本ページはプロモーションが含まれています。

バックカメラの経年劣化で映像が不鮮明に!レンズ表面の研磨で修理できるか?

耐水ペーパーとコンパウンドを使ったDIY修理法を紹介! ホビー
耐水ペーパーとコンパウンドを使ったDIY修理法を紹介!

車をバックさせようとしてギアを「R」に入れ、ナビのモニターに目をやると・・

後方の映像がボヤけてよく見えない・・

車を購入して5年以上経ったあたりから、こんなバックカメラの不調を経験することがあります。

バックカメラの映像

これじゃぁ 怖くてバックできないわ・・

単にカメラのレンズ表面が汚れているだけかもしれませんので、一度タオルで拭いてみましょう。

それで直ればいいのですが、もしカメラ自体に問題があるのならちょっと厄介です。

車屋さんに相談してみることをオススメしますが、バックカメラの交換を提案されるかもしれません。

それはカメラが古くなったからでしょうね。

新品に交換すると良くなりますよ!

交換費用は◯万円です。

バックカメラってそんなに高いの!?

(メーカー純正のカメラの場合、か・な・り・高額になることもあります!!)

ここで新品交換しようか迷っているみなさん、まずは本記事に目を通してください。

一口に「カメラの経年劣化」といっても、次の2パターンが考えられます。

  • カメラ内部の機械が故障している。
  • カメラのレンズ(カバー)が傷だらけになっている。

もしあなたに起こっているのが後者のパターンなら、レンズ(カバー)を研磨すればカメラ映像がキレイになるかもしれません

以降では研磨作業で使用するアイテムと作業の流れを紹介したいと思います。

どうせダメ元だし。

自分でレンズを磨いてみるかぁー。

研磨作業によってカメラの状態が悪化する可能性もあります。

あくまで自己責任でということをご理解ください。

スポンサーリンク

研磨作業で使用するアイテム

研磨で使うアイテムの1つ目が「耐水ペーパー」です。

最初の工程ではバックカメラのレンズ(カバー)を耐水ペーパーでゴシゴシと磨いていきます。

耐水ペーパー
耐水ペーパー

今回は「1500番」「2000番」の2種類の耐水ペーパーを用意しました。

この番号は表面の目の粗さを示しており、番号が大きくなるほど目が細かくなります。

2つめのアイテムが「液体コンパウンド」で、(上の)耐水ペーパーでの研磨後にこちらを使います。

液体コンパウンド(トライアルセット)
液体コンパウンド(3種類セット)

今回は「傷消し用3000番」「仕上げ用7500番」「超鏡面用9800番」がセットになった製品を用意しました。

こちらの番号は粒子の細かさを示し、番号が大きくなるほど粒子は細かくなります。

スポンサーリンク

前準備(マスキング)

研磨作業に入る前に、バックカメラ周辺に傷が付かないようマスキングテープで保護しておくことをオススメします。

バックカメラ周辺をマスキング
バックカメラ周辺をマスキング

今回の研磨作業では誤ってボディに傷を付けてしまうリスクがあります。

そうならないようにガードしておきましょう!

スポンサーリンク

研磨作業の流れ

よし準備は完了ー。

がんばって磨くゾ!

① 1500番の耐水ペーパーで磨く

まず最初は1500番の耐水ペーパーを使って研磨します。

耐水ペーパー【1500番】
耐水ペーパー【1500番】

バックカメラ部分に水をかけながら耐水ペーパーでゴシゴシと磨きましょう。

ただひたすら研磨しつづけて傷を落としていきます。

バックカメラを研磨
バックカメラを研磨

② 2000番の耐水ペーパーで磨く

つづいて2000番の耐水ペーパーを使います。

耐水ペーパー【2000番】
耐水ペーパー【2000番】

先ほどと同様にヘッドライトに水をかけながらペーパーで磨きつづけます。

1500番では落とせなかあった細かな傷を(より目が細かい)2000番で磨き落としていくイメージです。

腕が疲れてもひたすら磨きつづけましょう。

キレイにするためです。

③ 3000番の液体コンパウンドで磨く

耐水ペーパーでの研磨が終わったら、次の工程では液体コンパウンドを使います。

コンパウンドは耐水ペーパーに比べてより粒子が細かいため、表面の細かな傷を落としてより滑らかにすることができます。

さっそく3000番のコンパウンドから始めましょう。

液体コンパウンド【傷消し用3000番】
液体コンパウンド【傷消し用3000番】

適量の液体をスポンジに付けてバックカメラを磨いてください。

表面がスベスベになるのをイメージして・・

繰り返し磨きます・・

④ 7500番の液体コンパウンドで磨く

つづいては7500番のコンパウンドを使って磨きます。

こちらは3000番よりも粒子がさらに細かくなります。

液体コンパウンド【仕上げ用7500番】
液体コンパウンド【仕上げ用7500番】

ここまで磨きつづけて腕がパンパンですよね・・

でもあとちょっと!

⑤ 9800番の液体コンパウンドで磨く

最後は9800番のコンパウンドを使います。

かなり粒子が細いコンパウンドで、こちらで研磨するとカメラ表面がツルツルになるはずです。

液体コンパウンド【超鏡面用9800番】
液体コンパウンド【超鏡面用9800番】

研磨後のカメラ映像を確認

研磨が終わったらさっそくバックカメラの映像を確認してみましょう。

バックカメラの映像
バックカメラの映像

おおー、クッキリと映るようになったじゃん!

がんばって良かったー♪

もし満足できない場合、再度研磨するのもアリです。

最初の工程に戻って耐水ペーパーでの研磨からやり直しましょう。

いくら磨いてもカメラ映像がキレイにならない場合もあります。

もし原因となる傷(劣化)がカメラの内側にある場合、今回のようにカメラ表面を何度磨いても無意味です。

また カメラ内部の機械そのものが故障している場合もあるかもしれません。

今回の作業でどうしても解決しないときはバックカメラの交換も視野に入れる必要があります。

絶対にキレイになるとは限らないんですね。

それを前提に作業するかを決めなきゃ。

まとめ

バックカメラの映像がボヤけるようになったとき、新品交換する前に自分でできる作業として「レンズの研磨作業」を紹介しました。

カメラ表面に傷(劣化)がある場合に限られますが、耐水ペーパーやコンパウンドで研磨することで映像の改善が期待できるでしょう。

気になる方は一度お試しください。

※ただし研磨作業は自己責任でお願いいたします。