【歩度調整】機械式腕時計(6R15)の精度が悪いので自己責任で調整!

歩度調整ってどんな作業?男の趣味
歩度調整ってどんな作業?

普段 クォーツ時計を使っている方は時間のズレを気にすることはそれほどないかもしれません。

電波時計内蔵のG-SHOCKや、Apple Watchならかなり時間に正確ですからね。

その一方で機械式腕時計の場合、1日に数秒進んだり遅れたりするのはごく普通のことであり、必ずしも故障というわけではありません。

一般的に1日に「−10秒 ~ +20秒」ほどズレるのは許容範囲内と言われています。

ロレックスやブライトリングなど、クロノメーター規格(高精度ムーブメントを認定する規格)に準じた時計ですら「−4秒 ~ +6秒」のズレは見られるのです。

ロレックスの機械式腕時計
ロレックスの機械式腕時計

時刻のズレが常に許容範囲内におさまっている間はいいですが、腕時計を長年使用していると、次第にその範囲をオーバーしてズレていくことがあります。

最近、この時計の調子が悪いなぁ。

一日に何分も遅れていくんだけど・・

このような場合、専門業者に依頼して時計の精度を調整をしてもらう必要があります。

オーバーホールまでお願いすれば、腕時計を分解掃除し、オイルを追加し、精度も調整し、新品同様にメンテナンスしてくれるでしょう。

精度の調整ってどんな作業なの?

それって自分でできないのかな?

みなさんの中にはこのような疑問を持った方もいるかもしれません。

しかし機械式腕時計の中身を操作するなど素人が手を出す作業ではありませんし、もし失敗して故障したら泣くのは自分自身です。

さすがに自分では怖くて作業しないけど・・

どんな作業かだけ知りたいなぁ。

そこで本記事では、自己責任になることを理解した上で 素人である私が機械式腕時計の裏蓋を開け、見よう見まねで精度調整してみた例をご紹介します。

興味のある方はご覧になってみてください。

注意!

ご自分で精度調整することを推奨する内容ではありませんし、もし作業した場合は「自己責任」となることをご理解ください。

スポンサーリンク

歩度調整について

歩度調整とは?

腕時計の精度(どのくらい正確に動作するか)を数値化したものを「歩度」といい、通常は日差に換算した値を使います。

つまり腕時計が「1日あたり何秒進むのか、もしくは何秒遅れるのか」かですね。

私の腕時計は、日差が「プラス5秒」ですね。

そして精度を上げて極力時間が狂わないよう(日差をゼロに近づけるよう)調整することを「歩度調整」といいます。

調整方法

機械式腕時計の裏蓋を開けると、ムーブメントが姿を表します。

機械式ムーブメントの緩急針とヒゲ持ち
機械式ムーブメントの緩急針とヒゲ持ち

ムーブメント上のパーツで注目するのは、赤色で示した緩急針と、青色で示したヒゲ持ちです。

「緩急針」を操作してヒゲゼンマイの長さを変え、「ヒゲ持ち」ではテンプの振り幅を調整します。

とても繊細な作業であり、失敗すると時計そのものが動かなくなりますので、本来は専門業者に任せるべきでしょう。

腕時計技師による作業
腕時計技師による作業

それでも「危険を承知の上で自分でやってみたい!」「自己責任で作業する!」という方に向けて、次の2点をアドバイスします。

  • 「ヒゲ持ち」の調整は非常に難しく、素人が手を出す範疇ではないでしょう。
    もし自己責任で作業するにしても「緩急針」の調整のみに留めておた方が無難です。
  • 「緩急針」の操作中にピンセット等がヒゲゼンマイに当たると腕時計が壊れてしまいます。
    最新の注意を払って作業してください。
危険

さて実際の作業ですが、「緩急針」の調整はピンセット等を用いて行います。

緩急針の操作時計の動き
「ヒゲ持ち」側に近づけるよう動かす時間が遅れるよう調整される
「ヒゲ持ち」から遠ざけるよう動かす時間が進むよう調整される
緩急針の調整

緩急針」はとても小さい上に硬くて動かしづらいので、微妙な調整はとても大変な作業なのです。

スポンサーリンク

自己責任で歩度調整に挑戦!

今回 私が「歩度調整」の対象に選んだのはセイコーの「SARB035」という自動巻きのモデルです。

セイコー SARB035
セイコー SARB035

このモデルには「6R15D」というわりと評判の良いムーブメントが搭載されてます。

ただ私の個体の場合、(購入当初から)精度はそれほど良くもなくて「日差はマイナス20秒」くらいでした。

「プラス20秒」ならまだ我慢できるのですが、

マイナスというのが精神衛生上ちょっと良くないですよね・・

なので自己責任で「歩度調整」してみます!

「SARB035」の裏蓋はスケルトン仕様になっているので、そのままでもムーブメントを見ることができます。

今回調整する緩急針もガラス越しにしっかり確認できますね。

SARB035の裏蓋
SARB035の裏蓋

腕時計の裏蓋を開けるためには特殊な工具が必要となります。

こんな形の工具で、実は100円ショップでも購入できたりするんですよ。

腕時計の裏蓋オープナー
腕時計の裏蓋オープナー

工具にある2つの突起部分を裏蓋の溝にあて、反時計回りに回転させると裏蓋が外れます。

SARB035の裏蓋を外した状態
SARB035の裏蓋を外した状態

これでムーブメントにアクセスできますので「歩度調整」の作業に移ります。

ピンセットを使って緩急針を微妙に動かします。

6R15Dの緩急針を調整
6R15Dの緩急針を調整

この時計の場合は毎日20秒ほど遅れていくため、これから"時間を進める"よう調整します。

上の写真のように「緩急針」を矢印の方向にほんの少しだけズラします。

「緩急針」をどれだけ動かしたら、精度はどの程度変わるのだろう?

精度を確認する際に「時計歩度測定器(タイムグラファー)」があればとても便利です。

この機器を使えば時計の日差を簡単に測定できてしまうからです。

しかし素人の私がそんな機器を持っているはずがありません・・

仕方がないので、この状態で数時間(もしくは1日)放置し、その時点で秒針がどのくらいズレているのかを確認することにします。

待つ時間が長いほど秒針のズレ具合がはっきり分かりますよー。

時間をおいてから確認した際、まだ遅れ気味なら「緩急針」を同じ方向にもう少しズラし、進み気味なら「緩急針」を逆の方向に少しだけズラします。

何日もかけてひたすらこの作業を繰り返します・・

なんとも地道な作業ですが、一度やり始めたら満足いく日差に落ち着くまで続けるしかありません。

何度も調整を繰り返す
何度も調整を繰り返す

3日ほどトライ&エラーを繰り返しいくと、ある程度の精度になってきました。

素人の私が腕時計を壊すことなく、ここまで来れたのはラッキーだったかもしれません。(喜)

なんとか無事に満足できる制度に調整できました!

スポンサーリンク

まとめ

機械式腕時計の場合、ムーブメント上にある「緩急針」「ヒゲ持ち」を微妙に動かすことで歩度調整できることが理解できました。

今回は腕時計の勉強がてら自分で調整してみたわけですが、作業にはかなり気を遣いましたし、ちょっとしたミスで腕時計を壊してしまわないかヒヤヒヤでしたね。(汗)

「歩度調整」がどのような作業なのかをご理解いただければ幸いです。

改めてこの作業は自己責任になることをお伝えしておきます。

大事な腕時計のメンテナンスは専門業者に依頼するのが一番安心でしょう。