本ページはプロモーションが含まれています。

MOBO Keyboard2 は日本語配列!理想の折りたたみキーボードを見つけた!

iPadと併用するBluetoothキーボードをお探しなら! ガジェット/Web
iPadと併用するBluetoothキーボードをお探しなら!

使い慣れたiPadでも「長文入力」するのはかなり大変・・

ソフトキーボードでタイピングするなんて億劫になってしまいます。

そんなときに重宝するのが折りたたみ式のモバイルキーボードです。

普段はカバンに入れておき、必要なときだけBluetooth接続すれば快適な入力環境が手に入りますから。

タブレットをキーボード操作する人
モバイルキーボードを接続して快適入力♪

ただ問題が1つあって、日本語配列のモデルが欲しいと思っても選択肢が少なすぎるのです。

気になる方はアマゾンや楽天などで検索してみてください。

使い慣れた日本語配列のキーボードが欲しいんだけど・・

全然見つからないよ。(涙)

そんなあなたに向けて今回紹介するのが「MOBO Keyboard 2」という製品です。

数少ない日本語配列のモデルですよ!

しかも細部にまでこだわった構造で、"理想のモバイルキーボード"と呼べるかもしれません。

MOBO Keyboard2のパッケージ
MOBO Keyboard2のパッケージ
スポンサーリンク

「MOBO Keyboard 2」ってどんな製品?

このキーボードの特徴を見ていきましょう。

折りたたみ機構

こちらが「MOBO Keyboard 2」(ブラック)です。

カラーバリエーションとして「ホワイト」のモデルも存在します。

MOBO Keyboard 2
(折りたたんだ状態)
MOBO Keyboard 2(折りたたんだ状態)

上のように折りたたんだ状態で 横幅は166mm、縦は120mmです。

"観音開き"構造になっており、キーボード使用時は両側に広げます。

開閉に連動して電源がON/OFFされるため電源スイッチはありません。

MOBO Keyboard 2を開く様子
MOBO Keyboard 2を開く様子

キーボードが絶妙に折れ曲がる構造は必見です!

MOBO Keyboard 2の折りたたみ部分
MOBO Keyboard 2の折りたたみ部分

凝ったギミックですよねー。

スゴイっ♪

キートップ

キーボードを開いた状態では横幅が「291mm」になります。

キーピッチは19mmで、1つ1つのキーサイズや配置に違和感はないためタイプミスも少ないでしょう。

MOBO Keyboard 2(開いた状態)
MOBO Keyboard 2(開いた状態)

「日本語配列」といえばやっぱりこの大きなEnterキーが特徴ですよね。

これなら会社や自宅で使っているキーボードと同じような感覚で入力ができます。

MOBO Keyboard 2のEnterキー
MOBO Keyboard 2のEnterキー

キーボードの両端(裏)には「たわみ防止用のスタンド」が付いていて、これを起こせばタイプ時のガタつきを防止できます。

細かい使いやすさまでしっかり考えられていて好感が持てますね。

MOBO Keyboard 2のスタンド
MOBO Keyboard 2のスタンド

サイズ比較

下のように「MacBook Air」と並べてみると、ほぼ同じ大きさであることが分かるでしょう。

タイピング時に窮屈さを感じることなどありません。

MOBO Keyboard 2とMacBook Air
MOBO Keyboard 2とMacBook Air

充電

本体にはリチウム電池(210mAh)が内蔵されており、4時間の充電で最大84時間の使用が可能です。

充電用としてUSB-C端子が装備されています。

USB-Cコネクタ
USB-Cコネクタ

この手のキーボードの多くが今だにmicro-USBを使っていたりします。

やっぱりUSB-Cの方が嬉しいですよね。

スポンサーリンク

付属品

「MOBO Keyboard 2」には専用ケースが付属しています。

このケースにもギミックがあって、変形させるとタブレットやスマホのスタンドになるんです。

キーボードケース兼スマホスタンド
キーボードケース兼スマホスタンド

一見すると便利そうなのですが・・ケース単体の重量が172gもあるのがネックです。

「MOBO Keyboard 2」本体は286gなので、ケース込みだとかなり重くなってしまいます。

荷物を軽くするため、このケースを使ってないユーザーも多いですね。

あとは取扱説明書と充電用のUSB-Cケーブルが付属しています。

取扱説明書とUSB-Cケーブル
取扱説明書とUSB-Cケーブル
スポンサーリンク

Bluetoothで接続

各種機器との接続

「MOBO Keyboard 2」は「Bluetooth 5.1」に対応しており、安定した通信と消費電力の低さを実現してます。

2台の機器にペアリングすることができ、キー操作で接続先を随時切り替えることが可能です。

マルチペアリング
マルチペアリング

もちろんiPadだけでなくWindowsパソコンやMac、そしてスマホにも接続できますよ。

iPadではUSキーボードとして認識される?

以前の iPad OS では(Apple純正キーボード以外の)日本語配列キーボードを接続した場合、「USBキーボード」として認識されました。

そのため(一部の記号など)キー表記とは異なるキーが入力されるという問題があったのです。

しかし iPad OS 16.1 からは日本語配列のキーボードが正式サポートされており、この問題は解決されています。

MOBO Keyboard 2とiPad
MOBO Keyboard 2とiPad

僕のiPad OS は16.1にアップグレードしてないんだけど・・

問題なく使えるかな?

もしあなたが iPad OS 16.1 以前のOSをお使いの場合でも大丈夫です。

「MOBO Keyboard 2」のキートップをよく見ると USキーボード認識時の記号も併記されていますので、そちらを頼りに入力するとよいでしょう。

タイプ時には赤枠で囲った記号がiPad側に入力されることになります。

US配列用の表記
US配列用の表記

とても単純な対策ではありますが・・

「入力したいキーが見つからない」という事態は避けられるでしょう。

まとめ

「折りたたみ式」かつ「日本語配列」のキーボードの選択肢はかなり少ないですが、今回ご紹介した「MOBO Keyboard 2」はトップクラスに使いやすいものといえるでしょう。

キーピッチが広い上にキー配置も自然で、通常のノートPCと変わりない打鍵感を実現しています。

各種OSに対応しているのはもちろん、Bluetooth 5.1による長時間動作も魅力です。

これをカバンに入れておけば、いざという時でも快適な入力環境が手に入りますよ!