高速道路で三角停止表示板の表示は義務!?安全確保のため常備しよう!

「エマーソン EM-352」を用いて設置方法を解説ライフ
「エマーソン EM-352」を用いて設置方法を解説

高速道路を運転していると、たまに故障か何かで停止している車を見かけます。

そのとき数メートル手前には赤い三角形の反射板みたいなものが置かれていますよね。

これが目に入った後続車は注意して走行するので、安全確保のために重要なアイテムといえるでしょう。

三角停止表示板
三角停止表示板

突然自分の車が動かなくなるなんて考えたくないですが、誰にでも起こり得ることでもあります。

そんな事態に備えて、あなたは「三角停止表示板」を車に積んでいますか?

これって車に標準装備されているものなの?

ウチの車では見たことないけど・・

いえ、標準装備はされてはいません。

別途 ご自分で購入しないといけないアイテムなのです。

わざわざ買うのって面倒だなぁ・・

高速道路で停止する際、これを表示することが義務化されいてるんですよ!

もし守らないと罰則も・・!

えっ、マジで!?

スポンサーリンク

三角停止表示板の表示義務

故障などで道路上に停止した車や、その車から出てきた人に後続車が衝突するという事故が増えています。

そのため高速道路自動車専用道路でやむを得ず停車する場合は、「三角停止表示板」の表示が義務付けられています。

(一般道路では表示の義務はありません。)

後続車に異常を知らせる意味で「三角停止表示板」は大切なんですね。

もしこれを怠ると「故障車両表示義務違反」となり、反則金と違反点数が課せられます。

罰則金は普通車で6,000円

違反点数は1点です。

もちろん罰金はイヤだけど、

むしろ安全のために準備しておこう!

スポンサーリンク

「エマーソン EM-352」のレビュー

私はフォルクスワーゲンの車に乗っているのですが、この車のリアゲートには三角停止表示板専用の収納スペースがあります。

その部分にピッタリ収まる製品が欲しかったので、「EU規格適合品」である「エマーソン EM-352」という製品を購入しました。

三角停止表示板の外箱(上)とケース(下)
三角停止表示板の外箱(上)とケース(下)

サイズは「幅 432mm、高さ 46mm、奥行き 30mm」というコンパクトなもので、重量は「約500g」です。

製品が届いて車のリアゲートのスペースに入れてみましたが、本当にピッタリ収まって安心しました。

三角停止表示板をリアゲートに収納
三角停止表示板をリアゲートに収納

では、さっそく三角停止表示板を取り出して設置してみましょう!

この赤いケースの中には三角停止表示板が折りたたんだ状態で入っています。

三角停止表示板のケース(上)と本体(下)
三角停止表示板のケース(上)と本体(下)

3つのパーツを動かして三角形をつくります。

三角停止表示板の組み立て
三角停止表示板の組み立て

下部にある4つのスタンドを広げればできあがりです。

とても簡単ですね。

三角停止表示板のスタンドを広げる
三角停止表示板のスタンドを広げる

後続車から三角停止表示板が見やすいよう、車の後方 50m〜100m に設置しましょう。

このとき周りの交通に十分注意して作業してください。

後続車から見やすいように三角停止表示板を設置
後続車から見やすいように三角停止表示板を設置

安全のため、車のハザード点灯を併用するといいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

高速道路や自動車専用道路でやむを得ず停車する場合は、「三角停止表示板」を表示する義務があります。

後続車に異常を知らせて安全を確保するためにも、ぜひ車に常備しておきましょう。

今回ご紹介したように設置までの手順はとても簡単ですので安心してください。

欧州車の多くには「三角停止表示板」専用の収納スペースが用意されています。

こちらにピッタリ入る製品をお望みなら、EU規格適合品である「エマーソン EM-352」は安くてオススメですよ。

(念のため購入前にサイズは確認しておいてください。)