Gmailへ転送時に「550-5.7.26」エラーが返るならSPFの設定を!

DNSにSPFレコードを設定ガジェット
DNSにSPFレコードを設定

私は自分のドメイン宛に届いたメールをGmail側に転送しているのですが、ある頃から(一部のメールが)転送時にエラーを返されるようになりました。

これまでは何の問題もなく転送されてたのに・・

どうしてエラーになるの?

情報を求めてググってみると、(転送に限らず)「Gmail宛にメールが送れない・・」という現象が頻発しているではありませんか。

Gmailのアドレスにメールしてもエラーになるんだけど・・

すごく困るわ(涙)

どうやらこの現象、2022年3月にGmailのセキュリティが強化されたことが発端のようです。

これによりGmail側が「スパムかも」「その疑いがある」と判断したメールは弾かれるようになりました。

では、私たちはどう対処すればよいのでしょうか?

本記事では「エラーと判断される原因」や、その「解決方法」について解説します。

同様の現象でお困りの方はぜひご覧になってください。

スポンサーリンク

エラーの内容とその原因

エラー内容

Gmailにメール送信したり、別ドメインからのメールを転送すると、以下のようなエラーメッセージが返されることがあります。

550-5.7.26 This message does not have authentication information or fails to 550-5.7.26 pass authentication checks.
To best protect our users from spam, the 550-5.7.26 message has been blocked.

Gmailがエラーを返す原因

Gmailはメールを送ってきた(転送してきた)サーバーの「SPFレコード」をチェックしています。

このときSPFレコードの不備があると、「なりすましメールの可能性がある」と判断し、「550-5.7.26」エラーを返すことがあるのです。

つまりエラーの原因はGmail側ではなく、

私たちのサーバー側にありそう・・ってことですね。

ところで「SPFレコード」ってなんだろう?

スポンサーリンク

SPFレコードとは?

SPF(Sender Policy Framework)とはメールの送信ドメイン認証の仕組みの一つです。

サーバーのDNSのSPFレコードに「送信元サーバーの情報」を書き込むことで、そのメールが正規のサーバーから送信されたものであることを証明します。

ということは、もしSPFレコードが登録されていないと・・

Gmailは「送信ドメインを詐称している」=「なりすましメール」

と判断して受信を拒否する場合があります。

なるほど〜。

さっそくDNSにSPFレコードを設定しなきゃ!

スポンサーリンク

SPFレコードの設定方法

SPFレコードの登録方法はレンタルサーバーによって異なります。

各サポートページの指示に従ってくださいね。

「ロリポップ!」の場合

下記の「お知らせ」ページに「SPFレコード設定」に関する説明が書かれています。

ムームーDNSを利用中の方はSPFレコードの設定をお願いいたします
平素よりロリポップをご利用いただきありがとうございます。昨今、ロリポップのメールサーバーから送信される一部のメールについて、SPFレコードが未設定のため送信エラーとなっているケースが確認されております。つきましては送信エラー回避のため、独自ドメインをご利用のお客様で、ムームーDNSを利用されているお客様は、以下の手順で...read more

「ムームーメール」の場合

下記の「マニュアル」ページに「SPFレコードの設定手順」が書かれています。

Security check

「XSERVER」の場合

下記の「マニュアル」ページに「DNSレコードへのSPF設定」に関する説明が書かれています。

DNSレコードの編集 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーで運用中のドメイン名は、サーバーパネルの「DNSレコード設定」よりDNSレコードを編集することが可能です。当ページでは変更可能なレコードの種類等についてご案内しています。

「さくらインターネット」の場合

下記の「ドメインの設定」ページに「SPFレコードの設定手順」が書かれています。

SPFレコードを設定したい | さくらのサポート情報
さくらのレンタルサーバでは、SPFレコードに対応しています。本マニュアルでは、サーバーに設定しているドメイン毎に「SPFレコードを設定する方法」をご案内いたします。前提条件SPFレコードの設定は、弊社ネームサーバーを利用しているドメインのみ有効です。注意事項本設定を行いますと、ゾ

その他のサーバー

キーワードに「レンタルサーバー名」+「SPF設定」を指定してググってみましょう。

対象のサポートページが見つかるかと思います。

レンタルサーバーのサポートページを検索

【例】ロリポップのSPFレコード設定をしてみよう!

ここでは設定の参考例を1つご紹介します。

ロリポップのSPFレコードを設定してみましょう。

ムームードメインのコントロールにログインし、「ドメイン管理」メニューの「ムームーDNS」を選択します。

ここで対象ドメインの「変更」をクリックしてください。

ムームーDNSのセットアップ情報変更
ムームーDNSのセットアップ情報変更

画面が切り替わったら「カスタム設定」をクリックしましょう。

ムームーDNSのカスタム設定
ムームーDNSのカスタム設定

これから「設定2」の箇所にSPFレコードを追記します。

各項目の設定値は以下のとりです。

サブドメイン(空白)
種別TXT
内容v=spf1 include:_spf.lolipop.jp ~all
SPFレコード設定値

これらすべてを入力したら「セットアップ情報変更」をクリックしてください。

SPFレコードを設定
SPFレコードを設定

これでSPFレコードの設定が終わりました。

登録内容が正しいかを確認しておきましょう。

カスタム設定のセットアップ情報確認
カスタム設定のセットアップ情報確認

まとめ

Gmailにメールを送信(転送)した際に「550-5.7.26」エラーが返ってくるなら、そのメールは「なりすましメール」と判断されたのかもしれません。

メール送信元サーバーのDNSに「SPFレコード」が正しく設定されているかをチェックしましょう。