パーカーとジェットストリームは相性抜群!好みの書き心地に激変!

【PARKER+JETSTREAM】替え芯のススメ男の趣味
【PARKER+JETSTREAM】替え芯のススメ

筆記用具の高級ブランドとして有名な「PARKER(パーカー)」

デザインの美しさゆえに日本でも大人気で、仕事で愛用されている方や、プレゼントとして贈った方も多いのではないでしょうか。

PARKERのボールペン
PARKERのボールペン

私もPARKERのボールペンを長年使っているのですが、正直言って当初は不満がありました。

というのも 書き心地が期待したほど良くはなく、自分好みじゃなかった・・からです。

感覚的なものなので表現が難しいのですが、

スラスラと気持ちよく書けない感じがしたんですよ・・

この書き心地の問題は「リフィル交換(替え芯)」したことで劇的に改善されました。

どうやら純正インクの特性が、人によっては合わない場合があるようです。

もし私と同様の不満をお持ちでしたら、ジェットストリームのリフィルに交換してみませんか?

スポンサーリンク

PARKERの純正リフィル

「字を書く」ことにも人によって特徴があり、「筆圧」の強い人もいれば弱い人もいるでしょう。

どうやら「筆圧の弱い人」の場合、PARKERのインクとの"相性"があまり良くないようです。

PARKERの書き心地チェック
PARKERの書き心地チェック

相性が良くないユーザーは次のような不満を持っているはずです。

  • スムーズに気持ちよく書けない
  • 文字がかすれる(特に書き出しの部分)
  • インクが滑らかに出ない感覚がある(ペン先の違和感)

ところで PARKERにはクインクフローインクを採用したリフィル(替え芯)が入っています。

PARKERのリフィルを取り出す
PARKERのリフィルを取り出す

この純正インクの特徴は、日本の油性ボールペンのインクに比べてわずかに粘度が高いことです。

そのため筆圧をある程度加えないとインクが出てきません。

PARKER純正リフィル
PARKER純正リフィル

日本の一般的なボールペンには低粘度の油性インクが使われています。

こちらは筆圧をかけなくても滑らかにインクが出てきます。

日本のボールペンに慣れてるから、PARKERは書き心地が悪いと感じてしまうんですね。

それなら解決策は1つ。

日本メーカーのリフィルに交換しちゃいましょう!

スポンサーリンク

ジェットストリームのリフィルに交換

他メーカーのリフィルがPARKERでも問題なく使えるの?

PARKERのリフィルは規格化されてるので大丈夫です。

PARKERのリフィルは「ISO 12657-02 G2規格を採用しています。

この規格に準拠したリフィルであればPARKERでも問題なく使用可能です。

ISO 12757-02
ISO 12757-02

ではオススメのリフィルって?

書き心地のよい油性ボールペンといえば三菱鉛筆の「ジェットストリーム(JETSTREAM)」が有名ですよね。

ジェットストリームの「替え芯」にもG2規格に準拠したものがあります。

それがこちらの「SXR-600-07」です。

JETSTREAM SXR-600-07
JETSTREAM SXR-600-07

ジェットストリームなら筆圧が弱くてもスムーズに書けるので超オススメです。

あなたの不満もきっと解消されるでしょう。

交換すると書き心地が激変しますね!

愛用のPARKERがますます好きになりました♪

「SXR-600-07」はペン先が「0.7mm」のモデルです。

ペン先が「0.5mm」のモデルもありますので、細めの文字が好みならこちらを選んでください。

スポンサーリンク

まとめ

PARKERのボールペンを使っていて、その書き心地に不満があるとしたら、あなたの書き方(筆圧)と純正インクとの特性が合っていないのかもしれません。

ぜひジェットストリームのG2規格のリフィルに交換(替え芯)してみてください。

ジェットストリームには低粘土の油性インクが使われており、筆圧が弱くてもスムーズな書き心地を提供してくれるでしょう。

ちょっとしたカスタムであなたのPARKERは最強の相棒になるはずです。