クロスバイクのおすすめカスタマイズ3選!ブルホーン化は効果も絶大!

ブルホーンライフ

ママチャリしか乗ってこなかった私が(昨今の自転車ブームもあり)"もっとスピードが出る自転車で楽しみたい!"と思い立ち、購入したのがクロスバイクです。

ロードバイクを買おうか迷ったのですが、最初はクロスバイクから始めることにしました。

しばらくクロスバイクに乗ってみて飽きることなく長く楽しめそうなら、いずれロードバイクに移行しようと考えたわけです。

飽きるどころか自転車の魅力にハマってしまったわけですが。(笑)

自分の脚で走るのって楽しいー♪

しばらく乗りつづけていると次は愛車のクロスバイクを自分流にカスタマイズしたくなってきます。

もっと格好良くしたい、個性を出したい!」「もっと乗りやすくしたい!

そう考えるのはみなさん同じはず。

この記事ではクロスバイクのカスタマイズを3つ提案します。

自分でも簡単にできるカスタマイズですが、見た目も機能性も大きく向上しますのでオススメですよ!

簡単なクロスバイクのプチカスタマイズを3つ紹介

スポンサーリンク

クロスバイクのカスタマイズ3選

最初は基本的な「ハンドル」「サドル」「ペダル」の3つをカスタマイズしてみましょう。

自分の体重を支える3箇所でもありますし、自転車に力を伝える大事な部分でもありますので、カスタムすることで性能や快適性は向上します。

そして部品を交換するからにはカラーや形でも個性を出したいですよね。

クロスバイクのカスタム3点

今回提案するカスタマイズでは、特にハンドル部分のイメージが一新します。

クロスバイク特有のバーハンドル(真っすぐな棒状のハンドル)からブルホーンハンドル(牛の角のような形のハンドル)への交換です。

部品交換により運転姿勢まで変わり、思った以上の乗り心地の変化を体感できるでしょう。

スポンサーリンク

カスタマイズ例を紹介

私の愛車であるキャノンデールのクロスバイク「QUICK 4」のカスタム例をお見せします。

Before/After

カスタム前の"どノーマル"な状態がこれです。

キャノンデールQUICK4

「ハンドル」「サドル」「ペダル」を交換して下のようになりました。

自転車のイメージそのものが大きく変わったと思うのですがどうでしょう?

キャノンデールQUICK4カスタム

これより各箇所の詳細を見ていきます。

ハンドルのブルホーン化

クロスバイクにはもともと"真っすぐな棒状の"ハンドルが付いていますが、個人的にはこれが不満でした。

ハンドル幅が広すぎて腕を開いたような体勢になり、スピードを出しにくからです。

そこで思い切ってハンドルを「ブルホーン化」したのです。

ブルホーンハンドル

このカスタマイズに必要なパーツは、まず「ブルホーンバー」。

牛の角のような形をしたハンドルですね。

(クランプ径は25.4mmのものをチョイスしました。)

そして「ハンドルシム」。

もともとのハンドルのクランプ径は3.18mmでしたので、そのままでは上のブルホーンバー(こちらは25.4mm)は固定できません。

そこで「25.4mm → 31.8mm」に変換するシムを噛ませるのです。

バーテープ」も用意する必要があります。

ブルホーンバーの両端にグルグル巻いて、ハンドルを持ちやすくします。

(私は車体のイメージに合わせてグリーンのテープを選びました。)

ブルホーン化のメリットとしては、交換後は前のめりの運転姿勢になるためスピードを出しやすくなること。

そして、手を置く場所や角度を変えられるので、疲れの軽減にも役立つことですね。

すごくオススメです!

サドル交換

自転車に乗っていてお尻や股間が痛くなったりしませんか?

もし痛くなるようでしたらサドルの位置・高さ・角度があなたの身体に合ってないのかもしれません。

どう調整してもダメならサドルを交換してみましょう。

形が変わることでお尻の形にうまくフィットするかもしれませんし、カラーを変えれば自転車のイメチェンもできます。

サドル

ペダル交換

純正ペダルはゴム製の安っぽいものが付いていました。

走っていても靴底がスベるような気がしてたのですが、金属製のペダルに交換することで力がしっかり伝わるようになりましたよ。

大切なパーツですよね。

スポンサーリンク

まとめ

クロスバイクのお持ちで、カスタマイズに興味のある方は「ハンドル」「サドル」「ペダル」を交換してみることをおすすめします。

自転車のイメージが大きく変わるのはもちろん、性能も向上してとても乗りやすくなりますよ。

特に"ハンドルのブルホーン化"は思った以上に効果があったので、個人的にはぜひ試していただいきたいですね。

大切な愛車をこまめにカスタムして、長く使いつづけましょう!