耐水ペーパーとコンパウンドでヘッドライトのクラックを磨き落とす!

Restore Headlightsライフ

前回は「虫除けスプレー」という"離れ業"で車のヘッドライト補修を試みるものの、みごと失敗に終わりました。(涙)

残念ながら愛車のゴルフでは効果がありませんでした・・

ライトの「くすみ」の正体は「クラック」だったんですね。

欧州車の多くは、ライト表面のハードコートが経年劣化すると「ひび割れ」を起こすんです。

原因が分かればソレを取り除くだけ!

ということで今回はいくつかの研磨用品を使い、ヘッドライト表面にできた無数のクラックを磨き落としていきます

今回は手間を惜しまず、こつこつとキレイにするぞ!

この記事では研磨の手順を紹介し、各工程ごとにヘッドライトの状態がどう変化していくのかをご覧にいれます。

「輸入車のライトが汚い」「DIYでクラックを落としたいけど方法が分からない」「・・いまいち自信がなくて作業に踏み込めない」

そんな悩みを持つ人たちの助けになれば幸いです。

クラックを磨き落とすためにどんな研磨用品を使い、各々どんな効果をもたらすのか?

スポンサーリンク

今回使用する研磨用品

今回の作業にあたり、用意したものを紹介します。

まずは「耐水ペーパー」、いわゆる水研ぎ用のサンドペーパーが必要です。

最初の工程ではヘッドライトに水を流しつつ、このペーパーで表面をごしごしと磨きます。

私が作業した際は「400番」「800番」「1000番」「1500番」「2000番」の耐水ペーパーを使いました。

番号はペーパー表面の「目の粗さ」を示し、小さな番号ほど目が粗く、番号が大きくなるにつれて細かくなっていきます。

耐水ペーパー
耐水ペーパー

次に「液体コンパウンド」

耐水ペーパーで研磨した後はこちらを使用します。

私は「傷消し用3000番」「仕上げ用7500番」「超鏡面用9800番」がセットになったものを用意しました。

こちらの番号は粒子の細かさを示し、番号が大きくなるにつれて粒子が細かくなっていきます。

液体コンパウンド(トライアルセット)
液体コンパウンド(トライアルセット)

そして「コーティングシート」も用意しました。

研磨後のヘッドライトを保護するためコーティングを施します。

コーティングシート
コーティングシート
スポンサーリンク

研磨前のヘッドライトの状態

これから研磨作業に入るわけですが、その前にヘッドライトの状態を見ておきましょう。

ヘッドライト全体が白く"くすんで"おり、目を近づけると表面には無数のクラック(=ひび割れ)が見えます。

ゴルフ7のヘッドライト【Before】
ゴルフ7のヘッドライト【Before】

見た目的にもよくないし、夜間の明るさも弱くなってそう・・

これから研磨してどれだけキレイになるかな?

スポンサーリンク

まずは耐水ペーパーで磨こう

最初はヘッドライトをひたすら耐水ペーパーで磨きましょう。

目の粗いペーパーから始めて、徐々に目の細かいペーパーへと作業を進めます。

400番

まずは今回の耐水ペーパーの中で最も目の粗い400番から始めます。

耐水ペーパー【400番】
耐水ペーパー【400番】

ヘッドライト周りをマスキングテープで保護した後、水を流しながら耐水ペーパーでひたすら磨くという作業を行います。

とにかく細部まで念入りに、腕が疲れても何度も何度も研磨することが大切です。

こすりつづけると表面が削れ落ち、白く濁った水が垂れてくるはずです。

それをまた水で流しつつ、ひたすら磨きつづけましょう。

マスキングテープを貼ってから研磨開始
マスキングテープを貼ってから研磨開始

地味にキツい作業です・・

ひたすら磨きつづけて腕が疲れたのではないでしょうか?

ではここで400番で研磨した後のヘッドライトの状態を見てみましょう。

ゴルフのヘッドライト【400番の耐水ペーパーで磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【400番の耐水ペーパーで磨いた後】

目の粗いペーパーで削ったため、以前よりも表面がさらに白くなってしまいましたよね。

「ヤバい、失敗したかも・・」と不安になるかもしれませんが大丈夫です!

次のステップに進みましょう。

800番

800番耐水ペーパーを使った研磨作業に移ります。

先ほどよりも少しだけペーパーの目が細かくなります。

耐水ペーパー【800番】
耐水ペーパー【800番】

ここでも同じ作業の繰り返しになりますが、ヘッドライトに水をかけながら磨きつづけてください。

400番でついた傷を、この800番で磨き落としていくイメージです。

そして研磨後の状態がこちらになります。

ゴルフのヘッドライト【800番の耐水ペーパーで磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【800番の耐水ペーパーで磨いた後】

1000番

つづいて1000番耐水ペーパーを使って磨きましょう。

耐水ペーパー【1000番】
耐水ペーパー【1000番】

1000番で研磨した後の状態がこちらになります。

ライト表面はまだまだ白く濁った状態ですね。

ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー1000番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー1000番で磨いた後】

1500番

次は1500番耐水ペーパーで研磨します。

モチベーション的にもそろそろ何かしらの変化が欲しいところですよね。

耐水ペーパー【1500番】
耐水ペーパー【1500番】

1500番で研磨した後は、ほんの少しだけヘッドライトの透明度が上がったように見えます。

実際のところ表面の傷はまちがいなく細かくなってきてるはずです。

ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー1500番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー1500番で磨いた後】

2000番

そして2000番耐水ペーパーです。

耐水ペーパー【2000番】
耐水ペーパー【2000番】

ここまで作業してきて「本当にキレイになるのか?」と半信半疑でしょうが(私もそうでした)、頑張って磨きつづけてください。

腕がパンパンになってるけど、つづけなきゃ!

2000番で研磨した後の状態がこちらです。

まだまだ透明度は十分ではありませんが、耐水ペーパーを使った研磨はここまでになります。

ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー2000番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【耐水ペーパー2000番で磨いた後】

つづいて液体コンパウンドで磨こう

ここからは液体コンパウンドを使った工程に移ります。

大変でしょうが頑張りましょう!

傷消し用3000番

まずは傷消し用3000番液体コンパウンドを使います。

コンパウンドとしては粒子が粗いものですが、耐水ペーパーに比べたら細かいはずです。

液体コンパウンド【傷消し用3000番】
液体コンパウンド【傷消し用3000番】

付属のスポンジに液体を出し、ヘッドライトをくまなく磨いていきましょう。

細部まで丁寧に・・気になる部分はしっかりと・・

そして最後にタオルで拭き取ってください。

タオルで拭く

傷消し用3000番の液体コンパウンドで研磨すると、ヘッドライトは下の写真のようになりました。

一気に透明度が上がったように思えます。

次のステップに期待が持てますね。

ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド傷消し用3000番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド傷消し用3000番で磨いた後】

ここにきてようやくホッとした気分になりました。

次の工程も頑張るゾ!

仕上げ用7500番

つづいて使用する液体コンパウンド仕上げ用7500番です。

粒子がさらに細かくなるため、研磨した後の状態を見るのが楽しみです。

液体コンパウンド【仕上げ用7500番】
液体コンパウンド【仕上げ用7500番】

仕上げ用7500番で研磨した後の状態がこちらです。

だいぶ透明に近づいてきたので嬉しくなりますね。

ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド仕上げ用7500番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド仕上げ用7500番で磨いた後】

超鏡面用9800番

そして最後に使うのが超鏡面用9800番液体コンパウンドです。

こちらの工程も手を抜かず、しっかり研磨しましょう。

液体コンパウンド【超鏡面用9800番】
液体コンパウンド【超鏡面用9800番】

すべての研磨作業が終わり、十分満足できる透明度が蘇りました!

いい感じに仕上がったと思います。

ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド超鏡面用9800番で磨いた後】
ゴルフのヘッドライト【液体コンパウンド超鏡面用9800番で磨いた後】

DIYでここまでできれば大満足です!!

最後はコーティングしよう

ここまでの研磨作業により、ヘッドライト表面のコーティングは完全に削り落とされた状態です。

もし今後の傷や変色が気になるようなら、最後の"シメ"としてコーティングしておくとよいでしょう。

ヘッドライト・コーティング
ヘッドライト・コーティング

ウェットティッシュみたいなシートでヘッドライトを軽く拭くだけです。

表面が乾いたら二度塗りし、それで終了です。

これですべての工程が終わりです。

おつかれさまでした!

まとめ

ゴルフなどの欧州車の多くは、ヘッドライトが経年劣化すると無数のクラック(=ひび割れ)が発生します。

これは見た目的にも悪いですし、夜間のライトが暗くなるなど機能的にもよくないですよね。

今回は耐水ペーパーと(液体)コンパウンドで研磨しましたが、ご覧いただいたように結構手間のかかる作業です。

しかし工程が進むにつれて明らかにキレイになっていきますので、DIYでやってみる価値はあるでしょう。

自己責任とはなりますが、よかったらお試しください。