【Laco】パイロットウォッチをお探しの方にラコを一推しする理由!

Laco「Augsburg39」の魅力と使い心地を紹介男の趣味
Laco「Augsburg39」の魅力と使い心地を紹介

近年「パイロットウォッチ」の人気が高まっており、雑誌やWebでも特集記事をよく見かけます。

記事を読んで気になってはいるものの、「どのブランドがいいのか」「どの時計がいいのか」いまいちピンときてない方もいるかもしれません。

格好いいなぁ〜、欲しいなぁ〜。

パイロット
飛行機の操縦士のための腕時計

実は「パイロットウォッチといえばこのブランド」という定番がいくつか存在します。

本記事ではその中から「Laco(ラコ)」というブランドに焦点を当て、パイロットウォッチの魅力をお伝えしたいと思います。

Laco(ラコ)??

知らないなぁ・・

ブランド名を初めて聞く人もいるかもしれません。

でもこのジャンルでは老舗ブランドなんですよ。

これから私がLacoを選び 購入に至った経緯とともに、愛用のモデルを詳しく紹介していきます。

ユーザーの"生の声"になりますので、ここからLaco(ラコ)の魅力を感じ取っていただけたら幸いです。

  • 「パイロットウォッチ」とはどんな時計か?
  • 私がLaco(ラコ)のパイロットウォッチを選んだ理由とその魅力について
スポンサーリンク

パイロットウォッチのルーツ

パイロットウォッチが誕生した「きっかけ」をご存知でしょうか?

イギリス空軍からの要請により、「IWC」というメーカーが1本の腕時計を作ったことがルーツだと言われています。

こうして"戦闘機を操縦するパイロット向けの腕時計"が誕生しました。

戦闘機のパイロット
戦闘機のパイロット

開発にあたり求められた機能は次のようなものです。

  • 一目で時間が分かる視認性の良さ。
  • 分厚い手袋をしていても容易に操作ができること。
  • 耐久性の高さ(上空の気圧や磁気に耐えられること)。

こうして生まれたIWCのパイロットウォッチは(モデルチェンジを重ねつつ)今でも「マーク◯◯」というモデル名で売られています。

IW327009-パイロット・ウォッチ・マーク XVIII
伝説の「マーク11」の伝統を継承するコンパクトなタイムピースです。古典的なパイロット・ウォッチに見られる機能性とデザインを本質にまで絞り込みました。
スポンサーリンク

パイロットウォッチの種類

一言に「パイロットウォッチ」といっても、現在の市場にはいろんな種類のものが存在します。

  • 誕生した当時のテイストが今も残っているもの
  • 飛行距離や燃料の残量を計算する機能を備えたもの
  • 2カ国以上の現地時間を表示できるもの

   :

など、機能もデザインも多種多様です。

世界中を飛ぶ飛行機

製造するメーカーも多岐にわたります。

先のIWCを筆頭に、ロレックスやブライトリングといった高級ブランドからも出ていますし、ベル&ロスやジン、ハミルトン、ラコ・・・などの海外メーカーが有名でしょうか。

もちろん日本のセイコーやシチズン、オリエントも作っています。

さらには新興メーカーやカジュアルウォッチ・メーカーも含めると・・数えきれないほどのパイロットウォッチが売られているのです。

腕時計店の店員
パイロットウォッチの種類は豊富!
スポンサーリンク

パイロットウォッチに求める条件

あなたがパイロットウォッチを欲しいと思ったとき、その時計に何を求めますか?

ちなみに私がパイロットウォッチを探していたときの条件は次のとおりです。

パイロットウォッチに求める条件
  • カジュアルブランドではなく腕時計ブランドが作るもの。
  • いかにもパイロットウォッチらしいシンプルな文字盤、見やすいインデックス、12時位置に三角マーク、蛍光塗料という特徴を備えるもの。
  • 自動巻きムーブメントを搭載。
  • ケース径が大きすぎないもの。(できれば40mm以下)
  • 十分な精度と耐久性・防水性を持つもの。
  • 10万円以下で手に入るもの。

各種サイトや雑誌の情報を参考に選択肢を絞っていった結果、辿り着いたのが「Laco(ラコ)」というブランドです。

私の条件にピッタリ!

次章以降ではこのブランドについて解説するとともに、私が所有するパイロットウォッチの魅力を紹介します。

興味を持っていただけたら嬉しいです。

Laco(ラコ)とは

1925年にドイツにて「Lacher & co」という腕時計メーカーが創業されました。

その社名を省略して立ち上げられたブランドが「Laco」になります。

パイロットウォッチの精度や信頼性が認められ、第二次世界大戦の際にはドイツ空軍に納入していました。

Laco Official Site

そんな歴史の古いLacoですが、現在のラインナップにおいても主力はパイロットウォッチです。

当時の雰囲気を色濃く残しているデザインがLacoの特徴といえるでしょう。

Laco「Augsburg 39」をレビュー

Lacoのモデル名には「世界の都市名」が付けられます。

私が購入した時計のモデル名はAugsburg 39」で、「アウグスブルク」はドイツの都市、その後ろの「39」は時計のケースサイズを指します。

ちなみに「Tokio(東京)」とか「Osaka(大阪)」というモデルもあるんですよ。

開封

こちらがLacoの外箱で、縦長の形状はちょっと珍しいですよね。

Lacoの外箱
Lacoの外箱

箱を開けるとこのような腕時計ケースが現れます。

まるで大きな筆箱もしくはメガネケースといったイメージです。(笑)

Lacoの腕時計ケース
Lacoの腕時計ケース

そしてこちらが私が購入した「Augsburg 39」というモデルです。

ケースの中のAugsburg39

腕時計の外観

「Augsburg 39」3針のモデルになります。

文字盤にはアラビア数字が並び、12 時位置には▲(三角)マークがあり、まさにパイロットウォッチ定番のデザインといえるでしょう。

創業当時から受け継がれるシンプルなデザインがLacoの特徴であり、魅力でもあります。

Laco Augsburg39の文字盤
Laco Augsburg39の文字盤

ケース素材はステンレス製でブラッシュ仕上げになっています。

「Augsburg」にはケース径が39mmのモデルと42mmのモデルがありますが、手首の細い私は39mmを選択しました。

風防はサファイアガラスですので傷つく心配もなく安心です。

針とインデックスはルミナス加工されており、暗いところでの視認性にも問題はありません。

腕時計の右サイドにはオニオン型のリューズがあります。

この形状と大きなサイズには意味があり、パイロットが分厚い手袋をしたままで操作できるようデザインされたものなんですよ。

Augsburg39のリューズ
Augsburg39のリューズ

純正ベルトには厚みのあるカーフレザー製が使われています。(ラグ幅は18mm

尾錠にもちゃんと「 Laco 」のロゴが入っていますね。

Augsburg39の尾錠
Augsburg39の尾錠

ムーブメント

裏蓋はシースルーバックになっており、中のムーブメントが見えるようになっています。

Augsburg39のムーブメント
Augsburg39のムーブメント

この腕時計には「Laco21」という型番の自動巻き機械式ムーブメントが搭載されています。

「Laco21」というムーブメントはMiyotaの「Cal. 821A」をベースにしています。

腕時計に詳しい方なら「Miyota」をご存知かもしれません。

この「Miyota」いうのは日本のシチズンのブランドなんですよ。

日本のブランドというだけで不思議と安心感があるなぁ。

この腕時計の防水性能は5気圧(50m)防水ですので、日常防水レベルと考えましょう。

水に沈めると浸水してムーブメントが壊れる危険がありますので注意してください。

こんなの絶対ダメ!

スキューバダイビングする人

付属品

腕時計の付属品として、保証書や説明書が付いています。

Lacoの保証書・説明書
Lacoの保証書・説明書

スペック

Laco「Augsburg 39」のスペックを以下にまとめておきます。

名称Laco PILOT Augsburg 39
ムーブメントLaco21 自動巻き ( Miyota Cal. 821A ベース )
ケース素材ステンレススティール( ブラッシュ仕上げ )
ケース径39mm
(別バリエーションとして42mmのモデルもあり)
ケース裏蓋シースルーバック
風防サファイアガラス
ベルトカーフレザー(色はブラウン、幅は 18mm )
防水性5 気圧( 50m )防水
夜行処理3 針とインデックスがルミナス加工
付属品ケース、保証書、説明書
生産国ドイツ
価格60,500 円(税込)
(2022/08/21現在の価格です)
Augsburg 39のスペック

使用感について

「Augsburg39」を購入して数年、実際に使いつづけてきて"とても良い時計"だと実感しています。

「気に入った点」と「ちょっと気になる点」を以下にをまとめてみました。

「Augsburg 39」を気に入った点
  • 手首のフィット感がすばらしい
    ケース径が39mmと42mmのモデルがあるので、好みにあわせて選択しましょう。
    私は39mmを選択し、つけ心地にはかなり大満足しています。
      
  • 時間が見やすい
    シンプルな文字盤はかなり視認性が良く、機能的にもデザイン的にも気に入っています。
      
  • 時間の精度はまずまず
    価格的にもクロノメーター規格とは無縁ですが、日常使いで十分な精度が出ています。
    私の個体の場合は日差が+5〜10秒くらいなので優秀といえるでしょう。
      
  • プライベートでも仕事でも使える
    この手のデザインはカジュアル系のファッションと相性が良いと思います。
    意外だったのはスーツに合わせても違和感がないということです。
    派手すぎずシンプルな文字盤のおかげで仕事でも大活躍しますよ。
5つ星を出す人
「Augsburg 39」のちょっと気になる点

リューズを回したときに手に伝わってくる感触が少し頼りなく、華奢な感じがしました。

同価格帯の日本の腕時計だったら、もう少しシッカリした手応えがあるのですが。

ホント細かな話なんですけどね・・

カスタムする愉しみ

この時計にはもともとブラウンのレザーベルトが付いていますが、別のベルトに交換すると雰囲気が大きく変わります。

季節ごとに換えてみたり、その日の気分や服装に合わせてアレンジするのも楽しいですよ♪

Augsburg39のベルト交換例
Augsburg39のベルト交換例

私の場合、汗をかきやすい夏場には「NATOベルト仕様」にして・・

Augsburg39 + NATOベルト
Augsburg39 + NATOベルト

過ごしやすい気候になったら革ベルトを装着するようにしています。

Augsburg39 + 革ベルト
Augsburg39 + 革ベルト

まとめ

パイロットウォッチは本来「機能性重視」の腕時計であり、Laco(ラコ)にはデザインを含めて"これぞパイロットウォッチ"といえる要素がたくさん詰まっています。

今回は私が愛用する「Augsburg 39」を例にその魅力をお伝えしましたが、あなたの興味を引くポイントはありましたか?

私がLaco(Augsburg 39)をオススメするポイント
  • Laco(ラコ)という歴史と実績のあるブランドが作った腕時計であること。
  • シンプルかつ見やすい文字盤は昔ながらの雰囲気を残しており、かつ機能性に優れる。
  • 十分な精度の機械式ムーブメント(自動巻)を搭載する。
  • ほどよい価格と作りの良さ。
  • 腕になじむフィット感。

共感していただけるポイントもあれば、「自分はちょっとちがうかな・・」というポイントもあったかもしれません。

あとは時計に求める条件をアレンジしていただいて「あなたの理想の1本」を見つけてくださいね。

この記事がパイロットウォッチ選びのお手伝いになったなら幸いです。