デジタル主体の今こそLOMOを楽しむ♪トイカメラ独特の「味」が最高!

LOMO LC-Aガジェット

私はスマホのカメラをよく使います。

ちょっとしたスナップ写真が気軽に撮れますし、旅行に行くときもスマホがあれば十分事足ります。

撮った写真の管理も楽ですしね。

スマホで写真を撮る人

便利ですし写りもキレイなので、記録として残すという意味では何の不満もないのですが・・

「スマホで撮るのは楽しい?」と聞かれると・・私の場合、それはちょっとちがうかもしれません。

今回の記事では LOMO「LC-A」というカメラを紹介します。

いわゆる「トイカメラ」に分類されるものですが、みなさんは聞いたことありますか?

フィルムカメラなので撮ってもすぐには写真を見れず、カメラ屋さんに現像してもらうまで数日待たなければいけません。

カメラのフィルム

「では写りはキレイなの?」というと、実はそういう訳でもありません。(汗)

LOMOの写真は"独特な"写り方をしています。

時代の流れに逆行してる気もするんだけど・・

車でもオーディオでもそうですが、最新のモデルではなく、ちょっとクラシックなもの・ちょっと手が掛かるものに惹かれることってあるでしょ!?

LOMOもまさにそんな感じです。

不便さを楽しめるだけの大きな理由がこのカメラにはあるのです♪

スポンサーリンク

LOMOについて

イカメラといえば LOMO"

LOMOそのものはロシアの光学機器メーカーのことですが、そこで製造された「LC-A」というカメラのことを指す場合もあります。

LOMO LC-Aの箱

ロシア製の「LC-A」は2005年で生産中止となりました。

LOMOはMade in Russia

しかし世界的な人気を受けて2006年、ロモグラフィー社によって中国製に変更されて生産が再開されたのです。

こちらのモデルは「LC-A」と呼ばれ、機能的にも若干の変更が加えられています。

スポンサーリンク

LOMO LC-A

ではLOMOのカメラを見ていきましょう。

私が所有するのはかなり前に購入した「LC-A」というモデルです。

末尾に「+」が付かないロシア製のものになります。

LOMO LC-Aの本体とケース

ちなみに説明書(英語表記です)とストラップが付属されていました。

LOMO付属品

「LC-A」はとてもコンパクトなカメラです。

(幅107mm × 高さ68mm × 厚み40mm)

でも小さいわりには手に持つとズッシリ感がありますね。

(フィルムなし重量は 250g です。)

LOMO LC-A

中央部分が出っ張っているのが特徴で、キャラクターマークの「ロモ蔵」がカワイイですね。

LOMO LC-A

当然ながら(デジカメのような)液晶画面などありません。

ファインダーをのぞいて撮影します。

LOMO背面
カメラ撮影する人

中央部分の(向かって)左サイドには「絞りレバー」があります。

ただこのカメラの場合、絞りを設定すると使いこなすのが難しいので、多くの人が(写真のように)「Auto」にしてるのではないでしょうか。

LOMOの絞り

中央部分の右サイドにあるのは「距離レバー」です。

被写体までの距離(m)を大まかに設定することでピントを合わせる仕組みです。

LOMOのフォーカス

中央右サイド上部には「感度ダイヤル」があり、ISO25/50/100/200/400の5段階で設定します。

LOMOのASA

中央下部のレバーをスライドすると、レンズとファインダーのカバーが開きます。

開いた状態にしてはじめてシャッターを切ることができます。

ちなみにレンズは「MINITAR12.8 32㎜」です。

LOMOのレンズカバー

電池は底面のカバーを開けてセットします。

「LR44」という形式のボタン電池が3つ必要です。

LOMOの電池

フィルムを入れるときは「巻き戻しクランク」を引き上げて本体裏のカバーを開きます。

LOMOのフィルム巻き取りレバー

このカメラでは35mmフィルムを使用します。

LOMOにフィルムをセット

シャッターボタン右横には「フィルムカウンター窓」がありますので、こちらで撮影枚数を確認します。

ちなみにフィルムの巻き上げについては手動でレバー操作します。

LOMOのシャッターボタン

ここまでで写真を撮る準備はできました。

いろんな設定に最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。

"なんでも機械任せ"ではなく、"自分の手で操作"することを楽しみましょう♪

慣れたらマニュアル操作の魅力にハマりますよ!

スポンサーリンク

どんな写真が撮れる?

世界中にLOMO愛好家が多いのは、その独特な写り方に魅力を感じるからでしょう。

下のイメージのように四隅が暗くなるのが特徴です。

LOMO写真イメージ1
LOMOの写真イメージ2

これは「周辺光量落ち」というもので、「トンネル効果」とも呼ばれています。

自分でLOMOをマニュアル操作して、こんな"味のある"写真を撮ってみたいと思いませんか?

撮り終えてカメラ屋さんに現像に出した後も「どんな写真が戻ってくるかな?」と、待ってる時間さえウキウキするはずです。

私もLOMOを使ってみたくなりました!

まとめ

LOMOは最新のスマホやデジカメと比べると使いづらい面はあります。

しかしその"不便さ"すら楽しもうじゃありませんか!

自分で1つ1つマニュアル操作した結果、素敵な"味のある"写真が撮れのたら最高の喜びになるでしょう。

LOMOは「記録」のためのカメラではなく、楽しむためのカメラなのです。

「LC-A」はすでに生産中止になったモデルであり、新品での入手は困難ですが、メルカリには中古品が出ていますのでご覧になってみてください。

後継機である「LC-A+」はアマゾン等でも購入可能です。

(プレミアが付いているのか割高ですが・・)