横浜インビテーションカードは海外旅行傷害保険が魅力の最強サブカード!

年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯するなんて!カードや財布
年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯するなんて!

おそらく多くの方がクレジットカードを2枚、3枚・・もしくはそれ以上お持ちかと思います。

ただ 枚数が増えてくると各カードの使い分けが難しくなってきますよね。

あなたは「どのカードをメインカードにして、どれをサブカードにするか」を明確にしていますか?

メインカードとサブカード
メインカードとサブカード

おそらくメインカードとして選ぶのは次のようなカードではないでしょうか。

  • ポイント還元率が高いもの。
  • ステータス性が高いもの。
  • お得な特典がいろいろ付帯するもの。
  • マイルを貯められるもの。
  • セキュリティが強固で安心して使えそうなもの。
  • 世界中どこでも使える国際ブランドが付くもの。
  • カード券面が格好いいもの。

では サブカードにはどんな役割を持たせましょうか?

どうせ私はメインカードしか使わないし。

サブカードは机の中に眠らせておくだけだわ。

いやいや、それはもったい!

サブカードにもしっかり役割を持たせることで、もっと便利になりますよ。

徐々に旅行にも行けるようになってきた今、ぜひオススメしたいのは、サブカードに「旅行傷害保険」の役割を持たせることです。

その保険ってゴールドカードやプラチナカードに付帯するものでしょ?

サブカードに高い年会費なんて払えないよ・・

実は年会費無料なのに「海外旅行傷害保険」が付帯するカードもあるんです!

しかも持ってるだけ(自動付帯)で保険が適用されるという魅力的なカードが!

そんなカードがあるんですか!?

本記事ではジャックスが発行する「横浜インビテーションカード」の魅力を掘り下げていきます。

メインカードの機能を補い、トラブル時にはとても頼りになるはずで、サブカードには最適なカードだと思いますよ。

「横浜インビテーションカード」とは

みなさんは横浜に遊びに行ったことがありますか?

横浜
横浜

その横浜の観光プロモーションより認定を受けたクレジットカードが「横浜インビテーションカード」で、通称「ハマカード」とも呼ばれています。

券面には横浜の夜景がプリントされており、とてもキレイなカードなんですよ。

横浜インビテーションカード
横浜インビテーションカード
ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)

発行元は株式会社ジャックスで、国際ブランドはマスターカード一択になります。

年会費は無料で、20歳以上(高校生を除く)で電話連絡可能な方が申し込み可能です。

年会費が無料なら気軽に申し込めるわね。

「横浜インビテーションカード」の特典

カードに付帯する特典を1つ1つ見ていきましょう。

海外旅行傷害保険

まず本カードが持つ最大の魅力である「海外旅行傷害保険」から紹介します。

もし海外でケガでもして入院しようものなら(医療費が高額なため)たった数日で何百万円!という費用が掛かることもあります!

だからこそ海外旅行時には傷害保険が必須なんですね。

海外旅行
海外旅行

そんな「海外旅行傷害保険」が「横浜インビテーションカード」には付帯しています。

補償期間は旅行あたり最長90日間で、補償内容と保険金額は次のとおりです。

補償内容保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2,000万円
携行品損害
(免責 3,000円)
最高20万円
(1旅行かつ1年間の限度額)
救援者費用最高200万円
(1年間の限度額)
海外旅行傷害保険の補償内容/保険金額

年会費無料のカードとは思えない補償内容ね。

急病やケガの際には緊急アシスタンスサービスが付いています。

そしてカメラ等の携行品が盗まれた場合の損害にも適用されます。

まさに安心の保険サービスと言えますね。

さらに嬉しいことに、この海外旅行障害保険がナント 自動付帯しているのです!

「自動付帯」とは?

クレジットカードをただ所有しているだけで保険が適用されることを「自動付帯」といいます。

その一方で、旅行の交通費・宿泊費等をカード決済してはじめて保険が適用されることを「利用付帯」といいます。

カードによって「自動付帯」か「利用付帯」かは異なりますので、注意して見ましょう。

「自動付帯」の方が断然 Good!

もし入院が長引いて、もっと高額な入院費が掛かったらどうしよう?

何か対策はあるのかしら・・

カードを複数枚持って補償金額を合算させよう!

ケガや病気の度合いよっては200万円以上の入院費が掛かってしまうのでは?と心配される方もいるでしょう。

医療費が高額な海外では十分あり得る話です。

ここで大事なポイントとなるのが・・

異なるカード会社のクレジットカードを複数所有し、各々に海外旅行傷害保険が付いている場合、傷害治療費用や疾病治療費用の保険金額は全カードの金額が合算される

という点です。

もしあなたが本カード以外にもう1枚、海外旅行傷害保険が付帯するカードを持っていたとしましょう。

このとき傷害・疾病治療費用の保険金額は"2枚のカードの合計金額"となるのです。

ジャックス 横浜インビテーションカード

例えば「エポスカード」「Booking.comカード」にも海外旅行傷害保険が付いています。

このような保険付きのカードを同時保有しておけば(合算金額が大きくなるため)高額な入院費にも備えられるというわけですね。

Booking.comカードとエポスカード
Booking.comカードとエポスカードの券面イメージ

(※)残念ながら「Booking.comカード」の新規申込はすでに終了しています。

【注意事項】

「傷害治療費用」や「疾病治療費用」は保有カードの合算金額となるのに対し、「障害死亡・後遺傷害」の補償額は合算されません

保有カードの中で最も補償金額の高い1枚だけが適用されますので注意してください。

国内旅行傷害保険

次は国内旅行の傷害保険について見てみましょう。

国内旅行中にトラブルが発生した場合にも医療費などの補償を受けることができます。

ただし(海外旅行の場合と異なり)こちらは利用付帯となります。

旅行の交通費・宿泊費等を本カードで決済してはじめて保険が適用されるので注意しましょう。

国内旅行
国内旅行

補償内容と保険金額は次のとおりです。

補償内容保険金額
死亡保険金・後遺障害最高1,000万円
入院1日につき5,000円
(事故発生日より180日を限度)
手術1事故につき1回限度5万円/10万円/20万円
(手術の種類に応じて)
通院1日につき3,000円
(事故発生日より180日以内、90日を限度)
国内旅行傷害保険の補償内容/保険金額

ショッピングプロテクション

お買い物して本カードで決済した場合、購入から90日間、盗難や破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円まで補償してもらえます。

(国内外は問わず。1事故につき自己負担は3,000円。)

ショッピングを楽しむ人
安心してショッピング

カード盗難保険

カードの紛失・盗難による不正使用の損害を121日間(届出前60日・届出後60日)補償してもらえます。

ただし警察署へ被害届を提出する必要があります。

カードの不正利用
カードの不正利用

優待サービス「J’sコンシェル」が利用できる

「J’sコンシェル」は(株)ベネフィット・ワンと業務提携した会員限定の優待サービスです。

カードを持つことで全国17万件以上の優待サービスを受けることができます。

旅行・レジャー(映画・カラオケ)・癒し系(温泉・マッサージ)・レンタカーなど、さまざまなメニューが用意されていますよ。

J's コンシェル.

ポイント還元率について

月間のカード利用金額を合計し、200円ごとに「ラブリィポイント」が1ポイントたまります

たまったラブリィポイントはカード請求時の値引きに使ったり、素敵な商品と引き換えすることができます。

このカードのポイント還元率はどのくらいですか?

現金に還元するときは「ラブリィポイント」を「Jデポ」に引き換えるのですが、このときの交換レートは次のとおりです。

ラブリィポイント「1,000ポイント」 → Jデポ「1,050円分」

つまり1ポイントあたり1.05円ですから、1.05÷200×100=0.525 と計算して・・

ポイント還元率は「0.525%」ですね。

ポイント還元率が高いカードではないんですね・・

このように還元率は決して高いとはいえませんので、メインカードとして使うことはオススメできません。

しかしサブカードとして持つなら(前述の特典のように)かなり強力です。

年会費無料ですので負担は掛かりませんし、保険を充実させる役割に特化させてこそ活きるでしょう。

スマホ決済について

本カードはApple PayGoogle Payに対応しています。

スマホさえ持っていればコンビニ等でお買い物できますので便利ですよ。

スマホ決済する人
スマホ決済

まとめ

「横浜インビテーションカード」の最大の魅力は、年会費無料にもかかわらず海外旅行傷害保険が自動付帯していることです。

あなたはただカードを持っているだけでよく、もしもの際には大きな助けになるのですから魅力的ですよね!

ポイント還元率を考えるとメインカードには不向きかもしれませんが、サブカードと割り切るなら最強カードの1枚といえるでしょう。

「旅行時のいろんな規制が元に戻りつつあり、久しぶりに海外に行きたい!」と思っている方も多いはずです。

本カードを発行して海外旅行に備えてはいかがでしょうか。

ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)