【How to 歩度調整】機械式腕時計の精度(日差)を調整する方法とは!?

6R15の緩急針をDIYで調整してみた!(自己責任) ファッション
6R15の緩急針をDIYで調整してみた!(自己責任)

クォーツ時計を使っていると1日ごとの時間のズレを気にすることなんてないでしょう。

その一方で 機械式腕時計日に「−10秒 ~ +20秒」ほどズレて当たり前、決して故障ではありません。

ロレックスなどのクロノメーター規格に準じた高級時計ですら「−4秒 ~ +6秒」ほどの日差はあるのです。

ロレックスの機械式腕時計
ロレックスの機械式腕時計

腕時計の日差が常に許容範囲内におさまっている分には問題ないですが、長年使っているうちに想定以上に狂ってしまう場合がありますよね。

時計の調子が悪いんだけど故障かなぁ?

気づくと何分もズレてる・・

このような場合は腕時計専門の業者に調整(もしくは修理・オーバーホール)を依頼するのが最適です。

しかし一部の方はこんな疑問を持つかもしれません。

業者さんってどうやって時間の精度を調整してるんだろう?

その作業って自分でも可能かな?

もちろん素人が機械式腕時計の内部にまで手を出すべきはありませんが、機械式時計の内部に興味があったり、精度調整の方法を知りたい方もいるでしょう。

そこで実際に私が機械式腕時計の裏蓋を開け、見よう見まねで精度調整してみた例をこれから紹介したいと思います。

注意!

本記事の内容は自分で精度調整することを推奨するものではありません。

同様の作業を行う場合は「自己責任」になることをご理解ください。

スポンサーリンク

歩度調整について

歩度調整とは?

腕時計の精度(どのくらい正確に動作するか)を数値化したものを「歩度」といい、通常は日差に換算した値を使います。

つまり「1日あたり何秒進むのか、もしくは何秒遅れるのか」の値です。

私の腕時計は日差が「プラス5秒」ですね。

そして日差をゼロに近づけるよう精度調整することを「歩度調整」といいます。

歩度調整のやり方

腕時計の裏蓋を開けると中の機械式ムーブメントが確認できます。

機械式ムーブメントの緩急針とヒゲ持ち
機械式ムーブメントの緩急針とヒゲ持ち

今回注目するのは、赤色で示した「緩急針」青色で示した「ヒゲ持ち」です。

「緩急針」を動かしてヒゲゼンマイの長さを変え、「ヒゲ持ち」ではテンプの振り幅を調整します。

とても繊細な作業で失敗すると時計そのものが動かなくなりますので、本来は専門業者に任せるべきでしょう。

腕時計技師による作業
腕時計技師による作業

みなさんの中には危険を承知の上で自分でやってみたい!」「自己責任で作業したい!」という方もいるかもしれせん。

そのような方にお伝えするとすれば、

  • 「ヒゲ持ち」の調整は非常に難しく、さすがに素人が手を出す範疇を超えているでしょう。
  • 自己責任で作業するにしても「緩急針」の調整のみに留めておた方が無難だと思います。
  • 作業中にピンセットがヒゲゼンマイに当たると腕時計が壊れますので、最新の注意を払ってください。
危険
とても危険な作業なので自己責任で!

緩急針」の調整はピンセット等を用いて行いますが、「緩急針」自体が小さく、硬くて動かしづらいので大変な作業になるでしょう。

緩急針の操作時計の動き
「ヒゲ持ち」側に近づけるよう動かす時間が遅れるよう調整される
「ヒゲ持ち」から遠ざけるよう動かす時間が進むよう調整される
緩急針の調整
スポンサーリンク

【自己責任】歩度調整の流れを紹介

ここでは実際に私が自己責任「歩度調整」したときの流れを紹介します。

作業対象に選んだモデルは セイコー「SARB035」です。

セイコー SARB035
セイコー SARB035

時計の裏蓋はスケルトン仕様になっており、搭載ムーブメントである「6R15D」が確認できます。

これから調整する緩急針もガラス越しに見えますね。

SARB035の裏蓋
SARB035の裏蓋

裏蓋を開けるためには特殊な工具が必要となります。

簡素なものでよければ100円ショップでも購入できたりしますよ。

腕時計の裏蓋オープナー
100均の裏蓋オープナー

裏蓋の円周上にある溝に工具をあて、反時計回りに回すと外れます。

SARB035の裏蓋を外した状態
SARB035の裏蓋を外した状態

これでムーブメントにアクセスできますので「歩度調整」の作業に移ります。

6R15Dの緩急針を調整
6R15Dの緩急針を調整

この時計は"時刻が遅れ気味"でしたので"時間を進める"よう調整しました。

上の写真のように「緩急針」を矢印の方向にほんの少しだけ動かします。

緩急針をどれだけ動かせば、精度はどの程度変わるのか?

その加減が難しい・・

精度を確認する際に「時計歩度測定器(タイムグラファー)」があればとても便利です。

この機器を使えば時計の日差を即座に測定できますよ。

私はそんな機器を持ってませんので、時計を数時間(もしくは1日)放置し、秒針のズレ具合を確認するという方法を取りました。

放置時間が長いほど秒針のズレ具合がはっきり分かりますよー。

数時間後もあいかわらず遅れ気味なら「緩急針」を同じ方向にもう少し動かし、逆に進み気味になってたら「緩急針」を逆方向に少しだけ動かします。

この作業を何日も繰り返します・・

なんとも地道な作業ですが、一度やり始めたら満足いく日差に落ち着くまでつづけるしかありません。

何度も調整を繰り返す
何度も調整を繰り返す

それでも3日ほど微調整を繰り返すと、ある程度の精度に落ち着いてきました。

腕時計を壊してしまわないかとハラハラでした。

いい感じに調整できてラッキーですね!

スポンサーリンク

まとめ

機械式腕時計の場合、ムーブメント上にある「緩急針」「ヒゲ持ち」を微妙に動かすことで歩度調整ができます。

今回は興味本位でDIYで調整してみたわけですが、はかなり気を遣う作業でしたね。(汗)

「歩度調整」がどのような作業なのかをご理解いただければ幸いです。

改めてこの作業は自己責任で!ということをお伝えしておきます。

大事な腕時計のメンテナンスは専門業者に依頼する方が安心でしょうね。