせば永年無料で持ちつづけることができます。

エポスカード(一般/ゴールド)
エポスカード(一般/ゴールド)

デザインがスタイリッシュで格好いいですね!

エポスカードには海外旅行傷害保険が付帯し、その補償内容は以下のとおりです。(2022/10/04現在)

一般カードゴールドカード
傷害死亡・後遺障害最高 500万円最高 1,000万円
傷害治療費用200万円300万円
疾病治療費用270万円300万円
賠償責任
(免責なし)
2,000万円2,000万円
救援者費用100万円100万円
携行品損害
(免責 3,000円)
20万円20万円
エポスカード(一般/ゴールド)の海外旅行傷害保険

年会費無料にもかかわらず、この保険が自動付帯されるのです!

このカードが人気なのも分かりますよね。

エポスゴールドカードを永年無料で持つ方法など、詳細はこちらの記事にまとめてあります。

エポスカードのお申し込みはこちら

横浜インビテーションカード

つづいて「横浜インビテーションカード」を紹介します。

こちらはジャックスが発行する年会費無料のカードで、「ハマカード」とも呼ばれて親しまれています。

「横浜インビテーションカード」の券面
横浜インビテーションカード

横浜の観光プロモーションより認定を受けたクレカで、カード券面には夜景がプリントされているんですよ。

横浜インビテーションカードには海外旅行傷害保険が付帯し、その補償内容は以下のとおりです。(2022/10/04現在)

傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高200万円
(1年間の限度額)
携行品損害
(免責 3,000円)
最高20万円
(1旅行かつ1年間の限度額)
横浜インビテーションカードの海外旅行傷害保険

年会費無料なのに補償内容が充実してますね。

これが自動付帯されるなんて信じられません!

ハマカードが気になる方はこちらの記事もご覧ください。

ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)

ここでクレカの上手なテクニックを紹介します。

複数カードの補償金額を合算させよう!

異なるカード会社のクレジットカードを複数所有し、各カードに海外旅行傷害保険が付いている場合、傷害治療費用や疾病治療費用の保険金額は全カードの補償金額が合算されます

もしあなたがエポスカードと横浜インビテーションカードの2枚を持っていたとしますね。

このとき傷害治療費用や疾病治療費用の保険金額は"2枚分の合計金額"となるのです。

両方とも年会費無料だし、超おトクじゃん!

ただし合算されるのは傷害治療費用や疾病治療費用の保険金額であり、傷害死亡・後遺傷害」の補償額については合算されませんので注意してください。

「傷害死亡・後遺障害」については保有カードの中で最も補償金額の高い1枚だけが適用されます。

まとめ

いまクレジットカード会社の多くが海外旅行傷害保険の適用条件を改定し、「自動付帯」から「利用付帯」へと改定しています。

しかし「エポスカード」と「横浜インビテーションカード」は今なお「自動付帯」を維持しており、しかも年会費無料なのですから驚きです。

今後は海外旅行をする人も増えていくと思いますので、この2枚はますます重宝されるのではないでしょうか。