本ページはプロモーションが含まれています。

【STORICA】名門セライタリアの革サドル!経年変化で理想の形状に育てる!

まるで上質な革製品!クラシカルな雰囲気が魅力のサドル! ホビー
まるで上質な革製品!クラシカルな雰囲気が魅力のサドル!

ロードバイクやクロスバイクに長時間乗っていると、お尻や股間がだんだん痛くなってきて・・

そんな悩みをお持ちの方はいませんか?

クロスバイクに乗ってお尻が痛い人
お尻が痛くて走るのが辛い・・

サドルの高さ・前後位置・角度を調整したり、運転姿勢を見直したり、パッド付きのレーパンを履くなど、いろんな対策がありますよね。

それでも改善しない場合「サドルの形状や素材が自分のお尻にフィットしていない」ことが原因とも考えられます。

とはいえ自分にピッタリ合うサドルに出会うことは難しく、「理想のサドル」を探し求めて 繰り返し交換している人もいるでしょう。

いわゆる「サドル沼」ですよね。

サドル
なかなか理想のサドルが見つからない・・

今回の記事ではSella Italia(セライタリア)がリリースする「STORICA(ストリカ)」というモデルを紹介します。

このサドルの注目ポイントは革製ということです!

使い込むうちに革は馴染んでくるはずで、もしかすると自分のお尻にジャスト・フィットする形状に変化するかもしれません。

「理想のサドルを育てる」という楽しみもありそう♪

スポンサーリンク

Sella Italia(セライタリア)

「Selle ITALIA」といえば歴史も古くて超有名なイタリアのサドルメーカーですよね。

このメーカーは「Sella Italia」いう名で革サドルブランドを展開しています。

(2つのスペルを見比べると「e」「a」とで微妙に異なっています。)

イタリア国旗
イタリアのブランドです

現在の主流はカーボンなどの素材を使ったスポーツサドルですが、あえて創業当時のように革を使い、最新の技法とクオリティで製造しているのです。

そんな「Sella Itaria」ブランドの中から、今回は「STORICA(ストリカ)」というモデルをピックアップします。

スポンサーリンク

STORICA(ストリカ)の紹介

まるで革靴を買ったときのように、ワクワクしながら開封してみましょう♪

STORICAの箱
STORICAの箱

こちらが「STORICA」という革サドルです。

カラーバリエーションとしてBLACK(黒)/HONEY(茶)/GREEN(緑)の3色があり、写真は「GREEN」のモデルです。

STORICAの箱をオープン
STORICAの箱をオープン

格好いいねー!

個人的には細身のデザインが好みなので、これはまさに理想の形状ですね。

STORICAのフロント部分
STORICAのフロント部分

随所にあるリベットや「Sella Italia」と書かれたプレートにより、クラシカルな雰囲気が漂っています。

STORICAの着座部分
STORICAの着座部分

片方のサイドにはこのような刻印も施されています。

「革製品」としての質感も良く、非常に満足度が高いですね♪

STORICAにある刻印
STORICAにある刻印

後方からのシルエットはこんな感じです。

サドルバッグを取り付ける金具も付いています。

STORICAのリア部分
STORICAのリア部分

つづいてサドルの裏側を見てみましょう。

金属のフレームでサドルの先端と後端を支えるような構造になっています。

STORICAの裏側
STORICAの裏側

金具の締め具合によって「革の伸び」を調整可能です。

STORICAの調整金具
STORICAの調整金具

ちなみにサドルの重量は505gです。

現代のサドルとしては重い方かもしれませんね。

スポンサーリンク

付属品

つづいて同梱されている付属品を紹介します。

まずこちらはサドル調整用の工具で、革の"伸び具合"を調整するために使うものです。

STORICAの付属工具
STORICAの付属工具

そして革のメンテナンス用クリームも入っています。

革靴と同様、クリームを使って定期的に手入れすれば永く質感を保つことができるでしょう。

STORICAのメンテナンス用クリーム
STORICAのメンテナンス用クリーム

ずっと大切に使いたいからね。

しっかり手入れしなきゃ!

さらにこのような巾着袋も付属しています。

おそらく保管用のものですが、しっかりしていて別の用途にも使えそうです。

STORICAの巾着袋
STORICAの巾着袋

STORICAの使用感

個人的に細身のサドル形状が好みなので、初走行から良い感触がありました。

まだまだ革は硬いですが、いずれは革が馴染んでお尻にフィットするはず・・そう期待して使いつづけるつもりです。

ロードバイクに乗る人
使いつづければ革が馴染むはず・・

まとめ

「STORICA」を使っていると革靴や革の鞄と同じような満足感を得られます。

あとはしっかりメンテナンスしつづければ革が馴染み、いい具合に経年変化していくはずです・・

うまくいけばお尻にフィットするような形状になり、「サドル沼」から脱出できるのでしょうか♪