「バッテリーは充電停止中」M1 MacBookが充電できないときの対処法

バッテリートラブル時の対処法を4つご紹介!ガジェット
バッテリートラブル時の対処法を4つご紹介!

「M1 MacBook Air」を購入して約1年半、仕事にプライベートにフル活用してきました。

その後「M1 Pro」「M1 Max」とつづき、先日には「M2」チップを搭載したモデルも出ましたよね!

もちろん新しいMacに興味はあるものの、今の「M1 MacBook Air」の性能には十分満足しており、今後も使いつづける予定です。

円安のせいで価格が上がっちゃいましたが

MacBookは多くの人におすすめできるパソコンです。

さて、先日うちの「MacBook Air」にある異変が起きました。

ずっとACアダプターを接続していたのに、なぜかバッテリーが充電されていないのです。

なんで充電してくれないの?

バッテリーのインジケーター
バッテリーの残量が少ないまま・・

MacBookでは電源まわりの不調がたまに発生するとも聞きますので、同様の経験をされた方もいるかもしれませんね。

このようなトラブルが発生したとき、自分では何ができるでしょうか?

この記事ではトラブルの対処方法をいくつかご紹介します。

「バッテリーは充電停止中」となり、いつまで経っても充電されないときの対処方法

スポンサーリンク

「バッテリーは充電停止中」となる現象が発生

通常 Macの充電を始めると、メニューバーのバッテリーアイコンは「充電中(カミナリ)」に切り替わりますよね。

充電中
充電中

ところが今回は「コンセント」マークが表示され、なぜか「バッテリーは充電停止中」となってしまいます。

バッテリーは充電停止中
バッテリーは充電停止中

その後 バッテリー量がさらに減っていっても、あいかわらず状態は「バッテリーは充電停止中」のままで一向に充電が始まりません。

バッテリーが「0%」になったらどうしよう・・(汗)

なんとか解決しないと。

スポンサーリンク

【対策1】ACアダプターの抜き差し

まず最初に疑うのは「ACアダプターの接続」でしょうか。

MacBookのACアダプター
MacBookのACアダプター

とりあえずACアダプターのコンセントやUSB-Cケーブルを抜き差ししてみましょう。

アップル純正ではないACアダプターやUSB-Cケーブルを使用すると、充電できない現象が発生することもあるようです。

まずは純正品で試してみましょう。

スポンサーリンク

【対策2】「バッテリー充電の最適化」を停止

Mac OSにはバッテリーの寿命を延ばすため、「バッテリー充電の最適化」という機能が備わっています。

もしかしたらこの機能が影響しているのかも・・

とりあえず一旦ストップしてみよう。

「システム環境設定」ー「バッテリー」ー「バッテリー」を選択すると、本機能の項目があるかと思います。

バッテリーの設定
バッテリーの設定

M1チップT2セキュリティチップを搭載したMacの場合、「バッテリー充電の最適化」はデフォルトでONになっているはずです。

このチェックを一旦外し(OFF)、充電が再開されるか試してみてください。

【対策3】SMC(システム管理コントローラ)をリセット

つづいて紹介するのは「SMC(システム管理コントローラ)のリセット」です。

Intelチップが搭載されてるMacの場合は、[option]+[command]+[Shift]+[電源]を同時に10秒押し続けることでSMCをリセットできました。

Intel MacでのSMCリセット
Intel MacでのSMCリセット

しかしM1チップを搭載しているMacではこの方法が使えません!

今までのやり方はダメなんですね。

なら どうやってSMCリセットすればいいんですか?

単にシステムを終了して再起動すればOKです。

その際にメンテナンス処理が走り、SMCがリセットされるようですよ。

えっ、それだけ?

簡単ですね。

ただし確実にSMCがリセットされるよう、システム終了後はMacBookの液晶パネルを閉じ、30秒ほどそのままにしておくとよいでしょう。

30秒ほど経ってから再起動するようにしてください。

Macユーザーの場合、一日の作業が終了してもシャットダウンはせず、スリープ状態にしておく人も多いのではないでしょうか。

その運用に問題はありませんが、時にはこうしてシャットダウンすることでメンテナンス処理を動かすとよいでしょう。

参考メモ

Intel Macを使ったことがある人でしたら「NVRAM/PRAMのリセット」という方法も思いつくかもしれません。

こちらは [option]+[command]+[P]+[R]を同時に押すことで処理されました。

Intel MacでのNVRAM/PRAMリセット
Intel MacでのNVRAM/PRAMリセット

しかし M1 Mac にはこちらの機能もありませんので、この対策は無意味でしょう。

IntelチップからM1チップに移行して

いろいろ変わったんですね。

【対策4】「セーフモード」で起動してみる

ここまで試しても解決しないようなら、次はMacBookをセーフモードで起動してみましょう。

M1 MacIntel Macとでは起動方法が異なりますので注意してください。

ここではM1 Macでの起動方法を紹介します。

Macをシャットダウン後、電源ボタンを長押ししてるとと以下の画面が表示されます。

Macの起動オプション
Macの起動オプション

ここで「Macintosh HD」を選択し「shiftキー」を押すと「セーフモードで続ける」ボタンが表示されるので、こちらをクリックしてください。

セーフモードでMac起動
セーフモードでMac起動

するとMac OSがセーフブートされますので、一旦ログインします。

ログイン後は(そのまま使いつづけるのではなく)またMacBookを再起動してください。

このときメンテナンス処理が実行され、次回からは(セーフモードではなく)通常モードで起動されます。

まとめ

M1 MacBookの魅力の1つが「バッテリーの持ちの良さ」ではないでしょうか。

これを信頼して一日中使っていたわけで、今回のように充電できないというトラブルを抱えたら一大事です!

本記事では私が試した4つの対処法を紹介しましたが、そのいずれかで解決しましたか?

どれを試しても症状が治らないようでしたら、バッテリー自体の故障など深刻な原因も考えられます。

早急に修理に出すことも検討してください。