本ページはプロモーションが含まれています。

【ガーミン】自転車にも安全装備を!後方車両をレーダー検知しスマホで確認!

自転車用レーダー「Varia」シリーズで安心サイクリング! ホビー
自転車用レーダー「Varia」シリーズで安心サイクリング!

最近の自動車の特徴といえば いろんな安全装備が付いていることでしょう。

レーダーやセンサーなどを用いてドライバーが事故を起こさぬようサポートしてくれます。

レーダーで事故予防
レーダーで事故予防

それに比べると自転車って"無防備"状態だと思いませんか?

自転車で颯爽と走っていると、後方から車両が近づいてきても気づかないことがあります。

そして突然横から車が現れてビックリ!なんてことも・・

ロードバイクとトラック
後ろの車両に気づかないことも・・

クルマと同様に自転車にも安全装備が付いていたら、もっと安心して走れるのに・・

もし自転車で事故ったら大ケガするよね・・

何か対策すべきだよなぁ。

そこで本記事ではガーミン(GARMIN)から出ているサイクリング用レーダーを特集したいと思います。

自転車事故が増えている今だからこそ、ぜひ注目したいアイテムですよ!

スポンサーリンク

ガーミン「Varia」シリーズ

アウトドアスポーツがお好きな人なら、きっとガーミン(GARMIN)というブランドをご存知でしょう。

そのガーミンから「Varia」シリーズという自転車用のアイテムがリリースされています。

「Varia」シリーズの3モデル
「Varia」シリーズの3モデル

コレって何なの?

簡単に言うと「自転車用のレーダー」です。

後方にミリ波レーダーを飛ばし、近づいてくる車両を検知してくれますよ。

各モデルの主な特徴は次のとおりです。

モデル名主な特徴
RVR315Variaシリーズ中で最もベーシックかつ廉価なレーダーです。
後方140m以内の車両を検知して通知する機能を持っています。
RTL515(後方車両検知機能に加えて)
テールライトを内蔵し、近づく後方車両に発光パターンで存在を伝えます。
RCT715(後方車両検知機能に加えて)
内蔵カメラで後方から近づく車両を録画し、万が一の事故に備えます。
Variaシリーズの主な特徴
スポンサーリンク

「Varia」の使い方

取り付け箇所

自転車のシートポストに「Varia」を取り付けましょう。

シートポストの形に応じたマウントキットが付属されていますので、しっかりと固定してください。

Variaの取付位置
Variaをシートポストに取付

ここから後方にミリ波レーダーを飛ばし、近づいてくる車両を検知するのです。

後方車両の確認方法

後方から車両が近づいてきたとして・・

私はどうやって確認できるんですか?

スマホを使うんです。

「Varia」が検知した後方車両の動きは、スマホアプリ「Varia App」で確認することができます。

こちらを事前にインストールしておいてください。

https://www.garmin.co.jp/products/apps/varia-app/

「Varia App」は140m後方から近づいてくる車両をビジュアルと音で通知してくれます。

「Varia App」による後方車両の通知
「Varia App」の画面

画面構成がシンプルで分かりやすい!

これなら車の動きが瞬時に確認できそう。

あとはスマホを自転車のハンドルに固定するだけです。

スマホをハンドルに取り付け
スマホをハンドルに取り付け

ちなみにスマホをポケットに入れておいても、音とバイブレーションで車両の接近を知ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

自転車事故の多くは「後方からの追突」と言われていますので、その対策としてガーミンの「Varia」シリーズは最適なアイテムです。

手元のスマホで後方車両の動きが確認できるので安心して走れるでしょう!

自転車業界でもこの手のアイテムが今後どんどん増えていきそうな予感がしますね。