無印良品「MUJI Card」は最強お得カード!ムジラー以外も作って損なし!

MUJI Cardと無印のレジ袋カードや財布

みなさんは「無印良品」でお買い物をしますか?

無印良品の店内
「無印良品」の店舗

店内の雰囲気も、並んでいる商品も

すべてナチュラルな感じで素敵よねー。

私もフラッと立ち寄っては、小物とか服とか食品とか・・ついいろいろ買っちゃうんですよね。(笑)

最近のお気に入りは「チノパンツ」。

はき心地もいいし、リーズナブルなのでリピ買いしてます。

そんな無印良品にはMUJI Cardというクレジットカードがあることをご存知でしょうか?

実はこのカード、知る人ぞ知る"超お得カード"なんですよ。

「たまにしか無印良品でお買い物しない人」でも、「これ以上クレジットカードを増やしたくない人」でも、この「MUJI Card」は作る価値があります!

今回「MUJI カード」が持つ魅力を5つピックアップしました。

きっとみなさんも「これはスゴい!」と興味を持ってくれるはずです。

  • 「MUJI Card」とは?
  • 「MUJI Card」が"超お得なカード"と言われる理由について
  • 「MUJI Card」の上手な使い方
スポンサーリンク

「MUJI Card」をご存知ですか?

無印良品のレジでお会計するとき、みなさん「MUJI passport」アプリを提示しますよね。

こちらは会員証として使うアプリで、お買い物金額に応じて「MUJI マイル」がもらえますし、お店の情報も確認できてとても便利です。

MUJI passportを見せる人

ではこのとき、併せて「MUJI カード」も活用されている方はいますか?

MUJI Cardを持つ手

無印良品が大好きな「ムジラー」さんは既にお持ちかもしれませんね。

逆に「そんなカードは聞いたことない」という人もいるでしょう。

また、カードの存在は知っていても「わざわざ新規に作る気はない」という人もいるでしょう。

私、たまにしか無印良品に行かないのよね。

だからこれ以上クレジットカードを増やすのはちょっと・・

そんなあなたにこそオススメなのが「Muji Card」。

年に2〜3回で十分! たまに無印良品に行くなら、持ってると絶対お得なカードです!

作って損などありません。(むしろ作らない方が損かも!笑)

スポンサーリンク

「MUJI Card」について

まず「MUJI Card」をご存知ない方に向けて

カードの基本的なスペックを解説しますね。

発行元について

「MUJI Card」クレディセゾンが無印良品と提携して発行するクレジットカードです。

そのためセゾンカードとしての機能も兼ね備えています。

MUJI Cardの発行元はセゾンカード
発行元はセゾンカード

セゾンカードのホームページから申し込むことができ、1週間ほどで自宅にカードが届きます。

カード到着まで早いのは嬉しいですね!

国際ブランド

カード作成時に「VISA」「アメックス」のいずれかを選択できます。

どちらの国際ブランドを選んだかでカードのスペックが若干異なります。

「VISA」を選んだ場合
  • カードの年会費は無料です。
  • カード不正利用時の補償(オンライン・プロテクション)が付帯されます。
  • 旅行傷害保険は付帯しません。
「アメックス」を選んだ場合
  • カードの年会費は3,300円(税込)です。
  • カード不正利用時の補償(オンライン・プロテクション)が付帯されます。
  • 海外・国内旅行傷害保険(最大3,000万円)が付帯されます。

「アメックスにこだわりがある人」や「本カードに旅行保険を絶対付けたい人」でない限り、私としては「VISA」の方をオススメしたいですね。

というのも、年会費が無料であることで(以降で解説する)カードの特典を最大限に活用できるからです。

無料を喜ぶ人

ポイントについて

「MUJI Card」を1,000円利用するごとに「永久不滅ポイント」が1ポイントたまります。

永久不滅ポイントの1ポイントは5円相当ですので、還元率は「0.5%」ですね。

ポイント還元率が高いカードではないんですね。

はい、「MUJI Card」の魅力は「還元率」ではありません。

それは次の章で解説しますね。

ちなみに「永久不滅ポイント」は「MUJIショッピングポイント」に交換して無印良品で使うことができます。

その際のポイント交換レートは次のとおりです。

永久不滅ポイントMUJIショッピングポイント
200ポイント
(1,000円相当)
1,200ポイント
(1,200円相当)
ポイント交換レート

電子マネー

「MUJI Card」は下記の電子マネーに対応しています。

カードを持たなくてもスマホで決済できるのは便利ですよね。

Apple Pay、Google Pay、QUIC Pay、iD、SUICA、PASMO

スマホ決済する人
スポンサーリンク

「MUJI Card」を持つべき5つのお得ポイント

さて、ここからが本題!

「MUJI Card」の大きな魅力を紹介します。

入会ポイントとして"1,000ポイント"をゲット!

いま「MUJI Card」に新規入会すると、「MUJIショッピングポイント」が1,000ポイントもらえます

もらった1,000ポイントは無印良品にて1,000円分として利用できます。

MUJI Card入会で1,000ポイント

入会後、あなたの「MUJI passport」宛にポイント取得の通知が届きます。

なお、このポイントには半年間の有効期限がありますので忘れずに活用しましょう。

5月と12月に各"500ポイント"をゲット!

5月と12月の年2回、「MUJIショッピングポイント」がそれぞれ500ポイントもらえます

5月と12月に500ポイント

ただカードを持っているだけで年に1,000円分もらえちゃうなんて嬉しいですよね!

こちらも約1ヶ月の期間限定ポイントなので注意してください。

5月と12月に無印のカレーでも食べましょう。(笑)

誕生月のカード利用で"500ポイント"をゲット!

あなたの誕生月に無印良品で買い物し、「MUJI Card」で支払うと、その翌月に「MUJI ショッピングポイント」が500ポイントもらえます

ちょっとした誕生日プレゼントですね。

誕生月にお買い物で500ポイント

これも約1ヶ月の期間限定ポイントになります。

「永久不滅ポイント」が"3倍"

1,000円決済するごとに「永久不滅ポイント」が1ポイントたまることは上で説明しましたが、無印良品で決済した場合に限っては1,000円ごとに3ポイントたまります。

つまり「MUJI Card」を無印良品で使えば 「永久不滅ポイント」が3倍になる というわけです。

ポイント3倍

たまった「永久不滅ポイント」は「MUJI ショッピングポイント」に交換できますので、無印良品に限定したポイント還元率を計算すると、なんと「1.8%」!ということになります。

無印良品週間は"10%オフ"

無印良品では定期的に「無印良品週間」というキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン中に無印良品の店舗/ネットストアで買い物し、「MUJI Card」で支払えば10%オフになります。

このタイミングを狙って買い物すれば、とってもお得ですよー。

「MUJI Card」の上手な使い方

最後に、「MUJI Card」をどう活用すれば一番お得になるかをお伝えします。

ここまで「MUJI Card」の魅力をお伝えしてきたわけですが、だからと言ってあなたの"メインカードに"することはあまりオススメしません。

えっ、なんで??

「MUJI Card」は(無印良品以外での)還元率が高くありませんし、保険が充実しているわけでもありません。(VISAの場合)

そしてステータスの高いカードでもありません。

これらを重要視する場合は、別のカードを用意してそちらにメインカードの役割を持たせましょう。

そして、

「MUJI Card」は"無印良品専用に使うカード"と割り切り、サブカードとして保有しましょう。

サブカードとして位置付けた場合、これほど強力なカードは他にありません。

年会費無料で(VISAの場合)、初年度に2,500ポイントもらえて、次年度以降は年間1,500ポイントもらえるカードなんて他には存在しません。

この記事のタイトルにもある「作って損なし!」の意味がお分かりいただけますよね。

ぜひこのカードを作成することをオススメします。

無印良品の店舗には「MUJI Card」のパンフレットが置いてありますので、機会があれば手に取って見てみてください。

MUJI カードのパンフレット

まとめ

無印良品が大好きな「ムジラー」さんにとっても、年にほんの数回しか店舗に行かない人にとっても、「MUJI Card」は持ってるだけでお得なカードです。

「MUJI Card」を持つメリット
  • 入会するだけで"1,000ポイント"がもらえる。(1,000円相当)
  • 毎年5月と12月に"500ポイント"ずつもらえる。
  • 誕生月に無印良品でお買い物すると、その翌月に"500ポイント"もらえる。
  • 無印良品で決済すると「永久不滅ポイント」が"3倍"たまる。
  • 無印良品週間のキャンペーン中は"10%オフ"になる。

年会費無料(VISAの場合)で、毎年必ずポイントがもらえるカードなんて他には存在しません。

無印良品専用の"サブカード"と割り切って保有し、お得にポイントを利用しましょう!