【SEO対策】「重複コンテンツ」と判断されないために公開前にチェックすること

重複コンテンツガジェット

あなたがホームページやブログを構築する際には、既存のいろいろなサイトを見て参考にするでしょう。

コンテンツ内容の事前調査をしたり、競合サイトの中身をチェックしたりとか・・。

Webサイトを見る人

このとき、他のサイトに書かれた内容を"参考にする"のは構いませんが、(楽だからといって)文章やデザインを自分のサイトにそのままコピーしてはいけません。

いい文章を見つけたゾ。

これをそのままコピペして使っちゃおう!

そうやって作られたサイトは"SEO的に評価の低い"ものになってしまいます。

Google等の検索エンジンがあなたのサイトを見たとき、「重複コンテンツ」と判断するからです。

気をつけないといけないなぁ。

でも悪気はなくても既存サイトに似ちゃうこともあるよね・・

がんばって構築したサイトが意図せず「重複コンテンツ」と判断されたら悲しいですよね。

そうならないためにも事前にチェックする方法がありますので、これから紹介したいと思います。

「重複コンテンツ」のチェック方法を知ろう!

スポンサーリンク

重複コンテンツとは

既存ドメイン【A】のサイトをコピペして、内容的にそっくりなドメイン【B】のサイトを新規構築したとします。

Google等のクローラーがサイト【B】を新規に見つけたとき、それを「重複コンテンツ」と判断します。

(基本的には後から公開されたサイトである【B】の方がそう判断されます。)

サイト【A】にそっくりなサイト【B】のSEO的評価は低く、検索順位は下位に沈むでしょう。

最悪の場合にはペナルティを課せられ、インデックスすらされないこともあり得ます。

(インデックスされない = 検索結果に表示すらされないことを意味します。)

検索結果に表示されないなんて、サイトが存在しないのと一緒だよね。

怖っ!

ちなみに同一ドメイン内でも「重複コンテンツ」と判断されることもあります。

サイト【C】の中において、内容的にそっくりなページ【C-1】【C-2】【C-3】【C-4】・・を複製して作った場合、SEO的には良くないことなので注意してください。

がんばって構築したサイトが「重複コンテンツ」と判断されないために

しっかり対策しましょう!

スポンサーリンク

重複コンテンツか否かのチェックについて

サイトを構築したときや新しいページを追加したとき、それが「重複コンテンツ」と判断されないかをチェックする方法を2つ、これから紹介します。

チェック①

あなたが書いた文章が、ネット上にある不特定の(いずれかの)サイトと似た内容になっていないかをチェックする。

チェック②

あなたのサイトのURLと特定サイトのURLを指定し、2つがどのくらい似ているかをチェックする。

では各チェックを細かく見ていきましょう。

①コンテンツ内容が既存サイトと似ていないかをチェック

このチェックで利用するのは「Copy Content Detector」というサイトです。

こちらのURLは「https://ccd.cloud」になります。

Copy Content Detector
「Copy Content Detector」のトップページ画面

自分が書いた文章をここにコピペして「チェックする」をクリックすると、「他のサイトとどのくらい類似している文章なのか」「文章の文字列がどのくらい一致しているのか」を調べてくれます。

(ちなみに無料プランの場合、4,000文字までという文字数制限があります。)

Copy Content Detectorの結果
「Copy Content Detector」のチェック結果画面

さらに「詳細表示」をみると、「どのサイト(URL)」が「どの程度(%)」似ているのかまで知ることができます。

あなたのサイトとよく似たサイトがたくさんあることを実感するでしょう。

もし「類似度」や「一致率」が高かった場合には、自分の文章をうまく修正し、"似ていない"状態にしてからサイト公開することをおすすめします。

②自サイトと特定サイトがどの程度似ているのかをチェック

競合サイトがある場合など、自分のサイトが特定のサイトと似すぎていないかをチェックしておきましょう。

このとき「sujiko.jp」というサイトが役に立ちます。

こちらのURLは「http://sujiko.jp」です。

sujiko.jp
「sujiko.jp」のトップページ画面

自サイトのURLと特定サイトのURLを入力して「判定」をクリックすると、2つのサイトの「タイトル」や「本文」「HTML」がどの程度類似しているのかを知ることができます。

sujiko.jpの判定結果
「sujiko.jp」の判定結果画面

こちらに関しても"類似度が高い"と判定された場合には、自分の文章やHTMLを修正し、"類似度が低い"状態にしてからサイト公開することをおすすめします。

「Copy Content Detector」と「sujiko.jp」を利用して、「重複コンテンツ」と判断されないよう事前にチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

あなたがサイトを構築する際に、別サイトの内容をそのままコピーする(盗ってくる)ことは絶対にしてはいけません。

もしGoogle等の検索エンジンに「重複コンテンツ」と判断されてしまうと大変です。

SEO的な評価が低くなり、検索結果も下位に沈み、最悪の場合は表示すらされないという事態もあり得ます。

そうは言っても自分が意図せず"別サイトと似かよった内容になる"こともあるでしょう。

そこで「Copy Content Detector」や「sujiko.jp」を利用し、他サイトとの類似性を極力低くする努力が大切になってきます。

「重複コンテンツ」と判断されないよう、公開前にぜひチェックしてくださいね。