自転車にも安全装備を!GARMINのVariaは後方車両をレーダー検知!

自転車用の予防安全システムライフ
自転車用の予防安全システム

ロードバイクやクロスバイクで走っていると、後方から近づいてくる車両に気づかないこともあります。

"突然追い越されてヒヤッとした!"

多くの人がそんな経験をされているのではないでしょうか?

ロードバイクとトラック

ところで最近の自動車にはいろんな予防安全システムが装備されていますよね。

レーダーやセンサーなどを駆使し、ドライバーが事故を起こさぬよう運転をサポートしてくれます。

自動車のセンサー

一方で私たちの自転車は"無防備状態"・・

自転車にも同様の安全システムが付いていたら便利だと思いませんか?

後方からの車両を確認できたら便利だろうなぁ〜。

そんなアイテムってあるのかな?

趣味のサイクリングをより安全に楽しみたい方に向けて、この記事ではGARMIN(ガーミン)のサイクリング用レーダー「Varia」シリーズを紹介します。

もし気になったらお試しください♪

スポンサーリンク

GARMINの「Varia」とは?

アウトドアやスポーツなどの分野で有名なGARMIN(ガーミン)ですが、こちらがリリースするサイクリング用アイテムに「Varia」というシリーズがあります。

GARMINの「Varia」
GARMINの「Varia」

そもそもコレって何?

簡単に言うと「自転車用のレーダー」です。

後方にミリ波レーダーを飛ばし、近づいてくる車両を検知してくれるんですよ。

まさに自動車と同じようなものですね。

3種類あるようですが、とんな違いがありますか?

主な特徴
RVR315シリーズ中もっともベーシックかつ廉価なレーダー。
後方140m以内の車両を検知し、通知してくれる。
RTL515テールライトを内蔵。
後方車両が近づくと発光パターンが切り替わって相手に存在を伝える。
RCT715カメラを内蔵。
車両が近づくと映像が録画され、万が一の事故に備える。
Varia各モデルの主な特徴
スポンサーリンク

「Varia」の使い方

取り付け箇所

Variaは自転車のシートポストに取り付けます。

シートポストの形に応じたマウントキットが付属されていますので、しっかり固定しましょう。

Variaの取付位置
Variaの取付位置

後方車両の確認方法

Variaの取り付けは終わったとして、

どうやって後方車両を確認するんですか?

レーダーが検知した車両はスマホアプリ「Varia App」を使って確認できます。

(別の方法として、GARMINのサイクルコンピューター「EDGE」を使って確認することも可能です。)

あなたのスマホにこのアプリをインストールしてください。

Varia™ App | アプリ | 製品 | Garmin | Japan | Home
航空、船舶、自動車、フィットネス&スポーツ、アウトドアなどのさまざまな市場に向けて、革新的なGPS技術をお届けします。

「Varia App」は140m後方から近づいてくる車両をビジュアルと音で通知してくれます。

Varia App
Varia App

自転車のハンドルにスマホを固定しておくと便利でしょう。

スマホをハンドルに取り付け
スマホをハンドルに取り付け

になみにスマホをポケットに入れておいたとしても、音とバイブレーションで車両の接近を知ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

自動車には当たり前に安全システムが搭載されるようになりましたが、自転車は"無防備"状態です。

自転車事故の多くは「後方からの追突」と聞きますので、万が一に備えて対策をしておきたいですよね。

そこでオススメなのがGARMINの後方レーダー「Varia」シリーズです。

これをシートポストに付けておけば、ミリ波レーダーで後方車両を検知し、その状況をスマホに通知してくれます。

趣味のサイクリングをより安全に楽しむためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか?