自転車保険への加入は義務!?いま個人賠償責任保険が重要視される理由!

個人賠償責任保険(特約)についてライフ
個人賠償責任保険(特約)について

あなたは「自転車の保険」に入っていますか?

私はクルマに乗るので「自動車の保険」には入ってるけど

「自転車の保険」にまで入る必要ないのでは?

大きな事故なんてめったに起こらないだろうし。

いま多くの自治体が自転車保険への加入を義務化しています

自転車に乗る人全員が対象になるんですよ。

えっ、子供たちも入らなきゃいけないってことですか!?

あなただけでなく子供たちや親御さんなど、家族が自転車に乗る機会も多いのではないでしょうか。

近所のスーパーに買い物に行ったり、通勤・通学や遊びに使ったりと、毎日欠かせない人もいますよね。

しかしその便利さの反面で大きな自転車事故が増えており、その対策として「自転車保険」が重要視されているのです。

スポンサーリンク

自転車で事故を起こしたときの賠償金って?

もしあなたや家族が自転車事故を起こし、相手に大きなケガを負わせてしまったと仮定しましょう。

自転車で人にぶつかった!
自転車で人にぶつかった!

このとき被害者への賠償金はどのくらい必要になると思いますか?

車とちがって自転車なので、賠償金も驚くほど高額にはならないのでは?

自転車の事故を甘く見てはいけません!

当たりどころによっては相手に重度の障害を負わることもあり得ます。

その場合、数千万〜一億円近い賠償金の支払いを命じられることもあるんですよ。

ホント怖すぎます・・

もし子供がそんな事故を起こしたら、どうやって支払えばいいの?

逆に、あなたが被害者側の立場になったとしましょう。

もし加害者側が高額な賠償金を支払う能力がなかったらどうします?

十分な治療費を補償してもらえないってこと・・?

ケガをちゃんと治せないなんて最悪だな。

このように事故の大きさによっては、個人負担ではどうしても賠償できない場合があります。

このとき頼りになるのが「自転車保険」です。

スポンサーリンク

「自転車保険」加入が義務化!?

全国の自治体は「自転車の利用者」を対象に、事故を起こした際の加害者側の経済的負担を減らすため、そして被害者側が十分な補償を受けられるよう、自転車保険への加入を促進しています。

自転車保険への加入を義務化している自治体

2022年7月時点で、自転車保険への加入を義務化している自治体は以下のとおりです。

宮城県秋田県山形県福島県栃木県
群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
山梨県静岡県愛知県長野県石川県金沢市
福井県滋賀県京都府奈良県三重県
大阪府兵庫県岡山県岡山市香川県愛媛県
福岡県大分県宮崎県熊本県鹿児島県
義務化している自治体(2022年7月時点)

みなさんがお住まいの地区はこの中にありますか?

自転車保険への加入を努力義務化している自治体

次に2022年7月時点で、自転車保険への加入を努力義務化している自治体は以下のとおりです。

北海道青森県茨城県富山県和歌山県
鳥取県徳島県高知県
努力義務化している自治体(2022年7月時点)

こちらの自治体に関しても今後「義務化」に変更されるケースもあるでしょう。

随時確認しておく必要があります。

もし加入しなかった場合の罰則はある?

「加入を義務化している自治体」にお住みにもかかわらず、加入しなかった場合は罰則を受けることになるのでしょうか?

結論から言うと、罰せられることはありません。

よかったー。

罰則自体はないんですね。

しかし刑事上・民事上の責任を負うことになりますので、賠償金はすべて自己負担となります。

高額な賠償金の事例も増えているため、もしもに備えて加入することをオススメしますよ。

高額な賠償金なんて自己負担できないし・・

やっぱり保険に入るべきですよね。

スポンサーリンク

自転車保険について

個人賠償責任保険に入る

個人賠償責任保険は、相手にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまった際の賠償金などを補償する保険です。

加入時には「補償内容」「補償範囲が誰になるのか?」をチェックしましょう。

前述のように事故の賠償金が数千万円になった事例もあることから、損害賠償額は「1億円〜無制限」に設定することをオススメします。

また補償範囲については自分だけでなく家族(親族)まで適用されるようにしておくと安心です。

家族でサイクリング
保険が家族みんなに適用されるように!

自動車保険に「個人賠償責任」特約を付ける

家族の誰が自動車を保有し「自動車保険」に加入しているのなら、その保険に「個人賠償責任」の特約を付けるという方法もオススメです。

「自動車保険」というと自動車事故だけが対象のように思えますが、

この特約を付けると自転車の事故もカバーしてくれます

もちろん家族を補償対象にすることもできるので安心です。

新しく別の保険に入らなくても、今の自動車保険に特約を付ければいいんですね。

ウチの家族はこの方法で対処しよう!

SUV

まとめ

あなたや家族が自転車事故で相手にケガを負わせた場合、かなり高額な賠償金を命じられる可能性もあります。

そこで経済的負担を軽減するためにも、相手に十分な補償をするためにも、「自転車保険」に加入しておくと安心でしょう。

全国の自治体が加入の義務化を進めていますので、ぜひチェックしておいてください。

もしあなたが既に「自動車保険」に入っているのでしたら、そちらに「個人賠償責任」の特約を付加する方法もオススメですよ。