モバイルキーボードがあればスマホでの長文入力が超快適!鞄に常備しよう!

モバイルキーボードガジェット

ちょっとした文章(メール)を書くときにスマホは便利ですが、フリック入力で"長文"を書こうと思うと苦痛ですよね。

スマホで長文を書く人

外出先で長文入力が必要になったりすると「パソコンを持ってくればよかった・・」と後悔することもありますが、常にパソコンを持ち歩くのも面倒です。

しかしよく考えてみると、長文を書くときに必要なのはパソコンではなく"キーボード"ですよね。

それなら キーボードを鞄に常備しておけばよいのではないでしょうか?

必要なときにキーボードをさっと取り出して、スマホと接続して使うスタイルを提案します。

キーボードでスマホ操作する人

キーボードといっても(会社のパソコンに付いてるような)大きなキーボードではないので安心してください。

私だってアレを鞄に入れておきたくありません。(笑)

モバイルキーボード」といって"持ち歩くことを前提とした"小型のキーボードがありますので、これから紹介したいと思います。

スマホとペアで使うことで大変重宝するアイテムですので、ぜひ参考にしてくださいね。

モバイルキーボードってどんなもの?

特徴とメリットについて

スポンサーリンク

モバイルキーボードについて

モバイルキーボードとは"外に持ち運びができる"キーボードのことで、次のような特徴があります。

  • サイズが小さく、軽い。
  • バッテリーや電池で駆動する。

このうち「サイズ」はとても重要な要素です。

普段から鞄に入れて持ち歩くためには"小さいに越したことはない"のですが、小さすぎるキーボードにはデメリットがあります。

1つ1つのキーが小さくて間隔が狭いものは入力自体が困難ですし、きっと誤入力も多くなるでしょう。

小さいキーボードを使う人

「スピーディに文字入力する」ことが本来の目的ですから、「サイズの小ささ」と「入力のしやすさ」のバランスを見極めてモバイルキーボードを選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

おすすめモバイルキーボードの紹介と使用例

数あるモバイルキーボードの中から、ここではタイプの異なる2つを紹介します。

1つはMicrosoft製の2つ折りタイプのキーボード「Foldable Keyboard」。

もう1つはLogicool製の「KEYS-TO-GO」という薄型キーボードです。

共に「サイズ」と「入力のしやすさ」のバランスが取れた、おすすめのBluetoothキーボードです。

Microsoft Foldable Keyboard

キーボードを2つ折りにできるため、サイズがとても小さいのが特徴です。

ちょうどミニ手帳のようなイメージで、小さな鞄にもすっぽり入ります。

Foldable Keyboard

折りたたんだ状態でも、厚みは1cmほどです。

Foldable Keyboardの厚み

左右に開くとキーボードが現れます。

折りたたみの構造上、中央の仕切りを挟んでキーボードが左右に分かれています。

キーピッチは16mmほどですので十分使えるでしょう。

Foldable Keyboardを開いた状態

キーボードを開いた状態はさらに薄く、平たい机や台の上に置いて使用します。

Foldable Keyboardを横から見た状態

バッテリー内蔵で、フル充電すると3ヶ月ほど使えます。

Foldable Keyboardの充電コネクタ

iPhoneとペアリングして使うと、フリック入力より断然速いスピードで入力が可能になります。

長文入力にキーボードは欠かせなくなるでしょう。

Foldable KeyboardとiPhone

もちろんiPadとのペアリングも可能で、ノートPCのようにも使えます。

Foldable KeyboardとiPad

超小型のWindowsノートPC(写真はGPD MicroPC)ともペアリングしてみました。

本体側のキーボードよりも断然入力が楽になります。

Foldable KeyboardとMicroPC

このモバイルキーボードは2つ折りにできるため、"運ぶときは小さく、使うときは大きくできる"というメリットがあります。

逆にデメリットは"中央で折れ曲がるため、平らな土台の上に置かないと使えない"という点です。

通常のノートPCのように膝の上に置いて入力するのは難しいでしょうね。

このキーボードはすでに生産終了しているようですが、iCleverより同タイプのものが出ています。

Logicool KEYS-TO-GO

こちらは1枚の薄い板のようなキーボードです。

キーピッチは17mmになります。

KEYS-TO-GO

折り畳むといったギミックはありませんが、厚みは6mmなので鞄の隙間に楽に入るでしょう。

KEYS-TO-GOを横から見た状態

こちらもバッテリー内蔵で、フル充電すると3ヶ月ほど使えます。

KEYS-TO-GOの充電コネクタ

iPhoneとペアリングして使うイメージがこちらです。

本体は薄いですが、意外にもキーストロークはしっかりあります。

KEYS-TO-GOとiPhone

もちろんiPadとペアリングして使うことも可能です。

KEYS-TO-GOとiPad

超小型のWindowsノートPCの入力補助として使っても便利でしょう。

KEYS-TO-GOとMicroPC
スポンサーリンク

まとめ

スマホだけで長文入力するのは面倒な作業ですが、そんな場面で役立つのが「モバイルキーボード」です。

必要なときに鞄から取り出し、スマホとペアリングすれば準備完了!

まるでノートパソコンのようにサクサクと文章が書けるようになりますよ。

そしてモバイルキーボード選びには「サイズ」と「入力のしやすさ」のバランスの見極めが重要です。

あなたにとって使い心地の良いキーボードを見つけてくださいね。