これがダイソー時計!?簡単カスタマイズで個性も質感もグレードUP!

ダイソー腕時計カスタマイズ男の趣味

100均の店舗に行ったら「腕時計コーナー」を見てみてください。

子供のオモチャみたいなものもあれば、まるで"腕時計好きをターゲットにしているのでは!?"と思わせるような"逸品"があったりしますよ。

100均の商品企画者が腕時計に詳しいのか?

はたまた単なる偶然なのか?

実際 YouTubeにも『100均で○○みたいな腕時計を買ってきた!』といった動画もあって、見ていて楽しいです♪

腕時計好きな私としてもトライしてみたくなりまして、さっそくダイソーで気になる腕時計を購入し、さらに自分流にカスタマイズしてみました。

それがこの2本です。

カスタマイズしたダイソー腕時計

1本は"高級っぽい"腕時計、もう1本は"ミリタリーっぽい"腕時計です。

文字盤から「ベースの腕時計がなにか?」分かる人には分かるかもしれません。

カスタマイズしたダイソー腕時計(アップ)

2本ともベースは500円(税別)の腕時計ですが、カスタマイズしたことで見た目的にはかなりグレードアップされたのではないでしょうか。

5つ星を出す人

では、各々のカスタムポイントを紹介しますね。

スポンサーリンク

(通称)D.モーザー

最初にご紹介するのはこちら。

D.モーザー

ダイソーでは「アンティーク調ウォッチ」という名前で売られています。

腕時計に詳しい人たちの間で「これ、H.モーザーに似ている!」と話題になりました。

H.モーザー」とはスイスの高級腕時計ブランドです。

そして「H」の代わりにダイソーの「D」を付けて「D.モーザー」とまで呼ばれていたりします。

文字盤のクラデーションが「H.モーザー」っぽい雰囲気を出してますね

私がこの時計に加えたカスタマイズポイントは次の2点です。

  • 秒針を取る
  • 革ベルト交換

カクカクとした秒針の動きが非常に安っぽかったため(まぁ 100均の時計ですからね・・)、裏蓋から分解して秒針だけ取ってしまいました。

さらに元々ついていた革ベルトの質感も良くなかったので(まぁ 100均の時計ですからね・・)、余り物のSEIKOの革ベルト(クロコ型押し)に交換しました。

D.モーザーの裏蓋

知らない人が見たら、"高級そうな腕時計"に見えるかもしれません。

ちょっとしたカスタマイズですが楽しいですね♪

腕につけたD.モーザー
スポンサーリンク

ミリタリーウォッチ(改)

もう1本がこちらです。

ダイソーのミリタリーウォッチ(改)

ダイソーでは「ミルウォッチ」という名前で売られています。

文字盤の見た目は"ド定番なミリタリーウォッチ"という感じですね。

タイメックスとかハミルトンとか(IWCとまで言うと大げさかな?)にもよく似た文字盤の時計があります。

明らかにそのデザインを狙って商品開発してると思うんですが・・

元々この腕時計には黒のNATOベルトが付いていましたが、イメージチェンジを狙ってリストバンド風のものに交換してみました。

L.B.X レザーベルト

ひと昔前にG-SHOCK(5600系)にこのベルトが付いて売られていました。

(なにかのコラボだったのかもしれませんが、忘れました・・)

その後 G-SHOCKは故障し、このベルトだけが残っていたので今回流用したというわけです。

さすがにスーツ姿には合わせられないですが、カジュアル系の服装には似合いそうです。

腕につけたダイソーのミリタリーウォッチ(改)
スポンサーリンク

まとめ

たった500円の腕時計たちとはいえ、意外な"掘り出し物"と言えるのではないでしょうか♪

見た目も楽しめ、気軽にカスタマイズもできて、これだけ遊べれば大満足です。

100均のお店に行く機会があったら、ぜひ「腕時計コーナー」で探してみてみてください。