電卓にある特殊キーの意味を知ってますか?機能を使いこなして計算効率UP!

電卓をマスターしようガジェット

ちょっとした計算ならスマホのアプリで十分ですが、しっかり計算しようと思ったら電卓があると断然便利ですよね。

仕事で頻繁に計算をする方にとってはなおさらですし、FP(ファイナンシャル・プランナー)や簿記の資格を取ろうとしている方にとっても欠かせないアイテムでしょう。

電卓を見せる人

ところでみなさんはどのくらい電卓を使いこなしていますか?

使いこなす?

電卓なんて数字キーと[+] [−] [×] [÷] [=] を使うだけでしょ。

それで計算自体はできますが、電卓にはそれ以外にもいろいろ備わっていますよね。

下の赤枠内にあるキーやレバーの意味を知っていますか?

電卓の特殊キー

ほとんど使ったことないね。

何に使うか想像すらできないものもあるし。

知ればきっと「電卓にはそんな便利な機能があったのかー!」と思うでしょう。

せっかくなのでこれらのキーの機能を覚えてみませんか?

うまく使いこなせば電卓がより便利になりますし、計算効率もアップすることでしょう!

電卓の特殊キーの機能を覚えて、より便利に使いこなそう!

スポンサーリンク

ラウンドセレクター/小数点セレクター

まず最初は液晶画面のすぐ下にある2つのレバーから見ていきましょう。

ラウンドセレクター/小数点セレクター

ラウンドセレクターについて

左側の「F CUT 5/4」と書かれたレバーは「ラウンドセレクター」と呼ばれるもので、小数点以下をどう扱うか指定します。

(小数点以下の「指定桁数」については後述の「小数点セレクター」にて設定します。)

F液晶画面に表示できる限り小数点以下を表示する。
(例)「2÷3」を計算した場合「0.6666666・・」と表示される。
CUT小数点以下の指定桁数より後ろを「切り捨てる」。
(例)「2÷3」を「指定桁数 2」で計算した場合「0.66」と表示される。
UP(機種によってはこの指定がないない場合もあり。)
小数点以下の指定桁数より後ろを「切り上げる」。
(例)「2÷3」を「指定桁数 2」で計算した場合「0.67」と表示される。
5/4小数点以下の指定桁数より後ろを「四捨五入」する。
(例)「2÷3」を「指定桁数 2」で計算した場合「0.67」と表示される。

小数点セレクターについて

右側の「4 3 2 1 0 ADD2」と書かれたレバーは「小数点セレクター」と呼ばれるもので、小数点以下の桁数を指定します。

4 3 2 1 0小数点以下の桁数を指定し、これにより(上記の)ラウンドセレクターが処理される。
ADD2常に小数点以下2桁までを表示するモードで、外貨計算の際に便利。
スポンサーリンク

メモリー

[MC] [MR] [M−] [M+] については、計算結果をメモリー上に記憶させたり、表示/クリアするためのキーになります。

電卓のメモリー

各キーの機能は次のとおりです。

MCメモリーに記憶した値をクリアする。
MRメモリーに記憶した値をリコール(表示)する。
M−計算結果をメモリーから引き算する。
M+計算結果をメモリーに足し算する。

これらのキーを使って次の計算をしてみましょう。

(100 × 4)+(200 × 3)−(50 × 2)= ?

手順キー操作画面に表示される値メモリーに記憶された値
1[MC]00
2100 × 4 [M+]400400
3200 × 3 [M+]6001000
450 × 2 [M−]100900
5[MR]900
(計算結果)
900
スポンサーリンク

GT(グランド・トータル)メモリー

[=] を押すごとに計算結果をメモリーに合計していき、[GT] を押すことで総合計を表示できます。

GT(グランドトータル)メモリー

次の各計算をして、最後に総合計を求めてみましょう。

100 × 4 = ?

200 × 3 = ?

300 × 2 = ?

総合計 = ?

手順キー操作画面に表示される値
1[AC]
(オールクリア)
0
2100 × 4 =400
3200 × 3 =600
4300 × 2 =600
5[GT]1,600
(総合計)

末尾の数字を削除

[▶︎] キーにはパソコンの [BackSpace] キーみたいな機能があります。

これを押すことで入力した数値の末尾を削除することができるのです。

電卓の一桁削除

例えば「123456」と入力するつもりが、ミスして「123457」と入力してしまったとします。

このとき[GT]キーを押すことで、末尾の数字が削除されて「12345」に戻るのです。

ここで改めて「6」を入力しなおせば「123456」と表示されます。

今までは入力ミスしたら最初からやり直してました・・

そんな簡単に訂正できたんですね。

%(パーセント)計算

ある数値の「◯◯%」を知りたいときや、「◯◯%割引き」「◯◯%割増し」を計算したいときに使用します。

%計算

【3,000の「25%」を知りたい場合】

3000 [×] 25 [%] と押すと「750」と計算されます。

【3,000の「25%割引き」を「知りたい場合】

3000 [×] 25 [%] [−] と押すと「2250」と計算されます。

【3,000の「25%割増し」を「知りたい場合】

3000 [×] 25 [%] [+] と押すと「3750」と計算されます。

税込/税抜計算

こちらは「税込金額」や「税抜金額」を知りたいときに使用するキーです。

税込/税抜計算

大前提としてその電卓に正しい「税率」が設定されているかを確認しておきましょう。

確認方法は機種によって異なりますが、こちらの電卓の場合は[AC] + [税込]で表示されます。

(税率の変更方法も機種によって異なります。)

【500円の税込価格を知りたい場合】

「500」と入力して [税込] を押すと「550」と計算され、その後もう一度 [税込] を押すと「50」という税額が返ってきます。

【275円の税抜価格を知りたい場合】

「275」と入力して [税抜] を押すと「250」と計算され、その後もう一度 [税抜] を押すと「25」という税額が返ってきます。

+/ー(サインチェンジ)

値のプラスとマイナスを入れ替えるキーです。

サインチェンジ

例えば「200 − 300 =」を計算すると「100」というマイナス値が表示されますよね。

ここで「+/−」キーを押すと「100」に変わります。

なるほど。

逆に「500 − 200 =」を計算して「300」というプラスの値が出たなら、

「+/−」キーを押すと「300」に変わるということですね。

まとめ

特殊キーが持つ便利な機能を分かっていただけましたでしょうか?

今までは電卓の横に紙を置いて、都度メモを取りながら計算していたことが、実は電卓だけで簡単にできてしまうのです。

各キーの使い方を知っているだけで計算効率のアップにもつながりますよね。

ぜひ活用してみてください。

今回の説明で使用した電卓はカシオの「JK-120V」というモデルです。

そうそう、カシオの電卓には「プレミアム電卓」という高級品があるのをご存知ですか?

電卓に対する「こだわり」もスゴイですが、お値段にもビックリです。