PARKER+ジェットストリーム替え芯で最高の書き心地を手に入れる!

PARKERの替え芯男の趣味

日本で人気のある高級ボールペンの1つに「PARKER(パーカー)」があります。

矢羽クリップが特徴の美しいデザインはとても評判がよく、仕事で愛用されている方も多いのではないでしょうか。

PARKERのボールペン
PARKERのボールペン

そんなPARKERユーザーの一部から、ときどきこのような声を聞くことがあります。

見た目は高級感もあって大好きなんだけど、書き心地があまり良くない・・

なぜかスムーズに書けないんですよ・・

せっかくPARKERを買ったけど、昔のペンの方が使いやすかったかも。

実は私もPARKERを使いはじめた当初は同じ印象を抱いていたのよく分かります。

そんな方にぜひオススメしたいのが「リフィル交換(替え芯)」です。

不満の原因はおそらく「インク」にあると思われ、そこを改善すればきっと解決するでしょう!

PARKERの書き心地に不満があるなら、ジェットストリームに交換(替え芯)してみませんか!?

スポンサーリンク

PARKERのリフィルについて

「字を書く」という動作にも人それぞれ特徴があり、「筆圧」の強い人もいれば弱い人もいるでしょう。

私も含めて「筆圧の弱い人」はPARKERのインクと"相性"があまりよくないように思えます。

PARKERの書き心地チェック
PARKERの書き心地チェック
  • スムーズに気持ちよく書けない
  • 文字がかすれる(特に書き出しの部分)
  • インクが滑らかに出ない感覚がある(ペン先の違和感)

おそらくこのような印象を持っているのではないでしょうか。

ところで PARKERにはクインクフローインクを採用したリフィル(替え芯)が入っています。

PARKERのリフィルを取り出す
PARKERのリフィルを取り出す

こちらのインクの特徴として、日本の油性ボールペンのインクに比べてわずかに粘度が高いようです。

そのため筆圧をある程度かけないとインクが出てきません。

PARKER純正リフィル
PARKER純正リフィル

これに対し、日本のボールペンは低粘度の油性インクが使われているので、筆圧をかけなくても滑らかにインクが出てきます。

日本のボールペンに慣れてるから、PARKERの書き心地が悪いように感じてしまうんですね・・

PARKERの書き心地に不満があるのなら、日本メーカーのリフィルに交換してみましょう!

スポンサーリンク

ジェットストリームのリフィルに交換(替え芯)しよう!

そもそも他社製のリフィルがPARKERで使えるの?

PARKERのリフィルは規格化されてるので大丈夫ですよ!

PARKERのリフィルは「ISO 12657-02 G2規格を採用しています。

この規格に準拠したリフィルを用意すればPARKERでも問題なく使用できるのです。

ISO 12757-02
ISO 12757-02

じゃぁ、どこのリフィルがおすすめですか?

書き心地のよい油性ボールペンといえば三菱鉛筆の「ジェットストリーム(JETSTREAM)」が有名ですが、その「替え芯」にもG2規格に準拠したものがあります。

それがこちらの「SXR-600-07」です。

JETSTREAM SXR-600-07
JETSTREAM SXR-600-07

ぜひこのジェットストリームをPARKERでお試しください。

筆圧が弱くてもスムーズに書けるようになるので、個人的にはかなり気に入ってます。

これがおすすめです!

こちらはペン先が「0.7mm」のモデルです。

ペン先が「0.5mm」のモデルもありますので、お好みでどうぞ。

こちらのリフィルに交換することで、お好みの書き心地になれば幸いです。

見た目最高のPARKERに、書き心地の良さも手に入れよう!

スポンサーリンク

まとめ

もしあなたがPARKERのボールペンの書き心地に不満があるとしたら、それはあなたの書き方(筆圧)と純正インクの特性が合っていないからかもしれません。

ジェットストリームのG2規格のリフィルに交換(替え芯)することをオススメします。

こちらには低粘土の油性インクが使われており、弱い筆圧でもスムーズな書き心地を提供してくれるでしょう。

PARKERはとても素晴らしい筆記用具であり、あなたの仕事の相棒です。

好みの書き心地を手に入れ、ずっと大切に使いつづけてください。