【MOBO Keyboard2】日本語配列の折りたたみキーボードはコレ一択!?

使いやすいモバイルキーボードの決定版!ガジェット
使いやすいモバイルキーボードの決定版!

最近はiPadでもある程度の作業をこなせようになったので、わざわざノートPCを持ち歩くことも少なくなりました。

でも長めの文章を書くときだけは・・やっぱり物理キーボードが欲しくなるんですよね。

フリック入力で長文メールを書くのは辛いから・・

そんなときに重宝するのが折りたたみ式のモバイルキーボードです。

カバンからさっと取り出してBluetooth接続すれば、快適な入力環境が手に入ります♪

ただ1つ大きな問題があって、この手の製品は選択肢が本当に少ないのです・・

US配列のキーボードならいくつか種類はあるものの、"日本語配列"のものが欲しいとなるとなかなか見つからないでしょう。

しぶしぶUS配列のキーボードで我慢する人もいるとか。

でも中には「使い慣れた日本語配列のキーボードじゃないと絶対イヤだ!」 という人もいますよね。

そこで本記事では唯一の選択かもしれない「MOBO Keyboard 2」を紹介します。

MOBO Keyboard2の箱
MOBO Keyboard2の箱

普段から私も愛用していますが、これは唯一にして理想的なキーボードかもしれません。

気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「MOBO Keyboard 2」ってどんな製品?

このキーボードの特徴を見ていきましょう。

折りたたみ機構

こちらが「MOBO Keyboard 2」の本体になります。

カラーは「ブラック&グレー」(下)と「シルバー&ホワイト」の2色が用意されています。

MOBO Keyboard 2 (折りたたんだ状態)
MOBO Keyboard 2(折りたたんだ状態)

折りたたんだときの横幅は「166mm」で、とてもコンパクトです。

(ちなみに縦は「120mm」。)

"観音開き"の構造になっており、使用する際は両側に開きます。

開閉と連動して電源がON/OFFになるので電源スイッチはありません。

MOBO Keyboard 2を開く様子
MOBO Keyboard 2を開く様子

キーボードが絶妙に折れ曲がる構造は必見ですよ!

MOBO Keyboard 2の折りたたみ部分
MOBO Keyboard 2の折りたたみ部分

凝ったギミックが楽しいです♪

キートップ

開くと横幅は「291mm」になり、サイズ的には普通のキーボードと変わりません。

キーピッチは「19mm」あるので打鍵感もGoodです!

キー1つ1つのサイズや配置も自然ですし、これならタイプミスも少ないでしょう。

MOBO Keyboard 2(開いた状態)
MOBO Keyboard 2(開いた状態)

すごく打ちやすい♪

「日本語配列」といえばやっぱりこの大きなEnterキーですよね。

普段使っている会社や自宅のキーボードと同じような感覚で使えます。

MOBO Keyboard 2のEnterキー
MOBO Keyboard 2のEnterキー

キーボードの両端(裏)には「たわみ防止用のスタンド」が付いており、立てておけばタイプ時にガタつくこともありません。

細かいところまでしっかり考えられていますね。

MOBO Keyboard 2のスタンド
MOBO Keyboard 2のスタンド

サイズ比較

「MacBook Air」と並べてみると、だいたいのサイズがお分かりいがだけるでしょう。

このくらいのサイズがあればノートPCと同じような感覚でタイピングできるはずです。

MOBO Keyboard 2とMacBook Air
MOBO Keyboard 2とMacBook Air

充電

本体にはリチウム電池(210mAh)が内蔵されており、4時間の充電で最大84時間の使用が可能です。

充電コネクタはUSB-Cタイプのものが装備されています。

USB-Cコネクタ
USB-Cコネクタ

この手の製品って今だにmicro-USBのものも多いんですよね。

USB-Cなのは嬉しいなー。

スポンサーリンク

付属品

「MOBO Keyboard 2」には専用ケースが付属しています。

このケースを変形させるとタブレットやスマホのスタンドとして利用することができるんですよ。

キーボードケース兼スマホスタンド
キーボードケース兼スマホスタンド

たしかに便利そうに見えますが、実はケースの重量が172gもありまして・・

「MOBO Keyboard 2」本体は286gなので、ケースと両方持ち運ぶとなるとそこそこ重く感じちゃいますね。(汗)

なので私は普段ケースは使ってません。

本体をそのままカバンに入れてます。

残りの付属品は取扱説明書と充電用のUSB-Cケーブルです。

取扱説明書とUSB-Cケーブル
取扱説明書とUSB-Cケーブル
スポンサーリンク

Bluetoothで接続

各種機器との接続

「MOBO Keyboard 2」は「Bluetooth 5.1」に対応しており、安定した通信と消費電力の低さを実現してます。

2台の機器まで接続することができ、接続先はキーで随時切り替えます。

マルチペアリング
マルチペアリング

もちろんWindowsパソコンだけでなく、MacやiPad、iPhoneとも接続できます。

ただ一つ注意していただきたいのは、iPadやiPhoneに接続した場合、このキーボードは「USキーボード」として認識されるという点です。

キートップの表記とは異なる記号が入力されることがあります。

これはOS 側の制限なので仕方がありません・・

iPadに接続

では「iPadでの使用時、どの程度不都合を感じるのか?」を検証すべく、試しにペアリングしてみます。

たしかにiPadでは「USBキーボード」として認識されますね。

MOBO Keyboard 2とiPad
MOBO Keyboard 2とiPad

意外だったのは、スペースキー両脇にある「かなキー」「英数キー」で日本語と英数字の切り替えができるようです。

Macユーザーにとっては使い慣れたキーですので、この動作はかなり嬉しいのではないでしょうか。

MOBO Keyboard 2のかな・英数キー
MOBO Keyboard 2のかな・英数キー

(問題となる)キートップの表記と実際の入力が異なる点ですが、実はこのキーボードにはあらかじめ解決策が用意されています。

「MOBO Keyboard 2」のキートップをよく見るとUSキーボードと認識された際の記号がプリントされているので、それを頼りに入力しましょう。

(下写真の)赤枠で囲った記号がiPad側に入力されるはずです。

US配列用の表記
US配列用の表記

単純な対策ではありますが、これなら「入力したいキーが見つからない」という事態は避けられますね。

しばらく使えば慣れるでしょう。

Windows PC に接続

Windowsパソコンとペアリングした場合はキー配置に問題はありません。

PCによってはもともと付いているキーボードよりも入力が快適になることもあったり・・(笑)

MOBO Keyboard 2とGPD MicroPC
MOBO Keyboard 2とGPD MicroPC

まとめ

「折りたたみ式」で「日本語配列」のキーボードを探すとなると選択肢がかなり限定されますが、今回ご紹介した「MOBO Keyboard 2」はトップクラスに使いやすいものといえるでしょう。

キーピッチが広い上にキー配置も自然で、通常のノートPCと変わりない打鍵感を実現しています。

各種OSに対応しているのはもちろん、Bluetooth 5.1による長時間動作も魅力です。

これなら外出先でも安心かつ快適に使えますね。

日本語配列のモバイルキーボードをお探しでしたらこれはオススメですよ!