シチズンPROMASTER比較検証!ロレックスやオリエントのダイバーズと比べてどうよ?

CITIZEN PROMASTER / ROLEX SEA-DWELLER / ORIENT MAKO2男の趣味
CITIZEN PROMASTER / ROLEX SEA-DWELLER / ORIENT MAKO2

夏になると重宝するのがダイバーズ・ウォッチです。

海や川などアウトドアを楽しむ際にも、水に濡れることを気にせずガシガシ使えるのは魅力的ですよね。

腕時計をつけたままダイビング

普段使いを考えても、汗をいっぱいかく季節はダイバーズがなにかと便利です。

最近は猛暑日がつづいているので、私自身こちらの「PROMASTER NY0125-83E」をヘビロテしちゃってますね。

つけ心地もいいし、お気に入りのダイバーズウォッチなんです。

「PROMASTER」の詳細については上の記事をご覧いただくとして、今回は他の機械式ダイバーズ・ウォッチと比較してみようと思います。

比較対象に選んだのはロレックスの「SEA-DWELLER」とオリエントの「MAKO2」

前者は誰もが認める本格的ダイバーズの1つであり、「MAKO2」はお求めやすい価格でありながら十分な性能を持つ1本として選んでます。

さて、他の時計と比較することで見えてくる特徴があるでしょうか?

機械式のダイバーズ・ウォッチを比較!

シチズンPROMASTER(NY0125-83E) vs オリエントMAKO2 vs ロレックスSEA-DWELLER

スポンサーリンク

比較するダイバーズウォッチに関して

今回比較するのは次の3本です。

3本ともダイバーズらしい見た目をしており、似ている箇所も多いかと思います。

3本のダイバーズ・ウォッチを比較
3本のダイバーズ・ウォッチを比較

写真中央がシチズン「PROMASTER」で、型番は「NY0125-83E」です。

左側がロレックス「SEA-DWELLER」で、本格的ダイバーズともいえる1本ではないでしょうか。

ここ最近、ロレックスは正規店でも手に入れられなくなっちゃいましたよね。

こちらの「SEA-DWELLER」は10年以上前の旧モデルになります。

右側はオリエントの海外モデル「MAKO2」で、価格がリーズナブルにも関わらず作りがしっかりしたダイバーズです。

入門用としてもオススメの1本だと思います。

まず大前提として3本とも価格帯が異なりますので、その点は考慮してください。

購入当時の実売価格は以下のとおりです。

SEA-DWELLER 60万円強 > PROMASTER 3.5万円弱 > MAKO2 1.5万円強

スポンサーリンク

比較レビュー

では、シチズン「PROMASTER(NY0125-83E)」・ロレックス「SEA-DWELLER」・オリエント「MAKO2」の3本を比較してみましょう。

腕時計本体は3本とも同じステンレススチール製ですが、手に取ってみるとロレックスの質感・作りの良さが感じられます。

とはいえシチズンにも(その価格からは信じられないくらい)十分な高級感があり、個人的には「針の質感」が特に素晴らしと思います。!

オリエントの質感はさすがに幾分かは劣りますが、これが1.5万円ほどで買える時計と考えるとコスパ的には最強かもしれません。

3本のダイバーズウォッチ
左からロレックス、シチズン、オリエント

文字盤は(色のちがいこそあれ)3本とも"これぞダイバーズ!"ともいえる定番デザインといえるでしょう。

「ロレックスが元祖で、他はそれをオマージュしているだけ・・」という考えもあるかもしれませんが、私はこのデザインが大好きで、よく似た時計を何本も買ってしまいます。(笑)

スペックを簡単に比較すると次のとおりです。

ロレックス
SEA-DWELLER
シチズン
NY0125-83E
オリエント
MAKO2
ケース素材ステンレスステンレスステンレス
ケース径40mm41mm41.5mm
ベゼル逆回転防止逆回転防止逆回転防止
3針3針3針
短針形状ベンツ針ベンツ針
日付等日付日付+曜日日付+曜日
防水1,220m200m200m
その他クロノメーター規格
スペック比較

3本ともダイバーズ・ウォッチらしく防水性能はしっかりしています。

「ねじ込み式」のリューズを採用することで、水の侵入を防いでいるわけですね。

ちなみにロレックスとオリエントには「リューズガード」がありますが、シチズンにはありません。

ダイバーズウォッチのリューズ
上からシチズン、ロレックス、オリエント

シチズンとロレックスのリューズはサイズも大きくてとても操作しやすい印象を受けました。

一方でオリエントについてはサイズが小さいことに加え、リューズガードの形状が問題なのか、若干回しにくく感じますね・・

先の表にもあるように、シードゥエラーは防水性能が抜きん出ています。

ケースサイドに「ガスエスケープバルブ」があるように、この腕時計は完全に"プロ仕様"です。

ここまでの性能を使う機会なんて100%ないでしょうけどね・・(笑)

ガスエスケープバルブ
ロレックス SEA-DWELLER

つづいてベルトを見比べてみましょう。

3本ともベルトの素材はステンレスです。

ダイバーズウォッチのベルト
左からロレックス、シチズン、オリエント

「どうせベルトもロレックスが一番なんでしょ?」と思うかもしれませんが、個人的No.1はシチズンのダイバーズですね。

ちょっとバックル部分に注目してみてください。

ダイバーズウォッチのバックル
上からシチズン、ロレックス、オリエント

写真の「SEA-DWELLER」は旧型ということもあって、バックル部分が"簡素で弱々しい"作りになっています。

それに比べてシチズンのバックルはとても頑丈そうなんです

ちなみにオリエントについては(価格を考えると十分なのですが)他の2本と比べてしまうと質感の低さを感じてしまうのは仕方ありません。

さらにシチズンのベルトには「エクステンション機能」が付いていて、レバーを押して引っぱれば簡単に長さを伸ばすことが可能です。

PROMASTER「NY0125-83E」エクステンション機能
PROMASTERのエクステンション機能

ロレックスにもエクステンション機能は付いているのですが、操作が面倒なのがマイナスポイントです・・

オリエントMAKO2のベルトにはこの機能がありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の比較では、シチズンのPROMASTER(NY0125-83E)の良さを再認識するという結果になりました。

オリエントのMAKO2よりも幾分値段が高くなりますが、本体やブレスの「質感」は確実に良いことが実感できます。

さらにそしてロレックスのSEA-DWELLERとの価格差が信じられないほどの高級感があり、スペック的にもダイバーズとして十分に高性能です。

装着感・操作感に至っては(個人的には)どのモデルよりも好印象でした。

もし「お値段そこそこ」で「質感や使い心地が抜群」で「高性能な」ダイバーズをお探しでしたら、このシチズンPROMASTER(NY0125-83E)はかなりオススメですよ!