dripの「PRESSo(プレッソ)」ミニマル感と革の質感を楽しむミニ財布

dripのミニ財布「PRESSo」カードや財布

スマホだけでお買い物ができるようになり、各種カードがアプリ化されるにつれて、大きく分厚い財布を持ち歩く必要がなくなってきました。

そろそろ「ミニ財布」への移行を考えている人も多いのではないでしょうか。

大きい財布からミニ財布へ

"普段の持ち物をなるべく減らし、本当に必要なものだけを小さな財布に入れよう"と考える人が増えてきています。

しかし財布の機能をミニマル化していくにつれ、今度は「ミニ財布選び」が難しくなってきませんか?

  • ポケットのサイズが小さすぎたり配置に無理があってカードやお金が出し入れしにくい。
  • 機能的には好みだけど、財布そのもののデザインや質感が良くない。
  • 自宅のキーやSIMピンが入るポケットあると嬉しい。

アレでもない・・コレでもない・・と選んでいくうちに、"沼"にハマっちゃう人も多いとか・・

自分にピッタリのミニ財布ってなかなか見つからないんだよね。

そんなあなたにおすすめの財布として、drip(ドリップ)が作る「PRESSo(プレッソ)」をご紹介します。

機能を大胆にミニマル化した財布なので使う人を選ぶかもしれませんが、デザインや質感はとても素晴らしいものですので、ぜひ手に取ってもらいたい製品です。

dripの「PRESSo」ってどんな財布?

メリットやデメリットについて

スポンサーリンク

dripとは、PRESSoとは

株式会社ドリップ(drip)はYouTubeやブログで有名な堀口さんや平岡さんが代表を務める会社で、そのdripが作るミニ財布が「PRESSo」です。

"僕らがほしい、キャッシュレス時代の理想の財布"

というキャッチコピーがPRESSoの特徴を的確に表しているといえるでしょう。

PRESSoの箱

私はこのPRESSoのデザインや機能が気に入って1年半以上前に購入しました。

以来ずっと使いつづけていますが、この革製の財布は"いい感じ"に艶っぽく経年変化してきています。

5つ星を出す人

次の章では、1年半以上使いつづけた感想とともにPRESSoのレビューをお伝えします。

スポンサーリンク

PRESSoのレビュー

PRESSoは革製の三つ折りミニ財布で、サイズはクレジットカードより少し大きい程度しかありません。

熟成レザーを使っているため質感が素晴らしく、使っていくうちに経年変化して「味」が出てきます。

まさに"育てがいのある"財布といえますね。(笑)

(写真のPRESSoは黒っぽく見えますが、実際は「アメリカーノ」という色のモデルです。)

PRESSoメイン

財布の厚みもとても薄く仕上がっています。

PRESSo厚み

財布を左右に開くとこのようになります。

PRESSoオープン

クレジットカード等を入れるポケットは3箇所あります。

上から刺すタイプで、とても取り出しやすいですね。

PRESSoカードポケット

最初のうち革も硬くてポケットが狭いと感じますが、革が馴染んでくると各ポケットに2枚ずつ入れることができるようになります。

合計6枚まで入りますので

  • クレジットカード
  • 銀行のキャッシュカード(デビットカード)
  • 身分証明書(運転免許証、健康保険証)
  • よく使うポイントカード

などを厳選して入れておけば普段使いとしては十分でしょう。

PRESSoカードポケット上から

お札は財布の右側に挟み込む形で収納します。

このときお札を3枚に折りたたむ必要がありますし、容量的にも多くは入りません。

「現金は極力持ち運ばない」ことを前提としている財布と考えた方がよいでしょう。

PRESSoお札

領収書をもらった場合も、この箇所に挟んでおくことになります。

PRESSoレシート

小銭入れは財布の中央部分にあります。

ただしこちらのポケットも容量は小さく、枚数は限られます。

お札の場合と同様、現金の収納はサブ的な機能なのです。

PRESSo小銭

小銭を多く持ち歩く(受け取る)人は、別途コインケースを併用した方がよいかもしれません。

ミニ財布の趣旨からは外れてしまいますが・・

PRESSoとコインケース

ちなみに同じdripが発売する、こんな小さな小銭入れもあります。

小銭入れのポケットをキーケースとして利用する人もいるようです。

SIMピンを入れる用途に使ってもいいでしょう。

PRESSoキー

PRESSoの特徴として、たくさん収納すると最初のうちは(革が硬くて)3つに折りたたみにくいですが・・

PRESSo最初は折りにくい

革が馴染んでくるとピタッと折りたためるようになりますので安心してください。

PRESSo革が馴染むと折れる

PRESSoには使い方に関する説明書が付属します。

革の特性について書かれていますので、しっかり読んでおきましょう。

PRESSo使い方説明書
PRESSoの説明書より

この説明にも書かれていますが、この財布の革は時とともに経年変化していきます。

私自身もその変化が楽しくもあり、この財布の大きな魅力の1つだと考えています。

スポンサーリンク

メリット・デメリット(どんな人向き?)

私がPRESSoを使いつづけてきた経験から、メリット・デメリットについてまとめておきます。

はたしてPRESSoはどんな人に向ているのでしょうか?

メリット
  • とにかくミニマルサイズ、それでいてポケットが機能的に配置されている。
  • 熟成レザーの質感がとてもよく、使いつづけるうちに革の変化を楽しめる。
  • 現金をほとんど使わず、クレジットカードやスマホ決済がメインの人には最適!
スマホ決済する人
デメリット
  • 現金(お札や小銭)を入れるスペースは最小限。
  • 現金決済が多い(環境に住む)人はPRESSoだけでは使いづらい。(現金用の財布も別途必要になりそう。)
断る人

まとめ

dripの「PRESSo」はカード収納を主軸にしたミニマルサイズの財布です。

クレジットカード決済やスマホ決済がメインの人にとっては理想の財布といえるでしょう。

革の質感もよく、いい具合に経年変化していくため、"財布を育てる"楽しみもあります。

この財布がご自分のライフスタイルにマッチしそうでしたら、ぜひ購入を検討してみてください。

同じdripからは"L字ファスナー"タイプの「PRESSo L」という製品も出ています。

人によってはこちらの方が好みかもしれません。