【FX-AUDIO-】こんな小さく軽いデジタルアンプから良い音が出るの!?

「FX202A/FX-36A PRO」製品レビューと音の検証男の趣味
「FX202A/FX-36A PRO」製品レビューと音の検証

昔からのオーディオファンからすると「アンプ=大きいモノ、ずっしり重いからこそ音もいい!」というイメージをお持ちかもしれません。

しかし最近巷に出回っているデジタルアンプ「小さく、軽く、価格も手ごろ」で、それでいて「音もいい」というじゃないですか!

実際にこの手のアンプについてググってみると、「FX-AUDIO-」とか「Nobsound」「S.M.S.L」「Lepy」「TOPPING」など・・いろんなブランドの製品が出てきます。

どれも小さなアンプだけど、本当にキレイな音が出せるのかなぁ・・?

(半信半疑)

個人的にもデジタルアンプの実力に興味があったので、今回「FX-AUDIO-」がリリースする「FX202A / FX-36A PRO」を買って聴いてみることにしました。

「FX-AUDIO-」を選んだ理由は、日本企業であるNFJ(ノースフラットジャパン)のオーディオブランドという"安心感"に惹かれたからです。

はたしてこのアンプはどんな音を出してくれるでしょうか?

音楽を聴く人
スポンサーリンク

「NFJ」と「FX-AUDIO-」

デジタルアンプというと中華ブランドの製品が多いのでが、「FX-AUDIO-」は少し毛色が異なります。

というのも「FX-AUDIO-」は大阪にあるNFJ(株式会社ノースフラットジャパン)が展開するオーディオブランドであり、日本で設計監修を行い、生産は中国にて行うという体制を取っているのです。

日本と中国が協力
日本で設計、中国で生産

今回は「FX-AUDIO-」ブランドの中から最もベーシックな「FX202A / FX-36A PRO」というアンプをチョイスし、特徴を見ていくとともに音色を検証します。

スポンサーリンク

「FX202A / FX-36A PRO」の特徴

「FX-AUDIO-」の製品はこのようなシンプルな箱に入っています。

FX-AUDIOの箱
「FX-AUDIO-」の箱

箱を開けると、まず「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO 取扱説明書」が姿を表します。

(といっても 1枚の紙ですが・・)

"ちゃんとした"日本語の文章で書かれているのが嬉しいですね。(笑)

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)の取扱説明書
「FX202A / FX-36A PRO」の取扱説明書

そしてこちらが「FX202A / FX-36A PRO」の本体です。

写真はフロントパネルがシルバーのモデルですが、ブラックパネルのモデルもあります。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」本体

正面には電源スイッチとボリュームつまみがあるだけです。

スイッチをONにすると下のLEDが赤く光り、ボリュームつまみの周辺が青く光ります。

本体サイズは高さが33mm幅が98mm奥行きが123mm(突起部を除く)です。

重さは325gで、手のひらに乗るくらい小くて軽いアンプなんですよ。

手のひらに乗せたFX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」本体
デジタルアンプICST Microelectronics製 TDA7492PE Dual-BTL Class-D
最大出力48W × 48W
FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」スペック

つづいて背面端子を見てみましょう。

左からステレオRCA入力端子スピーカー出力端子電源コネクターがあります。

端子類は金メッキ加工されており、スピーカー端子はバナナプラグにも対応しています。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)の背面端子
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」の背面

本体左右には何もありません。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)の両サイド
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」両サイド

本体底には「ゲイン設定用スイッチ」があります。

32.8dB/30db/26.8dB/20.8dBの4パターンがありますが、通常はデフォルトのまま(すべてOFF)でよいでしょう。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)の底面
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」底面
スポンサーリンク

試聴してみよう!

このアンプにはACアダプターが付属していませんので注意してください。

次のようなACアダプターをご自分で別途用意する必要があります。

ACアダプターの仕様

DC12V-24V (電流容量2A以上を推奨)

DCジャック(外径5.5mm、内径2.1mm、センタープラス)

私が使用したのはこちらです。

FX-AUDIOで使うACアダプター
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」で使用したACアダプター

オーディオケーブルをRCA端子に接続し、スピーカーケーブルを接続(バナナプラグは未使用)、ACアダプターを接続します。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)の背面ケーブル
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」の背面

今回 スピーカーにはBOSEの「101MM」を使用しました。

小型スピーカーに分類されるモデルですが、アンプが小さいのでスピーカーが大きく見えちゃいますね。

FX-AUDIO(FX202A / FX-36A PRO)とBOSE(101MM)
「FX-AUDIO- FX202A / FX-36A PRO」と「BOSE 101MM」

さて、この組み合わせで試聴した感想ですが・・

低音から高音までの全域で音は柔らかく、ヘンに飾るようなクセもなく、バランスよく奏でている印象を受けました♪

これならあらゆるジャンルの音楽に対応できるのではないでしょうか。

音そのものにも十分なパワーがあります。

とっても聴きやすい音ですね。

気に入りました!

ボリュームを不必要にアップ/ダウンしても不快なホワイトノイズは入ってきません。

また、長時間動作させてもアンプ本体に熱を持つこともなさそうです。

これなら多くの方にもオススメできますね!

手元に「ELEGIANT」のデジタルアンプがあったので、簡単な比較を最後に・・

ELEGIANT(左)とFX-AUDIO(右)のデジタルアンプ
ELEGIANT(左)とFX-AUDIO(右)のデジタルアンプ

製品としての質感は「FX-AUDIO-」の方が断然上です。

「ELEGIANT」もコスパ抜群のアンプですが、外観を比べてしまうと「オモチャ」っぽく見えてしまいます。

音については「クセがない」という点で二者は似ていますが、「FX-AUDIO-」の音にはよりパワーを感じますね。

個人的には「FX-AUDIO-」を推しますね。

まとめ

「FX-AUDIO-」は日本の企業「NFJ(ノースフラットジャパン)」が展開するオーディオブランドであり、日本で設計監修され中国で生産されています。

今回紹介した「FX202A/FX-36A PRO」はリーズナブルなデジタルアンプですが、とてもクリアかつバランスよく音を奏でてくれるのが特徴です。

低音から高音までヘンなクセがないのは好印象で、音楽ジャンルを問わず楽しめるのではないでしょうか?

コスパに優れたデジタルアンプをお探しでしたら、このアンプは超オススメですよ。