本ページはプロモーションが含まれています。

【リングライト】自撮りやWeb会議で効果絶大!明るく美白に写りたい人に!

室内でのスマホ撮影を改善!明るくキレイに撮れる! ガジェット/Web
室内でのスマホ撮影を改善!明るくキレイに撮れる!

室内でスマホを使って撮影していると、天井の照明だけでは暗いと感じたことはありませんか?

何かモノを撮るときはもちろん、自分自身を撮影したときに明るくキレイに写らないのは不満ですよね。

Web会議では相手に暗い映像が届くことで不快感を与えたりするかもしれません。

自撮りで暗く写っちゃうのはイヤだわ・・

どうやったら明るく撮れるのかしら・・?

そんな悩みを解決してくれるアイテムが「リングライト」です。

テレビ番組やYouTube動画、家電量販店などでドーナツ型のライトを見かけた人も多いのではないでしょうか。

いわゆる「女優ライト」ってやつですね。

見たことあるわ♪

でも値段が高いんじゃないの?

もちろん本格的な撮影スタジオなどで使われるライトはナン万円もするのですが、個人で気軽に使うものなら1,000円程度からでも入手可能です。

そんなリーズナブルなものでも効果はありますので、試す価値はありますよ!

スポンサーリンク

リングライトの紹介

ネットショップで「リングライト」と検索すると、リーズナブルなものなら1,000円台〜でも見つかるでしょう。

実はダイソーでも取り扱っていたりするんですよ。(もちろん100円では買えませんが・・)

本記事では下の製品を例に、リングライトの特徴や使い方を紹介したいと思います。

リングライトのパッケージ
リングライトのパッケージ

こちらはリングライト本体(左)、固定パーツ(中央上)、三脚(中央下)、スマホホルダー(右)の4つがセットになっています。

リングライトのセット内容
リングライトのセット内容
スポンサーリンク

リングライトの組み立て

まずは各パーツを組み立ててみましょう。

最初にスマホホルダーリングライト本体に取り付けます。

スマホホルダーを取り付け
スマホホルダーを取り付け

つづいて固定パーツ三脚に取り付け・・

固定パーツを三脚に取り付け
固定パーツを三脚に取り付け

その三脚リングライト本体に取り付けます。

三脚をリングライト本体に取り付け
三脚をリングライト本体に取り付け

あとは三脚の脚を広げれば組み立て完了です。

組み立て完了
組み立て完了

組み立ては超簡単ね。

ほんの数分でできちゃうわ。

スポンサーリンク

リングライトの使い方

ではリングライトを使ってみましょう。

あなたがお持ちのスマホをスマホホルダーにセットしてください。

ちなみにこちらのリングライトは幅 6.5cm〜9.0cmのスマホに対応しています。

スマホをセット
スマホをセット

電源については、リングライトから伸びているケーブルの先端がUSB端子になっていますので、ここから給電します。

USB端子から給電
USB端子から給電

そのUSB端子にACアダプター(別売)を取り付けてもよいですし、モバイルバッテリー(別売)を利用することも可能です。

ACアダプターとモバイルバッテリー
ACアダプターとモバイルバッテリー

電源の準備ができたら操作ボタンにある電源スイッチONにしてみましょう。

操作ボタン
操作ボタン

リングライトはちゃんと光りましたか?

明るさに関しては調光ボタン(+/ー)を操作することで10段階で調整できますよ。

調光は10段階
調光は10段階

光の色は昼白色/昼光色/電球色のいづれかに設定できます。

調色ボタンを押して切り替えてください。

調色は3種類
調色は3種類

実際に撮影してみてどうですか?

リングライトがあると明るさが全然ちがうのではないでしょうか?

まさに「女優ライト」だわ!

肌がキレイになったように写ってくれます♪

今後これは必需品ね。

まとめ

室内でスマホを使って写真や動画を撮ったり、Web会議をする際の便利アイテムとして「リングライト」を紹介しました。

たとえリーズナブルなモデルでも、あなた自身や対象物の写りがかなり改善されるでしょう。

ぜひ導入していただいて その効果の大きさを実感してみてください。