ウブロみたいなG-SHOCK「GST-W300」はタフ&ラクジュアリー!

G-SHOCK GST-W300男の趣味

日本発の腕時計ブランドで世界中にたくさんのファンがいる「G-SHOCK」

男女を問わず年齢も関係なく愛されていて、ファッション的にも楽しい腕時計ですよね。

私も長い間 5600系のモデルを愛用していたのですが、太陽電池が故障したのをきっかけに"人生2個目の"G-SHOCKを買いました。

それがG-STEEL GST-W300-1AJFというモデルです。

(以下「GST-W300」とします。)

G-SHOCK GST-W300
G-SHOCK GST-W300

あれっ?

なんとなくウブロの時計に似てるような・・

そう思ったあなた!

私もそう思います。(笑)

そうそう、これ以外に「GA-2100」系のモデルもオーデマ・ピゲの「ロイヤルオーク」に似てますよね。

おそらく開発段階において、高級ブランドのデザインを意識(リスペクト)するという考えは少なからずあるのでしょう。

そのおかげでちょっとした高級感もあり、スーツに合わせても違和感のないデザインに仕上がっています。

樹脂とスチールをバランスよく使い分けて"G-SHOCKらしさ"も当然演出されてますし、手に持てば"タフさ"もしっかり感じ取れます。

買って正解でした!

この記事では「ちょっと大人なG-SHOCK」に興味のある方に向けて、この「GST-W300」の魅力をお伝えしようと思います。

"タフさ"と"ラグジュアリー"が魅力の「GST-W300」について

スポンサーリンク

GST-W300の特徴と魅力

GST-W300はどんな時計なのか?

写真とともに特徴を見ていきましょう!

開封レビュー

さっそくG-SHOCKの箱を開けていきましょう。

G-SHOCKの箱
G-SHOCKの箱

紙箱から出てくるのはお馴染みの黒いケースですね。

高級感はありませんが、G-SHOCKの場合はそんなことはどーでもいいんです。(笑)

G-SHOCKのケース
G-SHOCKのケース

ケースのフタを開けると「GST-W300」が姿を表します。

この瞬間が楽しいんですよね♪

G-SHOCK GST-W300(専用ケース内)
G-SHOCK GST-W300(専用ケース内)

G-SHOCKといえば"無骨さ""泥臭さ"というイメージがありますが、こちらの時計には"高級時計のようなスタイリッシュさ"も感じます。

たしかにウブロに似てはいますが、立体的な文字盤や力強い針など、G-SHOCK独特のテイストもふんだんに盛り込まれていますよ。

G-SHOCK GST-W300(文字盤)
G-SHOCK GST-W300(文字盤)

このモデルはブラックの樹脂素材がベゼルに使われているのですが、本体のステンレススチール素材とのバランスが絶妙ですね。

正直この時点で「買ってよかった」と十分満足しています。

ちなみに取扱説明書(保証書付)も付属していますが、くるくる巻かれた簡易的なものになります。

各ボタンの機能ならネットを見れば分かるし、これを読むことはないでしょう。

取扱説明書
取扱説明書

スペックや機能、使用感など

では「GST-W300」のスペックを細かく見ていきましょう。

このモデルはアナログクオーツのムーブメントが使われたモデルとなります。

アナログ針は2針で、さらに文字盤内には小窓が3つあり、日付や曜日、バッテリー残量などがデジタル表示されます。

G-SHOCK GST-W300(正面)
G-SHOCK GST-W300(正面)

バッテリーにはソーラー電池が使われており、太陽や蛍光灯の光で充電されます。

日常的に普通に使っていれば止まる心配はないでしょう。

太陽光で充電
太陽光で充電

ムーブメントには世界各地で対応する「電波受信機能」が備わっています。

時間が狂うことなどなく常に正確というのは安心ですよね。

世界各都市の時刻
世界各都市の時刻

文字盤の針には蛍光塗料が塗られており、暗所でもしっかり時間が確認できます。

さらに明るくしたければLEDライトを点灯することも可能です。

G-SHOCK GST-W300(暗所にて)
G-SHOCK GST-W300(暗所にて)

この時計のケース素材には合成樹脂とステンレススチール、ベゼル部分は樹脂、そしてベルト素材にはウレタンが使用されています。

このように異素材を絶妙なバランスで組み合わさせことで、独特のスタイリッシュな外観が生まれました。

これならスーツと合わせても違和感を感じないでしょう。

ちなみにケース径は49.3mmケース厚は15.3mmです。

G-SHOCK GST-W300(リストショット)
G-SHOCK GST-W300(リストショット)

実はこれと同じデザインテイストの「GST-W110」という時計も存在します。

ここでで紹介している「GST-W300」よりもケース径が2.6mm大きく、厚みも0.77mm厚くなっており、わりとサイズの大きなモデルになってますので購入時は気をつけて。

(手首の細い私は大きすぎる時計は苦手なのでスルーしました。)

風防には無機ガラスが使われており、裏蓋はネジ式となります。

G-SHOCK GST-W300(裏蓋)
G-SHOCK GST-W300(裏蓋)

裏蓋にも記載されていますが、防水性能は20気圧防水です。

海や川で遊んだり、アウトドアを楽しむ際、水を気にせずにガシガシ使えるのは嬉しいですよね。

潜水
潜水

「GST-W300」に標準で付いているウレタンベルトは肉厚で質感がとても高いのが特徴です。

つけ心地もとても良く、個人的にすごく気に入ってます。

G-SHOCK GST-W300(ベルト)
G-SHOCK GST-W300(ベルト)

G-SHOCKの細かな機能までフルに使う人は少ないかもしれませんが、「GST-W300」には次のような機能も備わっています。

  • カレンダー機能(フルオートカレンダー、日付、曜日表示)
  • ワールドタイム
  • ストップウオッチ
  • タイマー
  • 時刻アラーム
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能
  • 12/24時間制表示切替

最後に価格について紹介します。

定価は税込で3万8,500円ですが(2022/04/29 現在)、実売価格になると25,000万円くらいになるようです。

この見た目と質感から考えるとかなりお得だと思いますよー!

スポンサーリンク

まとめ

G-SHOCKというと"タフな"イメージがありますが、そこに加えて"高級感、ラグジュアリー感"を求めるのなら「GST-W300」はベストなチョイスといえるでしょう。

樹脂とステンレススチールという異素材をバランスよく組み合わせることで、こんなにもスタイリッシュな外観が生まれました。

レジャーを楽しむときはもちろん、スーツと合わせても違和感はなく、オン/オフを問わずハードに使えます。

G-SHOCKユーザーが新しいタイプの1本としてコレクションに加えるもヨシ、高級時計ユーザーが"ハズし"の時計として身につけるもヨシですよ!