本ページはプロモーションが含まれています。

【剥がせるスプレー】車のパーツをブラック塗装!失敗してもやり直しが効く!

DIYでプチカスタム!フロントグリルのブラックアウト化! ホビー
DIYでプチカスタム!フロントグリルのブラックアウト化!

「愛車をイメチェンしたい!」と思ったとき、DIYで簡単にできるカスタマイズにはどんなものがあるでしょうか?

自動車
愛車をカスタマイズしたい♪

今回はわりと手軽なカスタマイズの1つとして、「メッキパーツのブラックアウト化」を紹介します。

フロントグリルやエンブレムやウィンドウモールなど、シルバー塗装された部分を黒く塗り替えるというカスタムで、クルマ全体の雰囲気を引き締めることができますよ。

自分も試してみたいけど・・

塗装に失敗したときのことを考えると怖いなぁ・・

一度塗装してしまうと後戻りができないということで躊躇してしまう人もいるでしょう。

そこで今回の作業では「(塗装を)剥がせるスプレー」を使ってみようと思います。

もし失敗しても後で塗料を剥がせるってこと!?

そんなスプレーがあるの?

スポンサーリンク

塗装を剥がせるスプレー

今回ご紹介するのは「ラバーペイント ZEQUE」という製品です。

吹きかけると表面に液体ゴムが塗装されるのですが、乾いた後なら剥がすがすことができるという驚くべき特徴を持っています。

ラバーペイント「ZEQUE」
ラバーペイント「ZEQUE」

もし塗装が気にくわなければ剥がしちゃえばいいんです。

やり直しがきくわけですね。

これなら失敗を恐れずにブラック塗装できますね。

こんなスプレーが欲しかったんだよー!

さっそくこのスプレーを使って車のフロントグリルをブラックアウト塗装してみましょう。

塗装したくない箇所を保護するため、マスキングテープや新聞紙も用意しておいてください。

マスキングテープ
マスキングテープ
スポンサーリンク

塗装の前準備

写真のように(矢印の箇所)この車のフロントグリルには部分的にメッキパーツが使われています。

ここをブラックアウト化し、フロントの表情を引き締めようというのが今回の狙いです。

フロントグリル(塗装前)
フロントグリル(塗装前)

周辺にはヘッドライトやエンブレムもあり、このままではキレイに塗装するのは困難です。

塗装対象のメッキパーツ
塗装対象のメッキパーツ

ここで活躍するのがマスキングテープです。

塗装の境目にテープを貼って保護します。

マスキングテープで保護
マスキングテープで保護

さらに新聞紙やビニール等を使って、塗装したくない面をしっかり覆っておきましょう。

ビニールや新聞紙で保護
ビニールや新聞紙で保護

もう1つ大切なことがあります。

塗装面の汚れや油分・水分はあらかじめ落としておきましょう。

この作業を怠ると塗装が簡単に落ちてしまうことも・・

スポンサーリンク

塗装作業(ブラックアウト化)

塗装は3〜4回ほど重ねていきます。

これにより塗料の膜が厚く丈夫になるとともに、いざというときには剥がしやすくなります。

1回目の塗装

塗装対象であるグリルのパーツは横長なので、スプレーは横方向に噴射しましょう。

このときノズル部分は横向きにしておいてください。

(縦方向に噴射する場合はノズルを縦向きに回転させます。)

スプレーのノズル部分
スプレーのノズル部分

15〜30cmほど離れた位置からスプレーします。

塗装(1回目)
塗装(1回目)

1回目の塗装では厚塗りしないようにしてください!

全体的に薄くスプレーすればOKです。

2回目以降〜の塗装

塗装後すぐに重ね塗りするのではなく、5〜10分ほど乾燥させてから次の作業に移りましょう

あわてちゃダメ!

塗装面をしっかり乾燥させることが大事です。

乾燥したら再度スプレーしてください。

この「塗装→乾燥→塗装→乾燥・・」の工程を3〜4回ほど繰り返し、塗装の膜を厚くしていきます。

塗装(2回目以降)
塗装(2回目以降)

塗装を繰り返すことで、より丈夫になっていきます。

マスキングテープを取る

塗装が終わったらマスキングテープやビニール・新聞紙を取り除きましょう。

フロントグリル(塗装後)
フロントグリル(塗装後)

このときマスキングテープと一緒に塗装まで剥がれることがあるので注意してください

カッターで境目に切れ目を入れておくことをオススメします。

カッター
カッター

これでブラックアウト化は終了です。

塗装前後を比べてみるとフロントの印象がけっこう変わったと思いませんか?

グリル塗装のビフォー・アフター
グリル塗装のビフォー・アフター

フロントの表情が引き締まったよねー。

このスプレーで塗装してヨカッタ♪

まとめ

今回紹介したスプレーは「失敗しても剥がせる」のが最大の注目ポイントです。

これなら失敗を恐れず、気軽にブラックアウト塗装を試せるのではないでしょうか。

カスタマイズ効果も絶大で、車の印象がけっこう変わるのでオススメですよ!

ちなみに塗装の耐久性は3〜6ヶ月とのことですので随時補修しておきましょう。