本ページはプロモーションが含まれています。

【GST-W300】これぞラグスポ系G-SHOCKの新定番!タフ&高級感が魅力!

ラグジュアリー&スポーティでスーツに似合うG-SHOCK! 腕時計
ラグジュアリー&スポーティでスーツに似合うG-SHOCK!

G-SHOCKには多種多様なバリエーションがあるので見ていて楽しいですよね♪

5600系や6900系ように基本デザインをずっと変えないモデルもあれば、時代にあわせてオールニューモデルも次々と登場しています。

みなさんはどのモデルがお好みですか?

豊富なラインナップの中で、これから「新たな定番」になりそうなモデルがこちら。

S-STEELシリーズ「GST-W300-1AJF」です。(以下「GST-W300」)

G-SHOCK GST-W300
G-SHOCK GST-W300

近年のG-SHOCKには高級ブランド時計をオマージュしたかのようなデザインがよく見られます。

いわゆる「ラグスポ系」というジャンルで、スポーティながらも高級感があり、これならスーツ姿にも似合いそうだと思いませんか?

オンでもオフでも違和感なく使えそうですね。

今回は「ちょっと大人な雰囲気のG-SHOCK」を探している方に向けて、この「GST-W300」の魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

GST-W300の特徴と魅力

さっそくGST-W300のデザインやスペックを見ていきましょう!

デザイン

これまでのG-SHOCKには"無骨さ""泥臭さ"のイメージがありますが、「GST-W300」には"高級時計かのようなスタイリッシュさ"があります。

ラグジュアリーな雰囲気を持ちつつ、立体的な文字盤や力強い針などG-SHOCKテイストも盛り込まれているのが特徴です。

GST-W300と専用ケース
GST-W300と専用ケース

本体のステンレス素材と、ベゼルのブラック樹脂素材のバランスが絶妙ですね!

スペック

このモデルにはアナログクオーツのムーブメントが搭載されています。

アナログ針は2針タイプで、さらに文字盤内の小窓には日付曜日バッテリー残量などがデジタル表示されます。

GST-W300(正面)
GST-W300(正面)

このムーブメントには世界各地で対応する電波受信機能が備わっているため時間は常に正確です

世界各都市の時刻
世界各都市の時刻

そしてバッテリーにはソーラー電池が使われており、太陽や蛍光灯の光で充電されます。

そのため日常的に使っていれば止まる心配などないでしょう

太陽光で充電
太陽光で充電

時分針には蛍光塗料が塗られているため暗所でも時間の確認ができますし、さらに明るくしたければLEDライトを点灯することも可能です。

G-SHOCK GST-W300(暗所にて)
G-SHOCK GST-W300(暗所にて)

ケース素材には合成樹脂ステンレススチールが使われ、ベルトはウレタン製となっています。

このように異素材を絶妙なバランスで組み合わせ、スタイリッシュな外観を仕上げているのです。

ちなみにケース径は49.3mmケース厚は15.3mmであり、風防には無機ガラスが使われています。

GST-W300(リストショット)
GST-W300(リストショット)

ちなみにラインナップには「GST-W110」というモデルも存在します。

デザインテイストはそのままに、「GST-W300」よりもケース径が2.6mm大きく、厚みも0.77mm厚くなっているのが特徴です。

(私は手首が細いため"300の方"をチョイスしました。)

裏蓋はネジ式タイプです。

G-SHOCK GST-W300(裏蓋)
G-SHOCK GST-W300(裏蓋)

この裏蓋にも記載されているように防水性能は20気圧防水です。

アウトドア・スポーツを楽しむ上で、水や汗を気にせず使えるのはメリットですよね。

潜水
防水性能は200m

「GST-W300」には肉厚で質感がとても高いウレタンベルトが採用されています。

つけ心地がとても良いので個人的にこのベルトはすごくお気に入りです♪

GST-W300(ベルト)
GST-W300(ベルト)

時計の機能としては次のようなものが備わっています。

  • カレンダー機能(フルオートカレンダー、日付、曜日表示)
  • ワールドタイム
  • ストップウオッチ
  • タイマー
  • 時刻アラーム
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能
  • 12/24時間制表示切替

最後に価格について紹介しますね。

定価は3万8,500円(税込)ですが、実売価格は26,000円程度でしょうか。(2023/11/07 現在)

高級感のある見た目や質感から考えると、かなりお得だと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した「GST-W300」はラグスポ系G-SHOCKといえるモデルでしょう。

樹脂やステンレスといった異素材をバランスよく組み合わせ、こんなにもスタイリッシュに仕上がりました。

アウトドアやスポーツを楽しむときはもちろん、スーツと合わせても違和感がないため、オン/オフ問わず日常使いができそうです。

高級時計ユーザーが"ハズし"の時計として身につけるのもアリかもしれませんね♪