【Vポイントの使い方】キャッシュバックが最もお得で節約につながる!

Vポイントのキャッシュバックカードや財布

2020年にカードデザインが一新されて以降、ナンバーレスのカードに注力したり、コンビニ等での還元率アップを猛アピールするなど、三井住友カードの勢いがスゴいですよね。

こちらのカードをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

三井住友カード

三井住友カードを使えば使うほどたまっていくのが「Vポイント」です。

みなさんはこの 「Vポイント」をどのように使っていますか?

せっかくコツコツとためた「Vポイント」。

上手に使わなきゃもったいないですよね!

この記事では「Vポイント」の使い方の1つである「キャッシュバック」に注目し、申し込み手順などを詳しく解説しています。

これはオススメです!

ためた「Vポイント」を何に使おうか迷っている方がいらっしゃれば、ぜひ参考にしてください。

  • Vポイントのお得な使い方とは
  • キャッシュバックの申し込み手順
スポンサーリンク

Vポイントとは

三井住友カードでお買い物する毎にたまっていくのが「Vポイント」です。

基本的には200円の支払いにつき「1ポイント」がつきます。(還元率は0.5%)

三井住友カードを使ってVポイントをためる

三井住友カードはコンビニ等でタッチ決済すると還元率が「5%」に跳ね上がることでも有名です。

また「三井住友カード ゴールド(NL)」では100万円以上決済すると"年会費無料"になることから、メインカードとして決済を集中させている人も多いのではないでしょうか。

気づくと「Vポイント」が意外とたまっています。

みなさんはこのポイントをどのように活用していますか?

スポンサーリンク

Vポイントの使い方について

使い方はいろいろ

日々コツコツとためてきた「Vポイント」ですから、きちんと活用したいと考えるのは当然です。

このポイントには次にような使い方があります。

  • 「Vポイントアプリ」にチャージして使用
  • プリペイドカード(「VISAプリペ」など)にチャージして使用
  • キャッシュバック
  • 他社ポイントやマイルに交換
  • ギフト券やギフトコードに交換
  • SBI証券のポイント投資に利用(2022年5月〜予定

どの方法で使おうかな?

実はポイントの使い方にも「お得な使い方」と「ちょっと損する使い方」があるんですよ。

えっ、そうなんですか!?

どうせならお得に使いたいです!

お得な使い方について

上記のうち、他社ポイント等に交換してしまうと損した気分になるでしょう。

というのも交換レートが「1ポイント=1円」ではないのです。

Vポイント → 交換先
nanacoポイント1ポイント → 0.8ポイント
Tポイント1ポイント → 0.8ポイント
WAONポイント1ポイント → 0.8ポイント
楽天ポイント1ポイント → 0.7ポイント
スタバカード1ポイント → 0.8ポイント
ANAマイル
(ANAカード以外の場合)
1ポイント → 0.5マイル
Amazonギフト券1ポイント → 0.8円分
App Store & iTunesギフトカード1ポイント → 0.8円分
VJAギフトカード5,500ポイント → 5,000円分
Vポイントを交換する際の交換レートの例

どうせなら「1ポイント=1円」で使いたいですよね。

それなら「Vポイントアプリ」やプリペイドカードにチャージするか、キャッシュバックを選びましょう。

中でも私が一番"お得"だと考えるのはキャッシュバックです。

「Vポイントアプリ」やプリペイドカードにチャージした場合、"また何かを買ってはじめて"お得になります。

これに対してキャッシュバックはカードの支払金額に充当されるものであり、"何も買わなくても"節約できるからです。

ポイントがたまったからといって買い物しすぎたら

結局は無駄遣いですもんね・・

スポンサーリンク

キャッシュバック

キャッシュバックとは

Vポイント「キャッシュバック」とは、ためたポイントをクレジットカードの支払金額に充当するサービスであり、「1ポイント=1円」として交換できます。

キャッシュバックに申し込むと、翌月または翌々月の支払い金額から差し引かれることになります。

もし差引後もポイントが余った場合、その分は翌月に繰り越されるので安心です。

ただし繰り越しできる期限は3ヶ月であり、期限後 ポイントは失効してしまいます。

カードの支払金額が安くなっていると

すごく得した気分になるわ!

キャッシュバックの申し込み手順

では、キャッシュバックを申し込んでみましょう。

今回はスマホでの手順を解説しますね。

まず「Vpassアプリ」を起動します。

現在お持ちの「Vポイント」を確認し、ここをタップします。

VpassアプリのVポイント

「かんたんに使う」を選ぶと「ポイント交換」の1つに「キャッシュバック」がありますよね。

ここで「ポイントを交換する」をタップします。

Vポイントを交換する

するとブラウザが起動し、Vポイント交換メニューが表示されます。

ここで「キャッシュバック」をタップします。

Vポイント交換メニュー

画面がスクロールしますので、「キャッシュバック」をタップします。

キャッシュバック

Vポイントの利用規約に同意します。

Vポイント利用規約

「キャッシュバック」をタップします。

Newキャッシュバック

お持ちのポイント残高を確認し、その範囲内で何ポイント充当するか決めてください。

「申し込みポイント数」に入力して「確認する」をタップします。

申し込みポイント数の入力

改めて「申し込みポイント数」を確認し、「決定する」をタップします。

申し込みポイント数の確認

これで申し込み手続きは完了です。

キャッシュバックの申し込み完了

申し込み手続きはとても簡単!

これで翌月か翌々月の支払い金額からポイント分を引いてくれるんですね。

この後、あなた宛に「ポイント交換受付のお知らせ」というメールが届きます。

そちらも確認しておいてくださいね。

ポイント交換受付のお知らせ

キャッシュバックを申し込む際の注意点

キャッシュバックを申し込む際、「ポイント数」の指定には十分注意してください。

もしたくさんの「Vポイント」をお持ちだとしても、一度に全ポイントを指定するのは危険です!

支払い後に余ったポイントは翌月に繰り越されますが、3ヶ月という有効期限があるからです。

期限内に使いきれないポイントは失効することを考慮してくださいね。

翌月・翌々月の支払額を想定して

それを超えないポイント数を指定しましょう!

まとめ

「Vポイント」の使い方にはいろいろありますが、最もお得で節約につながるのは「キャッシュバック」

これは「1ポイント=1円」として、カードの支払金額に充当するサービスです。

スマホから簡単に申し込むことができ、あとは翌月または翌々月の支払い金額から指定ポイント分を差し引いてくれます。

もしポイントが余っても翌月に繰り越されるので安心ですよ。

(ただし有効期限は3ヶ月。)

「Vポイント」をどう使おうか迷っている方はぜひ試してみてください!