MacでもWindowsでも作業後はシャットダウンするよりスリープした方がよい理由

スリープとシャットダウンのメリット/デメリットガジェット
スリープとシャットダウンのメリット/デメリット

みなさんは仕事やプライベートでWindowsやMacを使っているかと思います。

ところで一日の作業が終わったときや、作業中断して席を離れる際は、パソコンをシャットダウンしますか?

それとも電源は切らずにスリープ状態にしておきますか?

帰るときにはパソコンの電源を切るのが当たり前でしょ!?

Windowsは長く使いつづけると調子が悪くなるじゃないですか。

ちょくちょくシャットダウンした方がよいと聞いたんですが・・

私の周りにも「電源を入れっぱなしにしておくのは良くない」と考えている人は多いようです。

たしかに状況によっては電源を落とした方がいい場合もあります。

しかし実はスリープ状態にした方が多くのメリットがあることをご存知でしょうか?

この記事ではシャットダウンとスリープのメリットデメリットを比較した上で、"スリープをおすすめする"理由について解説したいと思います。

MacでもWindowsでも、作業終了時はスリープにした方がよい理由

スポンサーリンク

シャットダウンすることのメリット/デメリット

パソコンで【アプリ A】を起動し、つづいて【アプリ B】、さらに【アプリ C】・・と使いつづけていると、メモリ上にはいつの間にか不要な情報がどんどん溜まってしまいます。

メモリーがいっぱい
メモリーがいっぱい

この溜まった"ゴミ"が原因で、パソコンの動作が重くなったり不具合を起こすこともあるのです。

パソコンがフリーズしちゃった。

これまで買いた文章をまだ保存してないのに・・(涙)

ここでパソコンをシャットダウン(電源OFF)すると、「メモリの解放」が行われます。

すべての情報がクリアされるため、再起動したときにはメモリは"キレイな"状態となり、パソコンの動作も安定するというわけです。

シャットダウンして再起動
シャットダウンして再起動
シャットダウンのメリット

メモリが開放されるため、パソコンの動作が安定する。

ただしパソコンを一度シャットダウンすると、もともとの状態に復帰するまでには時間が掛かります

OSが再起動されるのを待ち、再度 1つ1つアプリを立ち上げ、ファイルを開き・・

元の作業を再開するまでには多くの時間をロスするでしょう。

待ち時間がイライラするわー!

シャットダウンのデメリット

再度パソコンが復帰するまで時間が掛かる。

スポンサーリンク

スリープすることのメリット/デメリット

お使いのパソコンがノートPCの場合、画面をパタっと閉じればスリープ状態になります。

DELLのWindowsノートとMacBook(閉じた状態)
DELLのWindowsノートとMacBook(閉じた状態)

スリープから復帰するときは画面を開くだけ!

使っていたアプリもそのまま復帰されるため、すぐに元の作業を再開できます。

DELLのWindowsノートとMacBook(開いた状態)
DELLのWindowsノートとMacBook(開いた状態)

すぐに仕事を再開できるから超便利!

スリープのメリット

スリープからの復帰が速いため、すぐに作業を再開できる。

復帰が速い反面、スリープしても「メモリの解放」が行われません。

スリープのデメリット

メモリ上の"ゴミ"はクリアされない。

スポンサーリンク

Mac OS、Windowsの特徴から考えてみる

Mac OSの場合

Mac OSはUNIXベースということもあってかメモリ管理がとても優秀です

Macを起動して長時間使いつづけても(メモリ上のゴミが原因で)動作が不安定になるという話をあまり聞きません。

「メモリの解放」が必要ないなら、スリープにした方が断然便利ですよね

私の運用を紹介すると、基本は毎日スリープにしておき、「2〜3週間に一度くらい」または「動作が不調になったときだけ」シャットダウンするようにしています。

この運用はとても便利なのでオススメですよー。

特に問題も出ていません。

Windowsの場合

一昔前のWindowsといえば「アプリをたくさん動作させると不安定になる」「メモリにゴミがどんどん溜まっていく」「そして突然フリーズする」という印象がありました。

そのころの印象が強すぎて「Windowsは随時シャットダウンした方が動作が安定する」と思っている人も多いのでしょう。

パソコンで困った人

しかし現在のWindows 10や Windows 11のメモリ管理は十分に進歩していますので、そこまで神経質になる必要はありません。

Macと同様に基本はスリープにしておき、時おりシャットダウンするという運用で問題はないでしょう。

もし心配は方は、Macよりも高めの頻度でシャットダウンしてみてはいかがでしょうか。

バッテリー充電の点から考えてみる

過充電について

みなさんの中にはMacBookやWindowsノートを愛用されている方も多いことでしょう。

今回 シャットダウンよりもスリープをおすすめする理由の1つに、「バッテリー充電」におけるメリットがあります。

一日の作業が終了し、パソコンをシャットダウン後にバッテリーの充電を始めたとします。

寝ている間に充電が100%に達したにもかかわらず、コンセントに挿しっぱなしの状態になっていると、バッテリーは"さらに充電しよう"とします。

これを「過充電」といいます。

過充電はバッテリーに大きな負担をかけ、寿命を短くする要因になるのです。

バッテリーの過充電
バッテリーの過充電

では、パソコンをスリープ状態にしてバッテリーの充電を始めた場合はどうでしょうか。

(シャットダウンの場合と異なり)スリープ中はOSが「充電の制御」をしますので、100%に達するとそれ以上充電はされません。

充電状態のチェックと制御
充電状態のチェックと制御

Mac OSの場合

Mac OSはとても上手に充電を制御してくれます。

過充電にならないよう、そしてバッテリの劣化を軽減するよう、充電具合を最適化してくれるのです。

「システム環境設定」ー「バッテリー」
「システム環境設定」ー「バッテリー」

これはOSが動いていてはじめて制御されるものであり、シャットダウンしてしまうと無意味です。

つまりMac OSが動いてるときに(スリープ中を含む)充電することがベストといえるでしょう。

Windowsの場合

Windows標準では搭載していませんが、メーカー/機種によっては独自の「バッテリー制御アプリ」がプリインストールされている場合があります。

例えばDELLの場合、「DELL Power Manager」といアプリがそれです。

DELL Power Manager
DELL Power Manager

こちらのアプリを利用すると「バッテリーが◯◯%に達したら、それ以上は充電しない」という設定が可能です。

(上写真の例では「80%で充電停止」の設定をしています。)

この設定をすることでバッテリーの劣化を軽減することができるのです。

こちらの場合もシャットダウンすると制御されませんので、(スリープ中を含めて)Windowsが動いているときに充電する方が最適なのです。

まとめ

ここ最近のMacやWindowsをお使いでしたら、作業終了後は(シャットダウンするのではなく)スリープ状態にしておくことをオススメします。

スリープからの復帰はとても早く、すぐに元の作業を再開できるというメリットがあります。

ただし一定期間ごとにシャットダウンすることも忘れないでください。

こうすることで「メモリ解放」が行われ、PCの動作が安定し、突然のフリーズ防止にもつながるでしょう。

さらに「バッテリーの過充電」を防止するという点でもスリープは有益です。

シャットダウン中ではなくスリープ中にバッテリーを充電するよう心がけましょう。