CDプレーヤーのトレイが開かない・・主な原因はコレ! DIYで修理しよう!

CDトレイが開かないガジェット

最近はスマホで手軽に音楽が聴けちゃうので、据え置きのCDプレーヤーで聴く人は減ってしまいましたよね。

CDプレーヤーを持っていても、ずっと放置している人も多いのではないでしょうか。

スマホの方が手軽に音楽が聴けるからね♪

私自身も経験したのですが、久々にCDプレーヤーを動かそうとするとこんなトラブルに遭遇することがあります。

"イジェクトボタンを押してもCDを入れるトレイが開かない・・"

実はこれ、CDプレーヤーでは一番多いトラブルらしいです。

だいぶ古いものだし、とうとう故障したのかも。

今さら修理に出すのも面倒だし、手放そうかなぁ・・

こんなとき「寿命が来た」と思って諦めるのはまだ早いです!!

そのトラブル、もしかするとDIYで簡単に修理できるかもしれませんよ。

愛用してきたCDプレーヤーですから、手放す前にちょっとトライしてみませんか?

CDプレイヤーのトレイが開閉しなくなる原因と修理法について

スポンサーリンク

CDを入れるトレイが開閉しなくなった!?

CDプレーヤーも機械ですから、長年使っているとどこかしら傷んでくるのは仕方がありません。

ましてや今はスマホで簡単に音楽が聴けるので、ずっと放置・・という状況も珍しくありません。

CDプレーヤー

古くなったCDプレイヤーに起こりがちなのが「CDトレイの開閉トラブル」です。

イジェクトボタンを押せばスゥーっと出てくるはずのCDトレイが、なぜか全く反応してくれないというものです。

CDトレイが開いた状態

このトラブル、"ある部品の劣化が原因かもしれません。

スポンサーリンク

主な原因と確認方法

考えられる原因

トレイの開閉にはCDプレーヤー内部に装着された"ゴムベルト"が重要な役割をはたしています。

そのベルトが経年劣化で切れていたり、伸びていたり、溶けてしましまうと開閉の動作はできません。

今回のトラブルの原因はゴムベルトの可能性が高いです。

では確認してみましょう!

作業に入る前に

ところでイジェクトボタンを押したときに「ウィーン」というモーターが回る音が聞こえますか?

もし聞こえるなら、それはCDトレイを開こうとしている音です。

「開こうとはしているがゴムベルトが劣化していて開けない状態になっている」と考えてよいでしょう。

(もしモーター音が聞こえないなら別の原因もあり得るので要注意です。)

原因箇所の確認

ではCDプレイヤーのカバーを外して、ゴムベルトの状態を確認してみましょう!

通常はプラスネジを何本か外せばプレーヤーの蓋を取れると思います。

CDプレーヤーの中身

こちらがCDトレイ部分になります。

CD収納部分

手で操作してトレイ部分を手前に押し出してみましょう。

するとその下に本来ゴムベルトが装着されている部分が見えるかと思います。(赤で囲った部分

CD収納部分の下

ここでゴムベルトが劣化していないかを確認してください。

ゴムベルトの劣化を確認
  • ゴムベルトはあるか?(溶けてなくなっている場合もあり)
  • ゴムベルトは切れていないか
  • ゴムベルトは伸びていないか?(ピンと張られた状態で装着されているか?)

ゴムベルトが劣化している場合、新しいものと交換する必要があります。

スポンサーリンク

ゴムベルトの交換

修理用のゴムベルトはアマゾン等のネットショップで簡単に手に入ります。

ホームセンターに売っているパッキンを代用して修理する人も見かけますが、適合するサイズを見つけるのは難しいでしょう・・(汗)

ネットショップで買える製品には"複数サイズのベルトがセットになったもの"がありますので、そちらを選ぶことをおすすめします。

CDプレーヤーの修理ベルト

CDプレーヤーによって適合するサイズはバラバラです。

ゴムがゆるくてもうまく機能しませんので、いくつか試してピッタリな1本を見つけましょう。

CDプレーヤーの修理ベルト

下の赤線のようにローラーにゴムベルトを引っ掛けます

修理作業はこれだけです。

CDプレーヤーのベルト交換

これならDIYで簡単に修理できますね。

ではイジェクトボタンを押してみてください。

CDトレイはちゃんと開くようになりましたか?

CDトレイが開いた状態

もしゴムベルトを交換してもトラブルが解消されないなら、原因は別にあるのかも。

機械的な故障とか接触不良とか・・

この場合は専門業者に委ねるしかないかもしれません。

まとめ

長年使ったCDプレーヤーの場合、トレイが開かない(閉じない)というトラブルに遭遇することがあります。

原因の大半は"ゴムベルトの経年劣化"によるもので、新品のゴムベルトに交換すれば解決するでしょう。

CDプレーヤーの分解(といってもカバーを外すだけ)には躊躇するかもしれませんが、ベルト交換自体はとっても簡単な作業ですのでDIYでも十分可能です!

音楽好きならたまにはCDプレーヤーでノンビリ音楽を聴きたいものです。

メンテナンスをしつつ今後も大切に使っていきましょう。