憧れのメタルカードと新登場のメタルサーフェスカード!金属質感が今後のトレンド?

メタルカードカードや財布
メタルカード

クレジットカードの材質というとプラスチック製が一般的ですが、ハイクラスなカードには金属製のものが用意され、これらは通称「メタルカード」と呼ばれています。

さらに最近は"その中間"ともいえる「メタルサーフェスカード」なるものまで出始めました。

メタルカードってステータスが高いやつでしょ。

「メタルサーフェスカード」って・・??

ひと昔前まではカードの色によってグレードが一目瞭然でしたが、いまは券面デザインが多様化され、"一見ブラックカードっぽいけど実は一般カード"というのも少なくありません。

今後は色やデザインではなく、カードの素材や質感によってステータスを区別するようになるのでしょうか。

スポンサーリンク

憧れのメタルカード

メタルカードといえばアメックスのセンチュリオンやプラチナカード、ラグジュアリーカード、ダイナースプレミアムなどが有名ですよね。

今後はJCBの「THE CLASS」をはじめ、ステータスの高いカードは随時メタル化されていくのかもしれません。

「アメックス・プラチナカード」の券面イメージ
「アメックス・プラチナカード」の券面イメージ

金属特有の鈍い光を放ち、手に持つとズッシリと感じるなど、質感的にもプラスチックカードとは差別化されています。

この"特別感"に憧れる人も多いのではないでしょうか?

年会費は高いけど・・

いつかはこんなカードを所有したいですね!

こんな素敵なメタルカードにも、実際は使いにくい部分があると聞きます。

  • カードリーダー端末によっては読み込めない(故障の原因になるので使用を断られる)。
  • 吸い込みタイプの端末だと出てこないことも・・
  • 店によってはタッチ決済が使えない。
  • やっぱり重いし、財布に入れづらい。

持ったら持ったで、苦労もあるのね。

格好つけるのも大変だわ。(笑)

スポンサーリンク

いいとこ取り(?)のメタルサーフェスカード

最近になって出始めた「メタルサーフェスカード」ってご存知ですか?

メタルサーフェスカードとは?

「メタルサーフェスカード(METAL SURFACE CARD™)」はプラスチックカードの表面に金属蒸着フィルムを熱転写したカードです。

最近テレビCMでもよく耳にする「凸版印刷株式会社」が開発しました。

知ってる知ってる!

「TOPPAN」って言ってるCMですね。

このカードの特徴は次のとおりです。

  • プラスチック製だが表面はメタルカードのような質感
  • プラスチック製であるが故に製造コストがメタルカードより安い
  • 非接触型通信に対応(つまりタッチ決済に対応している)。
  • 券面加工が可能なため、いろんなデザインのカードが作れる。

まさにメタルカードとプラスチックカードの良い点を合わせたようなカードですね。

このカードの登場により、中級クラス以下のカードにも"メタルカードっぽい"デザインが普及してくるような気がします。

メタルサーフェスカードが採用されたカードについて

日本で最初にメタルサーフェスカードが採用されたのは、住信SBIネット銀行が発行する「プラチナデビットカード」です。

住信SBIネット銀行「プラチナデビットカード」の券面
住信SBIネット銀行「プラチナデビットカード」の券面

たしかにメタルカードっぽい輝きがありますね。

マスターカードのロゴも格好いい!

そしてセゾンカードからは2022年の夏に「セゾンゴールドプレミアム」が発行される予定です。

7月の終わり頃に詳細が発表されるはずですので楽しみに待ちましょう。

「セゾンゴールドプレミアム」の券面イメージ
「セゾンゴールドプレミアム」の券面イメージ

この手のカードが今後のトレンドになるかもしれませんね。

メタルサーフェスカードのデメリットは?

"メタルカードっぽい"見た目はしてますが素材はプラスチックですので、ズッシリした重みはありませんし、カードをたたいても金属音はしません。

もしあなたがそれを「ニセモノっぽい」「質感が悪い」と捉えるなら、この点がデメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードのデザインが多種多様化したいま、今度はメタル素材を使うことでステータスを表現するようになったのは面白いですよね。

そしてメタルカードとプラスチックカードの中間を埋めるかのように「メタルサーフェスカード」まで登場しました。

今後もユーザーに喜ばれそうな新しいカードがどんどん出てくる予感がしますね。

進化し続けるカード業界から目が離せません。