本ページはプロモーションが含まれています。

【Tribit XSound Go】コスパ的にも音質的にも大満足の完成度で超オススメ!

ANKER以上にコスパの高いBluetoothスピーカーを紹介! ガジェット/Web
ANKER以上にコスパの高いBluetoothスピーカーを紹介!

音楽をみんなで楽しみたいときや、一人でも臨場感のある音で聴きたいときにBluetoothスピーカーがあると重宝しますよね♪

そんなスピーカーを購入するにあたり、みなさんはブランド選びに迷いませんか?

ボーズやJBL、ソニーといったオーディオブランドの製品は評価が高いものの、どうしても値段も高くなってしまうでしょう。

もう少しリーズナブルなモデルを求めて ANKER(アンカー)の「Soundcore」シリーズを検討している人もいるかもしれません。

BOSEかJBLかSONYか・・
どこのスピーカーを買おうかな・・

そんなあなたに今回紹介するのが「Tribit」のスピーカーです。

人によっては聞き慣れないブランド名かもしれませんが、とにかく脅威的にコスパが良くて音のクォリティも高いということで最近人気が急上昇しているんですよ♪

ぜひ注目してください。

スポンサーリンク

Tribitとは?

「Tribit」は中国メーカー「サウザンドショアス」が展開するオーディオブランドで、日本やアメリカ、カナダなど、20数か国に向けて各種製品をリリースしています。

Bluetoothオーディオなら | Tribit Japan(トリビット)
Tribit製品情報ページ(Bluetooth スピーカー、イヤホン)。Tribitについて、 商品情報、サポート情報、販売情報をご覧いただけます。

その中でも評判が高くてロングセラーのモデルが「XSound Go」というBluetoothスピーカーです。

とにかくコスパの良さは抜群で、なんと3,000円台で買えるというから驚きです。

そんなに安くて大丈夫?

逆に心配になってくるけど・・

決して「安かろう悪かろう」の製品ではありません。

これから特徴を細かく見ていきましょう!

スポンサーリンク

「X Sound Go」のレビュー

外観

こちらがTribitのBluetoothスピーカー「XSound Go」です。

「XSound Go」のパッケージ
「XSound Go」のパッケージ

スピーカー本体には頑丈な素材が使われており、その表面はマット仕上げされているので質感は高いですよ。

「XSound Go」の正面
「XSound Go」の正面

サイズは170mm x 59mm x 56mmとコンパクトで、重量は380gほどです。

これならキャンプや旅行にも持っていけますし、現地で音楽を楽しむことができるでしょう♪

キャンプを楽しむ人たち
キャンプのお供にも最適!

両サイドサイドは丸まったデザインをしており、その片側にはストラップが付いています。

丸っこいデザイン
丸っこいデザイン

上面には操作ボタンが一列に並んでいます。

左から順に電源ボタン、Bluetoothボタン、再生/一時停止、ボリュームUP、ボリュームDOWNのボタンです。

操作ボタン
操作ボタン

分かりやすくて、操作しやすそう。

電源ボタンとBluetoothボタンの間にあるのはインジケーターです。

電源ONで青く点灯し、充電中やバッテリーが減った(残量15%以下)ときは赤く点灯します。

インジケーター
インジケーター

背面のキャップを開けると、AUX入力端子(3.5mm)と充電端子(USB-Cがあります。

AUX端子とUSB-C端子
AUX端子とUSB-C端子

今なおMicro USB端子が使われているスピーカーも多いので要注意です。

このモデルはUSB-Cを採用していますよー。

ちなみに底面を見ると技適マークがしっかりプリントされていますので安心してください。

底面の技適マーク
底面の技適マーク

付属品としてUSBケーブルと説明書が同梱されています。

(説明書には日本語の表記あり。)

付属品
付属品

性能

つづいて「XSound Go」のスペックを見ていきましょう。

このスピーカーにはパワフルなドライバーが2つ搭載(合計16W)されており、その間にはパッシブラジエーターも搭載されています。

8Wのドライバー x 2
8Wのドライバー x 2

内蔵バッテリーは4,400mAhと大容量で、最大で24時間も連続再生することが可能です。

これならちょっとした旅行でも問題ないでしょう。

(バッテリーのフル充電までは5時間です。)

最大24時間の連続再生
最大24時間の連続再生

Bluetoothのバージョンは5.0で、通信距離は30mもあり、接続が途切れにくいのが特徴です。

通信距離は30m
通信距離は30m

IPX7規格の防水設計がされているため、理論上は水深1mの水中に30分浸かっていても大丈夫!

これなら海辺や川辺でも安心して使えますし、もし雨が降ってきても大丈夫でしょう。

お風呂場に持って入って音楽を楽しむことだってできますね♪

お風呂で音楽♪
お風呂で音楽♪

マイクを内蔵しているためハンズフリー通話も可能です。

ハンズフリー通話
ハンズフリー通話

そしてTWS(True Wireless Stereo)に対応しているため、2台用意すれば左右それぞれで音を出力することが可能です。

TWSに対応
TWSに対応

ちなみにコーデックはSBCに対応しています。

AACやaptXには対応していません。

とはいえこのスピーカーの用途を考えるとさほど問題はないでしょう。

スポンサーリンク

Bluetooth接続方法

さっそくスマホやPCとペアリングしてみましょう。

まず「XSound Go」上面のBluetoothボタンを押してペアリングを開始します。

Bluetoothボタン
Bluetoothボタン

つづいてスマホやPCのBluetooth設定画面を開き、「Tribit X Sound Go」を選択・接続します。

【iPhoneの場合】

iPhoneのBluetooth設定画面
iPhoneのBluetooth設定画面

【Windowsの場合】

WindowsのBluetooth設定画面
WindowsのBluetooth設定画面

【Macの場合】

MacのBluetooth設定画面
MacのBluetooth設定画面

ペアリングはいたって簡単!

さっそく音楽を聴いてみよう♪

試聴レビュー

本体サイズが小さいとはいえ、16Wのドライバーを搭載しているためパワフルな音を鳴らしてくれますね!

中高音はクリアでキレがありますし、思った以上に低音も出てきます。

音量を上げても音が割れないのも素晴らしいですね。

Bluetoothスピーカーで音楽鑑賞

強いて気になる点を挙げるなら、低音は若干盛っている感じがしないでもありません・・

とにかく値段からは信じられないくらい音はイイです。

いや〜ビックリしましたね!(喜)

動画再生で使用した場合、映像との「ラグ(音の遅延)」を気にする人がいるかもしれません。

Bluetoothを使っている以上、デバイスやアプリによって再生音にラグが生じるのは仕方のないことです。

私の環境ではYouTubeやPrimeビデオなどを再生しても気になりませんでしたが、もしかするとゲームのように動きのシビアなアプリでは違和感があるかもしれません。

このスピーカーにはAUX端子が付いてます。

ラグが気になるなら有線接続すれば解決するでしょう。

有線接続
有線接続

対抗製品と比較

このスピーカーの対抗モデルを挙げるなら ANKERの「Soundcore」シリーズになるでしょう。

そこでアマゾンでも売れ筋の「Soundcore 2」や「Soundcore 3」とスペックを比較してみました。

「Soundcore 2」と比較

Tribit
X Sound Go
ANKER
Soundcore 2
実売価格3,000円台約6,000円
連続再生時間24時間12時間
防水IPX7IPX7
出力16W12W
Bluetooth5.05.0
充電端子USB-CMicro USB
「X Sound Go」と「Soundcore 2」の比較

Tribitの方が値段が安いのに、全体的に性能は上ですね。

「Soundcore 3」と比較

Tribit
X Sound Go
ANKER
Soundcore 3
実売価格3,000円台約7,000円
連続再生時間24時間24時間
防水IPX7IPX7
出力16W16W
Bluetooth5.05.0
充電端子USB-CUSB-C
「X Sound Go」と「Soundcore 3」の比較

性能はほぼ同じなのに、Tribitの値段は半分以下!

コスパ良すぎだね。

音色に関しては人それぞれ好みがあるでしょうし、数字上のスペックだけでスピーカーの良し悪しを判断すべきではありませんが、「XSound Go」のコスパがいかに脅威的であるかはご理解いただけたかと思います。

まとめ

もしあなたがコスパに優れたBluetoothスピーカーをお探しで、できるだけ性能や質感が良いものが欲しいなら、Tribitの「XSound Go」は最高の選択肢となるでしょう。

有名なANKERの「Soundcore」に匹敵する性能を半分ほどの値段で手に入れられるのですから、満足感はハンパありません。

家の中はもちろん屋外にもどんどん持ち出して、大好きな音楽を楽しみましょうね♪